FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2020年10月23日
月別アーカイブ  [ 2020年10月 ] 

斜陽政党の立憲民主党に未来はない

← 応援クリック、ありがとうございます。

 “ほぼ絶滅種”である社民党が、遂に解党の危機を迎えているという。社民党に所属する国会議員は、現在たったの4人だ。その4人のうち、党首である福島瑞穂を除く3名が、こちらもうだつが上がらぬ立憲民主党に合流する見込みだそうだ。11月14日に臨時党大会が予定されるが、「社民党を残すべきだ」などと、何に根拠したかわからぬ強気を示す福島瑞穂が、この前時代的政党の存続を願う地方の支持者とともに党に残るという。

 まぁ、どうでもよい話だ。直近の世論調査でも、朝日、読売ともに支持率はゼロパーセント。全国にオールドファンはいるのだろうが、この党が再び脚光を浴びることはない。かつて保革の片翼を担った政党も、世論に完全に見限られている。党が分裂しようと無くなろうと、国政への影響は全くない。

 しかし、うだつが上がらないのは、社民党3議員が合流しようとしている立憲民主党も同じだ。同じ世論調査では、朝日で6%、読売で4%、時事通信では3.8%である。この辺が定位置化しているのだが、問題は支持層だ。若者の指示が圧倒的に低いのである。

若者に見放されつつある立憲民主党と、それを支える高齢者たち (WADAIJIN)

野党第一党の立憲民主党の支持率低下が悲惨なのだ。2017年には15%以上あった支持率も国民民主党と合流したばかりの現在でも6%前後。

特に注目したいのは、年代別政党支持率だ。朝日新聞の調査によると、10~20代は3%しかないのに対して、70代以上20%と、立民は高齢者の支持者が多い。

AbemaTVという朝日新聞が運営するネットテレビ局の調査が19年に行った調査では、立民の支持率が驚異の0.00%ということもあった。AbemaTVの視聴者のうち7割が10代20代であるにも関わらずである。

立民党
「学術会議を追い風に…」だとさww


一方、年代別自民党支持率は10~20代58%に対し、70代以上は46%と自民は逆に若者の方に支持率が高い。

2009~12年の旧民主党時代、若者層の支持率は50%近くまであったのだ。いまや若者層は、ほぼ旧民主党を見放しつつあるようだ。(抜粋)


 朝日新聞は世論調査のデータを公開しているが、取得できるのは有料会員のみだ。私は朝日に金を払うことなど考えたこともないので、データを検証することはできない。ただ、この記事の通り、若年層の支持が低いことは、政党にとっては致命的だ。支える高齢層はやがて社会を去り、支持が薄い若者たちが社会の中心を構成するようになる。彼らは情報源として既存メディアに対する依存度は低く、情報はネットで取捨選択をする世代だ。朝日新聞がどんなに頑張っても、リーチしづらい対象なのだ。

 私は新聞というメディアが斜陽産業だと言ってきた。端的に言えば、理由は若者の新聞離れだ。同じ理由で、若者の支持が目に見えて低い立憲民主党も斜陽政党になり、やがて淘汰される可能性が高い。(既に斜陽政党だという声も聞こえてきそうだが…w) 彼らはコロナ禍でコロナ対策を脇に置いて「モリカケ」、「桜」を優先議題とし、今は「学術会議問題」を槍玉にあげ、公開ヒアリングというPRの場を設けている。結局、批判か、与党のあらを探すしか能がない政党に、支持など集まるわけがないのだ。

 立民党が“ほぼ絶滅種”になるのは、そう遠くない将来なのかもしれない。もっとも、生存本能だけは敏感な彼らは、そういう状況になればまた離合集散をし、看板を掛け変え、「新しい政党です!」などと、見え透いた嘘で国民を騙す画策もするだろう。早く消えてくれた方が、日本のためだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/10/23 07:10 ] 政治 | TB(0) | CM(7)
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ