私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  12月16日の衆院選投票日を、日本リスタートの記念日にしよう!

12月16日の衆院選投票日を、日本リスタートの記念日にしよう!

← 応援クリック、ありがとうございます。

3年3ヶ月という長い時間を経て、忍耐の終わりがようやく目の前に見えてきた。
野田首相が昨日の党首討論で、明日の衆議院解散を明言した。
12月16日の衆院選投票日は、日本リスタートの記念日となる。
このことは素直に喜びたい。

安倍・野田 党首討論

私は野田佳彦という政治家を全く評価しないし、次期選挙後の彼の議席も望まない。しかし、昨日の党首討論での野田氏の気迫は相当のものだったと思う。
恐らく、敵に向かって突き進んでいくその最中に、後ろの味方陣営から飛んでくる矢とも戦わなければならない、氏の境遇を如実に表したものだったのだろう。
いま、野田氏は党の代表でありながら、党内では四面楚歌の状態にある。
野田氏は、党内で孤立する中で、「嘘つき呼ばわりされるのも嫌だし、総辞職も望まない。だから、頼むから定数削減をやると言ってくれ!そうすれば自民党が望む解散を確約する。」と、安倍総裁に懇願していたのである。
そういう弱みが垣間見える中でも、「自民党の負の遺産」を強調し、最低限の攻撃を試みるしたたかさも見せた。野田の意地なのか、選挙対策用のブラフなのか、定かではない。
しかし、自民党の負の遺産に責任転嫁しようと、民主党政権の失政の数々は、国民の脳裏に生々しく刻まれている。
彼等は明らかに、政権担当能力を欠いた、アマチュア集団であった。そして、マニフェストという道具を使った詐欺集団であった。
国民はこれをしっかり覚えている。
次期選挙での勝ち目はない。
民主党にとって、今までは負け幅をどれだけ小さくできるかが焦点だった。が、離党予備軍を大量に抱えた今、民主党が政党として存在し続けられるかが焦点となる。

“政権担当能力”というのは、麻生元総理が自民党敗北の衆院選前に、繰り返し訴えていたことだ。だが国民の多くは、麻生氏には耳を貸さなかった。
「自民党にお灸をすえる」、「とりあえず一度やらせてみよう」、「二大政党制を確立しよう」。このようなプロパガンダに乗せられた安直な投票行動が、この3年あまりでどれだけの国益を損失させる原因になったか、有権者は大いに反省すべきである。
政治に変化を求めたのは、自民党の堕落に原因があったとも言える。
ただ、変化というのは必ずしもより良い結果を生むわけではない。ただ単に変化を求めるのは、無責任の極みなのである。

待ち受けるのは詐欺師集団の分裂だ。
麻生政権末期に「解散しろ!」と大合唱していたにもかかわらず、今は「解散するな!」と正反対の合唱をしている厚顔無恥な政治家の人間性が、これから露わになる。
渡部恒三民主党最高顧問は、「野田君だって民主党の議員の一人だ。勝手にどうこうするのは民主主義に反する」と、拙劣な発言をしていた。黄門様にとっては、国民主権の民主主義よりも民主党の内輪民主主義が優先されるのだろう。
まぁ、せいぜい内輪もめでもするがいい。
野田佳彦は、政治家を志すにあたって居場所に民主党を選択したことを、今は後悔しているかもしれない。だが、民主党でなければ彼は首相にまでなれなかった。
これも彼の運命だ。

人間は失敗から学ぶ。
民主党のような亡国政党を政権に就かせた失敗を、二度と繰り返してはならない。
国家、国民のために政治をする人を国会に送り込もう。
12月16日の衆院選投票日を、国民の手で日本をリスタートさせる記念日としよう!




最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2012/11/15 07:21 ] 政治 | TB(0) | CM(4)
No title
おっしゃる通りです。

民主党のみならず、次の選挙では自民の中の極左勢力やその他小政党の反日議員たちもふるいにかけなければいけません。

例えば、こんな↓ところの政治分野アドバイザーなどやっている議員は、今後も人権委員会や外国人参政権等の法案を繰り返し出してくる可能性大です。

パチンコチェーンストア協会会員名簿
http://www.pcsa.jp/member.htm

党名にかかわらず議員一人一人を精査して、日本人のためにならない方々にはご退場願いましょう!
[ 2012/11/15 09:56 ] [ 編集 ]
No title
安倍さんを担いだ三宅先生も亡くなっちゃったねv-12
[ 2012/11/15 18:51 ] [ 編集 ]
三宅先生
> markee

悲しいね…
[ 2012/11/16 00:06 ] [ 編集 ]
No title
この3年強の、日本の為には何一つ良いことをしなかった政権が退場してくれるのは何よりも嬉しいですが、苦境にあっても実績をどんどん上げていた安倍・麻生政権時の自民党内も、首相の足をひっぱる事に於いては今の民主党の醜さと同じだったと思い出しています。
違うのは、野田氏に見るべき政策が無い事と、日本を貶めることだけをしてきた者達が、今になって議席に縋り付くだけの正体さらけ出し、と言うことですね。

実になが~~ア~~~い!3年3ヶ月でした。
野合としか思えない第三極よりも、安倍さん麻生さんが表立って頑張れる自民党なら、期待致します。
[ 2012/11/16 02:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: