FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2021年02月13日
月別アーカイブ  [ 2021年02月 ] 

東京五輪を妨害する北京の近衛兵たち

← 応援クリック、ありがとうございます。

 森喜朗氏の東京五輪組織委会長辞任を受け、後任指名を受ける意向を表明していた川渕三郎氏が翻意した。密室の協議で禅譲されたと捉えられかねない後任人事に、政府の側から待ったがかかったらしい。

 森氏から直々の要請があったこと、またそれを受ける意向を表明した川渕氏は、確かに勇み足だったと思う。すべてのことがものすごいスピードで展開し、誰しもが心に余裕を持てなかった状況もわかるが、これではメディアや反五輪勢力の餌食になることは必至だった。私は、国内外の利権の調整という大役を経験した前任者が、「このひとでないとできない」と白羽の矢を立てることは、否定すべきではないと思う。はっきり言って、東京組織委の会長職がどういうプロセスで決まろうと、有能な適任者がその地位に納まればいい。だが、組織委は公益財団法人であり、何を決めるにも団体には制約がある。どうも東京大会の歯車が歯止めが利かない狂い方をしてきているように感じる。

川渕三郎氏


 この段になって、急遽介入をしてきた官邸にも違和感が残る。菅総理は、公益財団法人である以上、組織委の人事は自分の範疇外だと主張してきた。ところが、後任人事となった途端、「女性がいい」「若い方がいい」と口を出すようになった。恐らく、事態の急速な広がりと悪化に、介入せざるを得ないと判断したのだろうが、政局を見る眼は、その是非は別として、残念ながら小池百合子のほうが上手であるようだ。菅総理個人の問題というより、ブレーンが注進すべき案件だ。秋までに総選挙に撃って出なければならない官邸としては、危機感がなさすぎではないか。

 注進といえば、1年前のダイヤモンド・プリンセス入港時に船内に潜入し、そのネタをもとに政府批判の動画をアップした岩田健太郎。誰に注進しているのかは不明だが、こんなツイートを発している。


 意訳してみよう。「日本サッカーリーグ、Jリーグの元チェアマンの川渕三郎氏は極右派の意見に共鳴していることで悪名高い。彼は、東京オリンピックの会長を辞任しようとしている森さんよりもさらに悪いかもしれない」という意味の文章だ。ダイヤモンド・プリンセス潜入でも活動家的な行動を起こした岩田だが、こういうツイートは、自身の活動家としての改めての自己紹介と見るべきだろう。

 今回の森氏辞任劇は、コロナ禍のストレスをすべて森氏にぶつけたような集団リンチに発展したが、そういう展開に導いたのは、岩田のような小者ではない。日本のマスメディアである。慰安婦報道や吉田調書事案における朝日新聞が取ったのと酷似した行動が、森氏=性差別者というレッテルを世界に発信し、猛バッシングを引き起こした。要するに、メディアがマッチポンプ役を積極的に担ったのであり、そこに乗った安直な言論人、芸能人がポリコレを掲げ、「差別」という反論が極めて困難なテーマで森氏を抹殺したのだ。

 中共はほくそ笑んでいるだろう。東京大会が無残な結果に終われば、北京が「コロナを克服した象徴としての五輪」というプロパガンダが利用可能になる。森氏をバッシングし、東京大会の開催を危うくする連中は、意識の有無にかかわらず、この北京が仕掛ける情報戦に加担しているのである。

 文芸評論家の小川榮太郎氏は、こう呟いている。


 岩田、マスメディア、白いスーツを着てパフォーマンスをする政治家、そして安直に森批判、川渕批判に乗る連中も、すべて北京の近衛兵だと思わざるを得ない時代が来ている。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2021/02/13 07:20 ] 社会問題 | TB(0) | CM(11)
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ