私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  法相交代劇 ~ 皇室軽視の閣僚人事

法相交代劇 ~ 皇室軽視の閣僚人事

← 応援クリック、ありがとうございます。

電光石火の法相交代で、滝元法相が復職した。
「まったく陛下の御公務を無駄に増やしやがって…」と思い、ふとある重大なことを思い出した。そして、江藤淳の「国家とはなにか」のある一節を読み返した。

江藤淳は、本業は文芸評論家だが、左翼の全盛時に保守論壇を張った人物である。
6月に西村幸祐さんのトークライブに行った際、評論家の三浦小太郎さんが「今の若い人は江藤淳さんとか殆ど読まない。非常に勿体ない。江藤さんがある意味、今起きているいろんなことのスタートだったんだ。」と語っておられた。
確かに江藤淳の著書はいまは多くが絶版状態で、古本でしか入手できないものが多い。私は文芸には門外漢なこともあるのだが、江藤の政治論評が大好きで、繰り返し読んでいる。
何故文芸評論家が政治論評を?と考える人も多いかもしれないが、江藤は、今年惜しまれつつ亡くなった左翼思想家であり論敵の吉本隆明氏をして、「文学者で大使や外務大臣になれるのは江藤さんぐらい」と言わしめた人物である。

で、話を戻すと、「国家とはなにか」のなかに収められている“ペルー事件と日本国憲法”という短い論文のなかに、こういうくだりがあるのだ。

「日本の元首は、しいていえば内閣総理大臣でしょうなあ」。これは宮沢さんから直接伺ったことです。
 宮沢さんには、かつてNHKの解説委員会という場所でお目にかかる機会があった。緒方彰解説委員長のころで、毎日二回、われわれ局外の人間で委嘱されている者を集める委員会です。局内の解説委員と一緒に昼飯の弁当を食べながら、いろいろ意見交換をする。宮沢さんのテレビ出演は、年に一回か二回くらいでしたが、この委員会にはわりあいよく出てこられました。
 あるとき、外国使臣が皇居に信任状を奉呈に行くときに、馬車で行くのを好むという話が出た。あれはたいへん優雅で、十九世紀的で、それこそ『会議は踊る』のウィーン会議のようだ、それを日本へ行くと体験できる、というので、ぜひ乗りたいという外国使臣がかなりいるらしい。とはいっても、あまり遠いところから馬車で行くとなると交通渋滞してしまうので、実際にはパレスホテルの前に用意しておいて、二重橋を渡っていくという演出をしている。これはたいへんいいものだという話になった。
 そうした話の流れで、緒方解説委員長が、「日本の現行憲法では、元首は誰ということになるのですか」と宮沢さんに聞いた。すると私の隣にいた宮沢さんが、「しいていえば内閣総理大臣ということになりますかな」といわれた。私は若気の至りで、「そうすると、天皇のご地位はその学説ではどういうことになりますか」と聞き返したら、「こういっちゃナンですが、総理官邸の門番ぐらいなもんでしょうかな」といったのです。
 宮沢さんはもう故人になられた。緒方さんは健在ですが、NHKを去って久しい。もう時効といってもいいかもしれないから、ここであえてご披露するのです。


記者を入れないからオフレコ状態だったのだろうが、それでも天皇陛下を「総理官邸の門番ぐらいなもん」という言葉に唖然とする。故宮沢喜一元内閣総理大臣は、『「歴史教科書」に関する宮沢喜一内閣官房長官談話』(いわゆる近隣諸国条項)を規定し、その後の教育の歪みの発端を作った政治家として、今の保守派から嫌われる存在だ。
Wikipediaには、「皇室尊重の念は人一倍強かったものとされる」とあるが、何をか言わんやだ。

宮沢元首相の発言は、怒髪天クラスの皇室軽視だが、いま、同じように皇室軽視を地で行っているのが野田首相である。
ジャーナリストの角谷浩一氏がラジオで、野田内閣の法相交代劇について語っていた下記のことが、ある意味でその証左となる。

自民党にもそういうこと(いわゆる身体検査で発覚した黒い交際等、過去の汚点)が噂されたことで、入閣できなかった人が何人もいた。自民党にはきちんと理屈があり、「認証式で天皇陛下の前にその人物を出せるのか。自分たちとして陛下の前に出すような人物でないと考えるなら、閣僚にはできない」という理由あった。

天皇陛下から認証を受ける滝実法相
天皇陛下から認証を受ける滝実法相

マルチの山岡やヤクザ仲人の田中慶秋を、陛下の前に出すこと自体が不遜なのだ。しかもその任命理由が、自分が党代表になるっ選挙で協力してくれたことへの論功行賞という私利私欲に基づくものなら、野田自身が陛下の間に出るべき存在ではない。
さっさと官邸を去り、千葉でシロアリ退治の会社でも作ると良い。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2012/10/25 08:39 ] 政治 | TB(0) | CM(5)
No title
文中一言の意義も無く、お説ご尤も。パーフェクト。

敢えて言えば、この手のシロアリ屋は退治するよりバラ撒く危険性があるかと。

ご皇室の女性宮家や事もあろうに国家公務員などに関するパブリックコメントを募集中だと言いますが、パブリックコメントにこれほど適さない事案も無く、腹が立つばかりで文章まとまりません。息絶え絶え気味です。
皆様なにとぞよろしく攻撃お願い致します。
[ 2012/10/25 15:48 ] [ 編集 ]
いぎ
こはるさん、

意義なし?
それとも異議なし??
[ 2012/10/25 21:14 ] [ 編集 ]
No title
うぁ~~~~!!ギョッ!

勿論 異議 です。
通行人様、ご指摘ありがとうございます。
[ 2012/10/26 00:53 ] [ 編集 ]
異議
こはるさま、

ちゃんと趣旨は伝わっておりますよ(^^)
いつもコメントありがとうございます。
[ 2012/10/28 00:16 ] [ 編集 ]
No title
江藤淳氏の言う「宮沢さん」は故宮沢喜一元首相ではなく、憲法学の故宮沢俊義東大教授だったと思うのですが、私の勘違いでしょうか?
天皇陛下を門番などと不敬なことを言ってたのは、私の記憶だと故宮沢俊義教授の方だったと思うんですが。
[ 2012/12/11 02:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: