FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2020年09月20日

安倍前総理の靖国参拝と、いつもの連中のいつもの反応

← 応援クリック、ありがとうございます。

 安倍前総理が昨日、靖国神社を参拝された。2013年12月26日以来、約7年ぶりの参拝だ。前回の参拝は、総理への就任から1年が経過した時期で、安倍氏は総理大臣への就任と退任の節目に、英霊への報告を行ったということになる。この参拝のちょうど同じ時刻には、台湾で李登輝元総統の告別式が執り行われていたという。偶然か、それとも意図されたものなのかは定かではない。在任中に参拝して欲しかったという意見もわかるが、少なくとも前総理は「在任中の参拝」という結果だけは残していることに変わりはない。


 さて、この安倍前総理の靖国参拝に関しては、アベガーで暮らしてきた連中の反応はいまひとつ強くない。既にターゲットが菅新首相に変わっていることもあるが、どうも彼らには元気がない。そうは言うものの、やはり脊髄反射している元アベガー(現、ともいえるが)は存在する。


 いつもの通り、東条英機を中心としたA級戦犯を理由にした参拝批判だ。「英霊は日本を守るために戦って散華した」というのは戦中のプロパガンダではなく、普遍的な価値感というべきものだろう。もし山崎の根拠が真理なら、何故終戦の日に若者たちを含むかの多くの人々が靖国に集まるのか。彼らは無知で馬鹿なのか?


 お馴染み、元朝日新聞記者の佐藤章は、自殺した元財務省近畿財務局職員の赤木俊夫さんを持ち出し、赤木さんが安倍前総理の立場を守るために自死したという論法を繰り出している。ジャーナリストとしては程度が低いばかりか、これでは活動家の文章だ。安倍総理・昭恵夫人と赤城さんの自死との因果関係は、マスメディアが作ったストーリーであり、想像の世界のお話だ。こういう言説は、言論の自由の過剰な拡大解釈というべきものだ。

 さて、脊髄反射なら南鮮も負けていない。

韓国外務省「深い憂慮と遺憾」 安倍前首相の靖国参拝 メディアは「院政の可能性」 (産経)

 【ソウル=名村隆寛】安倍晋三前首相の靖国神社参拝について、韓国外務省は19日、「日本の侵略戦争を美化する象徴的な施設である靖国神社を(首相)退任直後に参拝したことに対し深い憂慮と遺憾を表する」とする報道官の論評を発表した。

 また、聯合ニュースが「日本の安倍前首相、靖国神社を訪問」と速報で伝えるなど、メディアも強い関心を示した。

 聯合は「安倍前首相が退任から3日で、A級戦犯が合祀(ごうし)されている靖国神社を参拝した意図が注目される」とし、「保守・右翼勢力を集結し、改憲など未完の夢を果たすための、いわば上王(上皇)政治をする可能性がうかがえる」と指摘。菅政権で安倍氏が「院政」を敷く構えであることを予測した。


 青瓦台の反応は予想通りなので、「はい、そうですか」と右から左に聞き流せばよい。それより、笑わせてくれるのが聯合の報道で、佐藤章顔負けの創作である。さすがは「ファンタジー国家、南鮮」だけのことはある。聯合の見立ては、安倍氏の靖国参拝が「院政」の地ならしだというものだ。鼻で笑う程度の報道だが、聯合は一応、南鮮を代表する通信社なのだ。その通信社がこんな作り話を書き、南鮮の他のメディアがそれを拾って報道するのだ。

 南鮮は、火のないところに煙を立てる常習犯だが、いわゆる慰安婦、いわゆる徴用工、軍艦島、竹島など、すべてこういうストーリーを作って国民を洗脳してきた。彼らに「ファクトを直視せよ」と言っても無理な注文だ。菅政権になっても、対南鮮外交は戦略的無視が続くだろう。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/09/20 07:22 ] 政治 | TB(0) | CM(3)
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ