FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2020年09月25日
月別アーカイブ  [ 2020年09月 ] 

酷評される“理想論者”文在寅の国連演説

← 応援クリック、ありがとうございます。

 聯合ニュースによれば、南鮮の文在寅大統領の直近の支持率は前週より2.2pt下げたものの、いまだに44.2%もあるという。世論調査というのは結果を操作することが可能なアンケートのようなものだと言われるし、実施しているのが南鮮であるから、あてにできるものではない。だが、参考資料として見れば、こんな大統領を国民の半数近くが支持できる国の民度を示すような結果である。

 文在寅は国連総会で基調演説を行ったが、これがすこぶる評判が悪い。文は演説で、朝鮮戦争勃発70周年の今年、永久に戦争を終わらせるための終戦宣言を提案した。しかし、米国務省の対応は、「米韓は北朝鮮に対する努力については緊密に調整しており、我々は北朝鮮に対する統一された対応のため緊密に共助することに専念している」というもの。米国の北朝鮮対策の一丁目一番地が「朝鮮半島の非核化」であり、この大テーマを蔑ろにしたままでの戦争終結は「統一された内容」とはかけ離れていることを、暗に示唆したのだ。中央日報によれば、元ホワイトハウス補佐官のマイケル・グリーンが、「韓国大統領が国連でこれほど米国政府の立場から大きく外れた演説をするのを見たことがない」と酷評している。

文在寅


 文在寅のもうひとつの主張は、南北朝鮮が「生命共同体」だとする前提で、武漢ウイルスなどをめぐる防疫協力が南北対話の端緒になるというもの。その上で、南北朝鮮に日本、中共、モンゴルが参加する「北東アジア防疫・保健協力体」を創設しようというものだ。現実を見ない理想論を展開するという面では、日本の野党と良く似ているが、日本の野党はドメスティックは恥であるものの、そういう理想論を国連総会で述べる恥はワールドクラスだ。

 この構想は、モンゴルをダシに使いつつ、南北融和と将来的な統一のために、日本と中共に金を出させる構図にしか見えない。そもそも、北は「日本と協力」などという発想は欠片も持っていないだろうし、文在寅の提案は有難迷惑でしかない。日本にとって北東アジアは対峙すべき地域であって、無条件の協調の場ではあり得ない。日米という、同盟国、間接的同盟国が「インド・太平洋」に向かっている最中で、北東アジアでの中共を含めた協力を求められても、「地域の情勢を理解しているのか?」という反問が返ってくるだけだろう。

 菅総理は昨日、この文在寅と電話で会談し、「非常に厳しい状況にある両国の関係をこのまま放置してはいけない」と強調した上で、「韓国側において日韓関係を健全な関係に戻していくきっかけ」を作るよう求めたという。最初としては及第点だろう。文は「両国間の立場に違いがあるのは事実だが、両国政府とすべての当事者が受け入れられる最適な解決法をともに探していくことを望む」と話したそうだが、この時点で話にならない。

 両国政府とすべての当事者が受け入れ可能な解決方法などあり得ないのだ。問題の端緒は「立場による違い」ではなく、日韓請求権協定の無視であり、慰安婦日韓合意の事実上の破棄だ。それらはすべて南鮮が国際約束を守らないことから始まっているわけで、ボールはいまだ南鮮側にある。だから、解決法は「ともに探していく」ものではなく、南鮮側が提示すべきものなのだ。
 
 南鮮は、こういうかたちでゴールポストを動かしていくのである。それが彼らの流儀であり、習性ともいえるものだ。会談は20分程度だったそうで、お互いが言いたいことを言って終了というものだったと推測する。日本政府は、文のような「かまってちゃん」は放置を継続し、日本の国益に反することについては1ミリも譲歩してはならない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/09/25 07:11 ] 外交 | TB(0) | CM(3)
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ