FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2020年11月

日韓関係改善とは笑わせる ~ 次期南鮮駐日大使の過去の無礼と反日強硬論

← 応援クリック、ありがとうございます。

 日本で悪態をつくだけで帰っていった王毅支那外相は、帰りに南鮮に寄り道をした。王毅は中韓外相会談に25分も遅刻し、「世界に米国だけあるのではない」と、米中対立の中で米国側に立つなと南鮮を牽制し、やはり言いたいことを言って帰国したようだ。南鮮国内には王毅を「無礼」と批判する向きもあるようだが、王毅の無礼はその通りだとしても、今までどっちつかずのコウモリ外交を展開してきた南鮮自身が生み出した"ツケ"だと考えるべきだろう。

 その南鮮では、青瓦台が新たな駐日大使に姜昌一(カン・チャンイル)を内定したという。姜昌一は向こうでは日本通として知られ、日韓議員連盟の会長職を3年あまり務めている。日本の国会議員とのパイプもあり、官邸ではなく、議連のパイプを使って影響力を行使しようという底意が見え隠れする。当然ながら、二階が幹事長を務める自民党執行部もターゲットのひとつであることは言うまでもない。

姜昌一
姜昌一


 日韓議員連盟というのは、個人的に、既に無用の長物としての評価が確定しているが、日韓双方の議員には決定的な違いがある。額賀福志郎、河村健夫らに代表される日本側の議員は、ただ友好関係を追及するだけで、その友好関係のためなら国益すら蔑ろにする。一方で、南鮮側の議連は、友好は語るが、本質的には筋金入りの反日だ。そもそも同じ日韓議連に籍を置いていても、スタートラインが違うのだ。

 Wikipediaの記述は端的に、この次期駐日大使が反日強硬派であることを指摘している。

2004年から国会議員として活動。2011年5月24日、ロシアが実効支配している日本固有の領土である北方領土の一つである国後島を、日本の許可を得ずに訪問し、日本から抗議をうけると「日本側の一方的な論理」としてロシアの実効支配を改めて支持を行った。日本の教科書や防衛白書に竹島の領土問題が記載されていることに強硬な姿勢を示してきたが、「親日派」の子孫を糾弾する運動に加え、日本の右翼をリストアップして入国を禁止するべきとの意見を表明するなどの主張もしている。

2015年に成立した慰安婦問題日韓合意については、「(合意は)国家を拘束する条約や協定ではなく、安倍(晋三)政権と朴槿恵政権の約束にすぎない」として、合意が無効であると主張しており、韓国人慰安婦に対して「いつか日本国王や首相が来てひざまずいて謝罪するでしょう」と励ましている。

姜昌一
国後島に不法上陸した姜昌一(右)


 中央日報がにインタビューしているが、姜自身も対岸の大方の見方とたがわず、自身の駐日大使内定を日韓関係の改善に対する意思の表れだとしているようだ。

--日本大使起用の背景は何だと思うか。

「行き詰まった韓日関係をどうにかして改善しようという大統領の意志だと受け止めている」

(中略)

--菅内閣以降、雰囲気が変わったと見るか。

「昨年とは雰囲気が大いに変わった。徐薫(ソ・フン)安保室長も日本に行こうとした。特に米国政府もバイデン体制になり、韓米日共助と一緒にして進んでいく方向にもっていかなければならない」


 南鮮民族の特徴は、自分たちの悪行や非礼などを含む過去をきれいさっぱり忘却し、「関係改善」などと言い出すことにある。そして、彼らにとって重要な金づるでありながら、文在寅政権に厳しい態度を取る日米両国の政治リーダーの交代を、関係改善のきっかけとしたいという魂胆が丸見えだ。だが、この短絡性には辟易とする。米国はいざ知らず、菅総理は長きに渡って安倍総理の元で、外交の一部始終を見てきた人物であり、南鮮の「やり方」は熟知しているはずだ。首相が変わろうとも、大きな方向転換はあり得ないというところだろう。菅総理も、南鮮に甘い顔をすれば支持層が離反することを熟知しているだろう。

 誰が駐日大使になろうと、日韓関係は変わらない。彼らが反日政策を推し進める以上、日本としては対抗措置を取るしかない。それ以前に、天皇に対する侮辱発言や火器管制レーダー照射、慰安婦日韓合意の破棄やビッチ像問題、いわゆる徴用工判決問題、自衛隊艦隊の旭日旗掲揚拒絶など、様々な問題や非礼は何ら解決していない。

 姜昌一のような筋金入りの反日政治家が、に際して馬車に乗り、大使信任状を捧呈するために天皇に接見すること自体が許し難い。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/11/29 10:31 ] 外交 | TB(0) | CM(2)
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ