私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  李明博の屁理屈と麻生元総理の大人な外交

李明博の屁理屈と麻生元総理の大人な外交

← 応援クリック、ありがとうございます。

麻生元総理が訪韓し、李明博と会談した。
冷え込みどころか冷凍状態にまで進行する日韓関係だが、民主党外交では埒があかない。自民党のプレゼンスを示すには良い機会なのだろう。
だが、李明博の発言は、現代のデジタル情報の伝播に逆らうような、意味のないものだったようだ。

李大統領、天皇への謝罪要求発言を再度否定 (毎日新聞)

 自民党の麻生太郎元首相が8日、ソウルの青瓦台(大統領府)で韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領と会談した。麻生元首相によると、李大統領は8月に行った天皇陛下に関する自らの発言について、訪韓や謝罪を要求するものではないという趣旨の説明をしたという。
 麻生元首相は、両国の国会議員や財界人でつくる日韓・韓日協力委員会(日本側会長・中曽根康弘元首相)の合同総会出席のため訪韓した。李大統領との会談では、歴史問題を両国がしっかり認識することが大切だが、一致させることは難しいと指摘。両国が異なる歴史認識を持つことを前提に、未来志向の関係を築く必要があるという考えを伝えた。
 李大統領は8月の島根県・竹島(韓国名・独島)への上陸直後、天皇訪韓と関連して「(日本の植民地支配下で)独立運動をして亡くなった方たちに心から謝罪するというのならいいのだが。『痛惜の念』だとか、こんな単語一つなら来る必要はない」と発言した。日本側が強く反発したことから、この発言には韓国内でも批判が出ている。


「(日本の植民地支配下で)独立運動をして亡くなった方たちに心から謝罪するというのならいいのだが。『痛惜の念』だとか、こんな単語一つなら来る必要はない」という発言の意味が、天皇陛下の訪韓や謝罪を要求するものではないなら、翻訳・通訳が間違っていたのか、李の言葉と我々の言葉が相互翻訳が不可能だということになる。このデジタル社会では、李の発言はデジタル的に保存され、Youtubeなどではいくらでも参照することができる。数多の翻訳家が揃って間違えることはあり得ないから、李の言葉は、その言葉通りの意味を持つとしか解釈のしようがない。李が日本と天皇を貶める発言をしたのは、明白な事実なのだ。

聯合ニュースによれば、李は天皇謝罪要求発言の背景について麻生氏から質問を受け、「真意がそのまま伝わったら、より理解されたはず」と答えたという。
これは屁理屈だ。
ではあの発言で伝えようとした真意とはなんなのか。単純に、日本を貶めれば政権浮揚できるという、浅ましい打算ではなかったのか。

韓国では、公人が日本に対して弱腰になると、その途端に糾弾される。
従って、李は日本に謝罪することができないのだ。
だから、「そういう意味じゃない」と逃げる。例え筋が通らなくても、そう言うしかないのだ。
だが、一方的に釈明したところで、日本には伝わらない。
そこに麻生元総理が訪韓した。
私が知るところでは、李はあの発言以来、日本の要人たる政治家に直接会っていない。麻生元総理との会談が初めてのチャンスだ。早晩ある日本の総選挙で、麻生氏の所属する自民党は、恐らく総理大臣を輩出する政党になる。そこで、自らの発言が起こした波紋を収拾しようとしたのだろう。
なんとも憐れな李明博である。

麻生元総理の発言には意味がある。
両国が異なる歴史認識を持つことを前提に、未来志向の関係を築く必要がある」という言葉には、あくまで可能性と推察として、ふたつの意味があるように思う。
ひとつは、韓国に対し、歴史認識を外交カードとして振りかざすなという牽制。
もうひとつは、自民党政権に移行した後の日本政府は、民主党のように、または過去の自民党のように、韓国世論に迎合した謝罪外交はしないという意味ではないか。
拡大解釈と深読み、個人的な期待が織り混ざっているが、そうあって欲しいと願ってやまない。

いずれにせよ、偏向教育によって植え付けられた反日思想の塊である民族が、〝日帝36年〟を叫び、我が日の丸を焼き、ありもしなかった慰安婦問題を日本批判の具に使い続ける限り、友好など存在しない。
カネ儲けをしたい企業人は勝手にやってもらっていいが、支那の例でもある通り、カネ儲けは自己責任でやってもらいたいものである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2012/10/09 07:26 ] 外交 | TB(0) | CM(5)
No title
「相互翻訳が不可能」以前に相互思考が理解不能だと言っては言い過ぎでしょうか。

条約も国際常識も守ろうとしない思考回路の国相手に、わざわざ出かける気が知れません。
麻生さん達の訪韓の意義が日本の為にあるのか疑問です。あんな国、金輪際放って置けば良いのに、と思いますもの。
麻生さんがご披露された李大統領の言い訳も、そのうち平気で否定する事もあり得るでしょう。

折角いらしたのですから「慰安婦」にピシッと釘を刺して戴きたかったです。現在の慰安婦輸出断りも一緒に。
[ 2012/10/09 12:25 ] [ 編集 ]
天皇陛下を侮辱した韓国に制裁を
流石、李大統領はシナ人でなく朝鮮人です。
都合が悪くなると天皇陛下への謝罪発言を
捻じ曲げられて報道されたと弁明しました。
政治は結果責任だ。
発言後、すぐの弁明ならともかく、今頃
言っても、もう遅い。
韓国の生殺与奪権は日本が握っている・
日本製部品が韓国には必要不可欠で、
日韓通貨スワップ増額による韓国の
信頼性寄与度は言葉では言い尽くせない
by投資銀行家の山口正洋
日本は韓国への生殺与奪の権利を行使すべきです。
トラバを掛けました。
又、フェイスブックで御エントリーを拡散させて
頂きました。
今後とも宜しくお願いします。
[ 2012/10/09 20:04 ] [ 編集 ]
No title
麻生元首相は韓・韓日協力委員会の役員を辞するべきと思います。
未来志向ということでは、現在の李大統領のいいのがれ・責任転嫁につきあうことになります。
これまで歴史的に被害者を装った学校教育をしてきた国が、簡単にまともな外交に変えるとは思えません。
これでは麻生元首相の評価を下げます。
仮に総選挙後の自民党政権に入閣した場合、このことが足をひっぱることになるのではないかと危惧いたします。
[ 2012/10/09 23:16 ] [ 編集 ]
ゴキブリ朝鮮には通じない
>拡大解釈と深読み、個人的な期待が織り混ざっているが、そうあって欲しいと願ってやまない。

その願望はゴキブリ朝鮮には通じないでしょう。
日本側の一人芝居になる公算が大きい。
田母神さんをあっさりと切り捨てた
麻生氏には何も期待しない。
安倍さんを支える黒子に徹していればいいのだが、
自己顕示欲が相当強いから無理かもね。
ただ、安倍さんの足を引っぱるのだけはご勘弁願いたい。
[ 2012/10/12 00:06 ] [ 編集 ]
No title
コレは麻生さんが脅しつけに行ったようなもんだと思うんですけど?

麻「(ω・ )ゝなんだって?てめえさっきなんつった?」
李「え、え、何のこと?何も言ってないよ」
麻「四の五の抜かすと絞め殺すぞゴルァ」
[ 2012/10/12 06:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: