私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  民主党、「どうぞ厳しい声をください。すべて、受け止めます。」に返すひと言

民主党、「どうぞ厳しい声をください。すべて、受け止めます。」に返すひと言

← 応援クリック、ありがとうございます。

民主党が、3日の主要全国紙や地方紙の朝刊に、野田首相の写真入りの全面広告を掲載した。
読売の報道によれば、2009年マニフェストへの批判を含め、次期マニフェスト作りへの参加を呼びかける意図があるという。
数億円もの費用をかけて、「延命に協力してください」という広告を打つ政党。しかも、次期マニフェスト作りへの参加を呼び掛けるというオマケ付きだ。政党である以上、政策ぐらい自分等で決めろと言いたいところだが、所詮彼等には無理なのだろう。

文面にはこうある。
皆さんと話したい。
できたこと、できなかったこと、
そして、どうすればできるのか。


疑問もお叱りもぶつけてください。政権交代以来の3年間をふりかえり、
民主党政権は何ができ、何ができなかったのかを
皆様と直接、お話する「政策進捗報告会」を全国で開催いたします。
できなかったことは真摯に反省し、お詫びし、その理由も明らかにして、次につなげます。
「検証」というプロセスを踏み、これからやるべきことをはっきりさせていきます。
どうぞ厳しい声をください。すべて、受け止めます。

民主党代表・内閣総理大臣 野田佳彦

厳しい声をください
「どうぞ厳しい声をください。すべて、受け止めます」 by 民主党

私自身は、民主党に言いたいことは山ほどある。
しかし、一言だけ言わせていただく機会があるとするならば、「とっとと消えろ」というフレーズが最初に来るだろう。民主党など、日本の政治には必要ない。必要ないどころか、害しか生まない。

恐らくこの広告は、民意を聴くという言い訳づくりの一環ではないかと思う。
もし今まで民主党に、民意に耳を傾ける、民意を受け止めるという姿勢が少しでもあれば、これほどまで政党支持率を下げることはなかったはずである。
昨年暮れに新橋で行われた、野田首相が登壇する予定だった新橋街頭演説会。
金正日の死去で野田は参加を取りやめたが、進行役の近藤洋介という議員(現経済産業副大臣)が聴衆の「解散しろ」という抗議の声を聴き、「これはほとんど仕込だな」と漏らした声がマイクに拾われた。
参考動画: 民主党議員 「解散しろ」という聴衆の声を「これは仕込みだな」と断言
民意を仕込みと捉えるメンタリティしか持ち得ない、象徴的なシーンである。

ルーピー内閣の誕生以来、無能な3つの民主党政権は、外交を壊し、危機に対応できず、財務省の意のままに税金を増やし、国民の生活を圧迫し続けてきた。
反面、このかくも無能なこの3政権は、責任を回避することには殊更熱心だった。
都合が悪くなると、過去の自民党政権の負の遺産と責任を転嫁する。
最大の責任回避は、2009年の衆院選マニフェストである。
無駄を省けば財源などジャブジャブ出てくると言い放ち、その架空の財源を元にするばら撒き政策で国民の関心を買ったが、実現できたことはあの詐欺文書のごく一部に限られる。
それどころか、マニフェストには謳っていない外国人参政権、夫婦別姓、人権救済などの政策を、さも重要課題のように取り上げ、二重詐欺の様相を呈す。
そして不要な隣国向けの談話を発表し、国民の誇りを傷つける。
総じてこの3政権は、国民の生きるエネルギーを奪うことを自らのエネルギーとし、政権を維持してきたようなものなのである。

野田民主党は、「どうすればできるのか。」と問う。
答えは簡単だ。
できないのである。所詮、無理なのだ。
このようなアマチュア政権を誕生させてしまった国民の責任は重い。
しかし、この3年あまり責任を取り続けてきた国民とは違い、政治は責任を取っていない。
その責任とは「解散して信を問う」ことだ。

「どうぞ厳しい声をください。すべて、受け止めます。」
これに返す言葉は、「即刻解散せよ」しかない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2012/11/05 07:41 ] 政治 | TB(0) | CM(5)
No title
今更何を。直ちに閉門蟄居して生涯身をお慎みになることが民主党全員の人間らしく生きる唯一の道。と、申し上げたい気はありました。

しかし、これもまたどうせ野狸の延命逃れ口上でしょうから、言ってはあげません。
日本人なら、せめて自らの意志で負けっぷりぐらい見事に処して欲しいものですが、それも出来ないでしょうね。
[ 2012/11/05 17:25 ] [ 編集 ]
税金を使っての延命は止めろ!!!
 野田にはまったく失望した。小泉さんを靖国問題で追求した際には中々の人物・この人は靖国を参拝してくれると思っていたが現実の行動はまったく逆で、輿石の代弁者として自らの延命に汲々としており指導した松下幸之助氏が墓場で泣いていると思う。
 政党補助金(税金)を使ってのPRは止めて早く大政奉還したもらいたい。演説がうまいだけで行動が真逆ではは、詐欺師と同じだ。
[ 2012/11/05 20:42 ] [ 編集 ]
四の五の言わずさっさと失せろ!
「解散せよ」は過分な議員扱い。
「四の五の言わずさっさと失せろ!」で十分です。

成りすまし政党のやるやる詐欺恥知らず集団には
情け容赦無用と存ずる。
福島原発事故で対応を誤ったふりをしているが、
日本弱体化の好機として利用した疑いは捨てきれない。
事故収束は遅れているのではなく
コイツらルーピー集団が「遅らせている」のである。
マスメディアを含むB層に気付かれぬよう
震災復興を遅らせるのがコイツらの真の狙い。
もう二度と政権を盗ることなど有り得ないので
任期いっぱい破壊工作(政治的不作為)を続けるだろう。
[ 2012/11/05 23:51 ] [ 編集 ]
No title
 財務省の悪徳官僚に洗脳されて消費税をポンポン上げるのは国民生活の大破壊になる。松下幸之助が泣いているぞ。
[ 2012/11/06 18:27 ] [ 編集 ]
No title
【民主と前政権自民の比較】


【教育問題 安倍の民主=日教組批判は的外れ、旗を掲げて歌を強制すれば愛国というものではなかろう】

http://www.asahi.com/edu/news/TKY200410280332.html
国旗・国歌「強制でないのが望ましい」天皇陛下が園遊会で

天皇陛下は28日の園遊会の席上、東京都教育委員を務める棋士の米長邦雄さん(61)から「日本中の学校で国旗を掲げ、国歌を斉唱させることが私の仕事でございます」と話しかけられた際、「やはり、強制になるということではないことが望ましい」と述べた。

米長さんは「もうもちろんそう、本当に素晴らしいお言葉をいただき、ありがとうございました」と答えた。


http://blogos.com/article/34019/
君が代斉唱を強制する不敬な人びと

これを読んだ瞬間、私はこの和泉高校の校長、あるいはその友人であるという大阪市長は、いったいぜんたいなんという不敬な連中なのだろうと目が点になり、頭がクラクラした。
その理由は他でもない。今上天皇が冒頭に掲げた通り、君が代の斉唱は強制しないことが望ましいと表明されているからである。

私はもうこのブログでは再三再四表明している通り、今上天皇を心より敬愛し、尊敬している者である。
その今上天皇が、望ましくないとおっしゃられていることを強制するということは、すなわち不敬であり、反天皇行為である。
今上天皇主義者である私は、これを断じて許すことはできない。



【国防 自民政権下で竹島を要塞化され、原発安全神話で福島の国土を失ったのに愛国者気取りの安倍】

http://twitter.com/iwakamiyasumi/status/242906319407964160
続き。竹島、福田政権の時にヘリポートを作られた。弱腰外交は自民党政権から。日韓の交換公文で紛争は外交的手段で解決するとされ、日本は勧告に遠慮してきた。自民党こそ、韓国の実効支配をすすめてきた。民主党政権は竹島に言及しているが、自民党政権は橋本元総理を例外として言及がなかった。



【決断 解散の決断をした野田、国民に堂々と解散を宣言して決断できなかった前政権麻生】

http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20081009/1223550935
「文藝春秋」で臨時国会冒頭解散を宣言していた麻生太郎

麻生首相が月刊誌「文芸春秋11月号」に手記を寄せ、民主党の小沢代表に対し、次期衆院選で政権の座をかけて戦おうと呼びかけていることが9日分かった。

この中で、首相は「私は決断した。野党は政局優先の姿勢だ。国会の冒頭、堂々と私と自民党の政策を小沢代表にぶつけ、その賛否をただしたうえで国民に信を問おうと思う」と述べ、自らの手で衆院解散・総選挙に踏み切る考えを表明している。

これは、臨時国会の冒頭解散を宣言しているとしか読めない文章だ。


【マニフェスト 民主は大風呂敷だったが、自民前政権は超大風呂敷で民主以下】

ttp://utsuroinokumo.blog123.fc2.com/page-1.html
小泉政権は、郵政民営化さえすれば、「年金や医療」が良くなり、「景気」も回復し、「赤字国債」も解消され、「地方経済」が立ち直り、「戦略的外交」が推進され、「安全保障」も確立されるという誇大広告そのものの怪しいパンフレット↓を作りましたが、「郵政民営化」にそのような効能がはたしてあったのでしょうか。


ttp://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-8355.html
ttp://uekusak.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2009/08/01/2005.jpg
財源だけでなく具体策もない自民マニフェスト


問題は内容だ。
自民党は民主党のマニフェストについて、財源が示されていないと騒いでいたので、自民党のマニフェストでどれだけ明確に財源が示されているのかと期待していたが、目が点になるマニフェスト発表になった。

「郵政民営化」を実行すると、

a.少子・高齢化の下でも年金・医療など社会保障の充実を可能に
b.雇用と消費を刺激して民間主導の景気回復を
c.こどもたちの世代に負担を残さず安心で安全な社会を維持
d.三位一体の改革で地方経済の立て直し
e.戦略的外交の推進 安全保障の確立

が実現すると書かれている。その後の日本経済を見て、この公約が守られたと考える国民は皆無だ。幼児教育無償化も4年前のマニフェストに盛り込まれたが実施されていない。



【経済政策 民主は現実的に、安倍自民は「輪転機をくるくる回して、無制限にお札を刷る」】

ttp://wandara.net/blog/blog.php?key=44314
「輪転機をくるくる回して、無制限にお札を刷る」/安倍自民党総裁の「経済は任せて!」/ハイパーインフレが年金生活を直撃か

友人と昼食を共にしたが、話は自ずから、いまの政局に。
年金暮らしの友人は、自民党の安部普三総裁の経済政策はハイパーインフレにつながる、と危機感を募らせていた。
 
「輪転機をくるくる回して、無制限にお札を刷る」(17日、山口市で)
「建設国債は日銀に全部買ってもらう」(17日、熊本市で)

確かに、こんな人が首相になったら、財政規律など吹っ飛んでしまう。
私も友人と同意見だ。

津波になすすべもなく、世界中に原発の放射能をばらまいたり、長い不況のトンネルに経済を導いたり…この半世紀のほとんどを政権党として国の舵取りをしてきた自民党による積年の無能無策の結果であって、民主党がわずか3年間で、その尻拭いを出来なかったからと言って責めるのはお門違いだ。

先の安倍政権は、2006年(平成18年)9月26日の内閣発足直後から、複数の閣僚による不適切発言と「政治とカネ」の問題、杜撰な実態が発覚した年金記録問題、小泉改革の負の遺産といわれる格差社会の深刻化の問題などが噴出し続けた。
翌2007年(平成19年)7月29日の第21回参議院議員通常選挙で、有権者の審判が下った。
政権与党の自民党・公明党は共に歴史的惨敗を喫した。
中でも自民党は、党創立以来守り続けてきた参議院第一党の座を民主党に奪われた。
このため、自公政権は参議院においては少数与党として「ねじれ国会」への対応を迫られ、結局、安倍氏は政権を投げ出した。

どうみても、いまの日本を覆う困難な状況に適切に対応できる人材とは思えないのだが…。
 
ほんの数年前のことなのに、日本人の物忘れも、ここに極まれり。

最近の世論調査の結果を見て、そんな感想を抱いた。


ttp://blog.livedoor.jp/nnnhhhkkk/archives/65770034.html
日本経済をボロボロにする人々 国土強靭化計画200兆円の安倍自民党の乱心

土建屋へのバラマキが大好きで仕方がない自民党が出してきた国土狂人化計画にあっけにとられた人は多いことだろう。この国土狂人化計画という狂人が考えるバラマキ額は、なんと200兆円だ。災害に強い日本だの何だのと綺麗事を並べているが、結局はバラマキに使われる。原発被害を除く東日本大震災の被害額は多めに見積もっても6兆円なのに、なぜか復興予算は23兆円に膨らまされて、少なくとも最初の5年で19兆円ばら撒かれてしまうことになる。6兆円以下の被害なのに、こんなに予算を膨らまされて増税されるのでは、官僚にとっては国民など何でも命令を聞く奴隷だとでも思っているとしか思えない。
国土狂人化計画も似たようなもので、命を守るだの災害に強い国にするだのという理由で、必要もない道路やら林道やら農道やらを作ることは想像に難しくはない。この道路や橋がないと、災害が起きた時に救急車が通れずに災害救助ができない。だから道路や橋やトンネルが必要なんだ。このように理由なんてなんだっていい。災害救助用のヘリコプターでは駄目なのかと言いたくもなるが、そういう理屈は通用しない。目的は金額ありきの土木事業でばら撒くこと。それがすべてだ。そこに理論も何も存在はしない。



[ 2012/12/06 22:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: