FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2020年10月18日

NHKの「全国民よ、我が社に個人情報を届ける義務を負え」という思い上がり

← 応援クリック、ありがとうございます。

 私はかねてから新聞というメディアが斜陽産業だと書いてきた。ネット系のニュースサイトが充実する中で新聞購読者は減る一方である。新聞紙面で興味があるテーマの報道を探すより、ネットで検索した方が何倍も速い。昼夜問わず一次ソースを当たって記事を書く記者の努力にはもちろん敬意を表するが、産経新聞などの僅かな例外を除き、出て来る記事には極めて偏向した者が多く、かえって真実から遠ざかってしまう場合も多い。

 新聞は斜陽産業だが、スピードは違えど、放送業界も同じ傾向にある。若い世代にはテレビを購入しない人も増えているようで、メディアの多様化に伴い、人々がキー局に認める存在価値は、これから加速度的に下がっていくだろうと思う。「こういう時こそ電波オークション!」と思うのだが、既得権益まみれの業界に自主的な改革は不可能だ。

 その電波利権の筆頭格がNHKである。NHKは唯一、国民に食わせてもらっている放送局だ。局の経営には国費が投じられ、世帯からは受信料を取っている。一般社会ではダブルインカムのようなものだ。そういう恵まれた環境の元、勝手に番組を制作して放送するだけで、NHKを見ても見なくても、国民に受信料の支払いという義務を課すことができる。全くもって都合の良い仕組みで運営されている組織だ。

NHK


 16日の総務省のNHK受信料制度などの在り方を検討する総務省の有識者会議で、そのNHKがとんでもないことを言い出した。

NHK、テレビ設置の届け出義務化を要望 総務省会議に (朝日)

 NHKは16日、総務省の有識者会議で、テレビなどの受信機を設置した場合、同局への届け出を義務化するよう制度改正することを要望した。テレビがない場合の届け出や未契約者の氏名、転居先の住所を公的機関などに照会できる制度の導入も求めた。不払い対策などとみられ、有識者からは慎重な対応を求める意見が相次いだ。

 NHKによると、全国の世帯の約2割は受信契約を結んでいない。受信者情報が把握できないことから、未契約世帯への訪問のための人件費などに年間約300億円がかかり、繰り返し訪問することでクレームやトラブルも発生しているという。NHKの松坂千尋専務理事は「人海戦術による極めて不本意な経費がかかっている」と述べた。

 一方、有識者からは「氏名照会は適切な方法なのか」「NHKに届けなければならないという心理的苦痛が生じる」などの慎重な対応を求める意見が相次いだ。(以下略)


 要するに、自分の会社の契約者を獲得するために家電量販店などに契約者情報を回収しろという要求、また、届け出たところで何のメリットもない契約者に対し、個人情報を常にNHKに申し出ろという要求なのだ。その理由が、「未契約者を契約させるためのコストがかかるから」というものだそうだ。この主張がどれだけ世間離れしているか、当のNHK経営者はわからないのだろうか。

 ネットを徘徊していると、「まずは受信料を下げたり、経営コストを削減する方が先だ」などという主張に行き当たる。もちろん、そういう意見も正しい。だが、受信料の値下げや企業としてのコスト削減以前に、企業経営のために個人のプライバシーの申告義務を課すという発想自体がどうかしている。

 「欲しいものを手に入れるために働き、金を払う」という通常の営みと同様に、放送にも「見たいものを見るために金を払う」という市場原理は必要だ。人々はAmazon Prime VideoやHulu、TVerやNetflixといったオンデマンド放送を契約する際、各社を比較検討し、最も自分に適したサービスに加入する。音楽配信でも同じだ。企業の切磋琢磨があり、契約者の厳しい眼と選択があるのだ。これがないのはNHKだけだ。

 私はNHKに個人情報を管理されるのは御免である。テレビ自体もあまり観ないし、ましてや、仮に自分が転居したときに、ほとんど観ないNHKに「お前、何月何日に転居したな?金払えよ」と言われると思うとぞっとする。

 NHK受信料の値下げや、企業努力としてのコスト削減は当たり前の話。しかしその前に、NHKのこういう思い上がった発想自体が批判されるべきだと考える。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/10/18 07:24 ] メディア | TB(0) | CM(6)
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ