FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2021年04月

弱者の味方のふりをしつつ、政権批判のためにその弱者を利用する立民党

← 応援クリック、ありがとうございます。

 政府が東電福島第1原発から出る処理水の処分方法に関し、海洋放出する方針を固めたそうだ。13日にも関係閣僚会議を開き、正式決定する見通だという。

 英断だと言っていいだろう。安倍総理ですら先送りしたこの問題を、菅内閣が決着させる。もっとも、この放射性物質トリチウムを含む処理水の海洋放出は、世界標準から何ら外れておらず、むしろ当然の判断だ。その当然の判断を止めていたのは、特定野党、左派メディアと反原発左派言論人、それに南鮮を代表する周辺国だ。

 取り沙汰されるトリチウムについては、詳しく解説できる他の人にお任せしたいが、そんな私でも理解しているのは、この物質が我々が日々飲んでいる水にも含まれているということである。早い話が、完全に取り除くことはできないが、基準値を下回れば「我々の日常のもの」であることだ。今回、中共と南鮮からこの判断に対する否定的なコメントが流れてきたが、「よく言うわ…」である。

 中共は「自国民や周辺国、国際社会に対して重い責任を負う態度を堅持し、処理計画がもたらす影響を深く評価」するよう求めたそうだ。数値までは知らないが、中共も原発処理水を海洋放出しているはずだ。その処理水に含まれるトリチウム等、放射性物質の量は、恐らく福島第一原発よりも多いだろうと想像する。そもそも「自国民や周辺国、国際社会に対して重い責任を負う態度を堅持」しろと言うなら、先ず自分たちが実践してみてはどうか。何か都合が悪いことを指摘されれば「内政干渉だ」と逃げる彼らには、「ブーメラン」という概念すらないらしい。

 南鮮もああだこうだ言っているようだ。以前、安倍前総理が福島第1原発の処理水放出に関してイチャモンを付ける文在寅に対し、「韓国の原発が出している放射線量は日本の100倍だ」と指摘したのは、割と知られた話だ。どうせ南鮮では報じられていないのだろうが、事実を知らない南鮮人たちが哀れである。彼らが何を言ってきても、無視が妥当だ。

 立憲民主党は政府の決定を前に、江島経産副大臣を訪ね、「申し入れ書」を手渡した。その文書は同党のウエブサイトでリンクされているが、文中にこのような言い分が出て来る。

  • 国民の理解が十分に進んでいるとは言えない
  • 検討と議論も十分になされているとは到底言えない

 見当も議論もやる時間は十分にあった。そもそもこの問題は安倍政権下でも政治課題として存在したし、今国会で改めて提起されたものではない。大袈裟に言えば、福島第1原発の事故以来、長い間ずっと引きずっていると言っていい。


 その検討や議論をする時間に立民党らが何をやっていたかと言えば、週刊誌片手にギャーギャーやるアレだ。立民党がこれを国家的な問題として認識しているのなら、政府に対して「これを議論しよう」と言えばいいのだ。だが彼らはそれをやらなかった。国会で言及したとしても、「処理水が如何に危険か」という風評被害の源を作るようなもので、単に政府の対応を批判したおがために利用したネタという位置づけで、本当に福島のことを、日本の将来を考えての事ではない。

 枝野はこうの述べたそうだ。

 政府は福島県民、漁民、漁師の皆さんを馬鹿にしているのかという怒りでいっぱいだ。福島県民の声を無視して結論ありきで走っている。
 ことの是非、本質自体が良い悪いではなくて、福島の原発事故による被災者の皆さんを、政府が馬鹿にするような措置であって、許されるものではない。


 原発事故当時、放射線の拡散予想を同心円で示し、多くの人を放射線被ばくの危険にさらした本人が言う「原発事故による被災者を馬鹿にするような措置」には、呆れてものも言えない。彼らは弱者の味方のふりをしつつ、政権を批判するために弱者を利用する連中なのだ。立民党は福島の人々のみならず、国民をも馬鹿にしている。

 原発処理水の海洋放出に関する菅内閣の方針を断固支持する。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2021/04/11 07:21 ] 政治 | TB(0) | CM(0)
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ