FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2021年02月09日

「トランプ大統領は人権問題に興味がなかった」 ~ 池上彰の釈明に説得力なし

← 応援クリック、ありがとうございます。

 今まで一度も見たことがなかったのだが、池上彰と増田ユリヤのジャーナリスト2名が、YouTubeで「公式 池上彰と増田ユリヤのYouTube学園」というのをやっている。政治や国際情勢などの時事ネタを中心に、たまに餃子やコーヒー、紅茶といったネタも挟みつつ、視聴者を飽きさせない努力は見えるが、現在の登録者数は3万人弱と、池上の知名度から考えると、それほどバズっているわけでもないようだ。

 7日、そのチャンネルに「【説明とお願い】批判は自由です。でもこれだけはお話させてください。」という動画がアップされた。テレビ朝日系列で30日に放送された「池上彰のニュース解説2時間SP 2021 世界はどうなるのか!?」における「トランプ大統領は(人権問題に関して)これまで何にも言ってきませんでしたからね。全然、人権問題に関心が無かったわけですね」という発言に集中する批判についての釈明動画だ。

 増田が「このところ、チャンネルの動画に対するバッド評価が急増している」と困り顔でボヤく。池上への批判は、このチャンネルにアップされた他の動画で「低評価」というアピールに繋がっているようだ。彼女はその行為を「マナー違反」だと批判し、池上自身も「批判は自由」としながら、そういう行為を「ちょっと違うんじゃないか」と賛同している。私もそういう行為が善い行いだとは思わないが、SNSというのはそもそもそういうものであって、批判が増えるのは池上自身の発言と、同氏の知名度によるものだろうと思う。

 さて、池上は問題発言について、こう釈明している。

トランプ大統領の件に関してはね、例えばトランプ政権として、新彊ウイグル自治区の問題に対して非難をしたり、あるいは香港の人権問題に関してこれを厳しく態度をとったりということは、トランプ政権としては確かにやってるんだよね。

だけどトランプ大統領本人がどうなのかというと、例えばあのボルトンというね、前の補佐官の証言とかいろんなところの証言の中で、例えば新疆ウイグル自治区の問題に関しては、大阪で開かれたG20の時に、習近平国家主席がトランプ大統領に対して「新疆ウイグル自治区での教育施設を建設しているっていう」っていう、こういう言い方したんだよね。まさかね、強制収容所をつくっているとも言えないだろうから、そういう教育施設を作ってるんだっていう言い方をしたら,、トランプ大統領が「いいことじゃないか。どんどんやってくれ」って言った。こういう証言があるんだよね。

あるいは香港の民主化運動がわっと盛り上がった時に、「大統領、ここはなんかこれについてはコメントを出さなければいけないんじゃないですか」とスタッフに言われたら「俺をそんなことに巻き込まないでくれ」と。「香港のことなんかで俺を巻き込むな」っていう言い方をした。そういう事が色んな証言としてあって、そういうものを私は確認した上で「トランプ大統領本人はどうもそういうことに、人権問題にあまり関心がない」ってこういう言い方したんだよね。

だからトランプ政権としては確かにいろんなことを言ってるんだけれども、大統領本人はそういうことには関心がないという意味でそういうふうに言ったっていうことなんだよね。

池上彰と増田ユリヤ


 仮にトランプ大統領が人権問題に興味がないとしたら、人権侵害を理由に中共に制裁的な措置を取ることはなかっただろうし、ポンペオ前国務長官などが繰り返し中共を人権問題を殊更全面に出したうえで「ひとつの中国」に対するアンチテーゼを呈するようなこともなかったはずだ。ペンス前副大統領であれポンペオ前国務長官であれ、トランプ政権の考え方を前面に出したのであって、香港問題で「俺を巻き込むな」というような大統領の下で、そのような発言が出てくること自体、考えにくい。「いろんな証言」というのが、ボルトン氏以外の何かは不明だが、説得力に欠ける説明だと言わざるを得ない。

 そして、ジャーナリストの有本香氏は、「トランプ政権のトップはトランプ氏です。そのトランプ氏と喧嘩別れしたボルトン氏の著書が池上さんのエビデンスなのですね」と皮肉ったうえで、こう反論する。

大阪G20のディナーの席で「100万人収容されているなんてウソだ」と言い張る習近平主席にトランプ氏は「うんウソだよね。300万と聞いてるよ」と返し習氏を絶句させたんですよ。


 これは一般人といては確認のしようがないから、有本氏と池上どちらが正しいという判断はできない。しかし、有本氏が「ボルトン氏の著書が池上さんのエビデンスなのですね」と皮肉っていることから考えると、有本氏自身はG20を主催した安倍政権もしくは政権中枢に近いところにソースを持っていることは考えられる。どちらが説得力を持つかは受け取る側の判断だが、私は有本氏の指摘に軍配をあげる。

 先月の放送依頼、Twitterではハッシュタグに「#池上彰のニュースうそだったのか」のハッシュタグが拡散されるようになった。同番組の次回放送は13日だ。相変わらず安易な解釈を混ぜ込んでくる可能性はあるが、こういう人物はそろそろテレビに出さない方がよいのではないだろうか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2021/02/09 07:09 ] メディア | TB(0) | CM(3)
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ