FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2020年08月12日

独裁国家によって蹂躙される人権 ~ 日本は中共包囲網に積極参加せよ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 香港の警察当局は10日、中共政府を公然と批判してきた香港メディア界の大物、黎智英(ジミー・ライ、Jimmy Lai)氏を、国家安全維持法(国安法)違反の容疑で逮捕した。黎智英は香港で民主派の新聞「蘋果日報(アップル・デーリー、Apple Daily)」を創業した人物で、逮捕者は同紙幹部ら少なくとも7人とされる。香港警察は、容疑を「外国勢力との共謀と詐欺」としている。

 詐欺師のような国家が、政府に批判的な人物を「詐欺」で逮捕するという茶番劇が、大真面目に行われている。 中共政府は、米国でペンス副大統領やポンペオ国務長官らと面会した黎氏を反政府デモの「黒幕」「民族のくず」「米英の走狗」などと罵倒していたようで、中共の官製メディアも同氏を「外国と共謀して祖国の弱体化をもくろむ新たな「四人組」のリーダー」だと非難している。注目は英国の動きだ。黎氏は香港市民であると同時に、英国市民パスポートを所持する人物だ。英国が黙って見過ごすことはないだろう。

 米国も中共に揺さぶりをかけている。米国はアザー厚生長官が台湾を公式訪問し、総統府で蔡英文総統と会談した。米国閣僚級の訪台は6年ぶりだが、アザー長官は1979年の断交以来、訪台した米国の最高位の高官だという。表向きは武漢ウイルス対策における協力関係強化というものだが、そんな建前を鵜呑みするなら、よほどの平和ボケである。

 一連の動きに中共は反発を強め、「アメリカの間違った行動に対しては強い報復措置を取るだろう」と明言している。10日には米国の議員ら11人を対象に制裁を課す報復措置を取ると発表したが、具体的な制裁内容については言及していない。制裁内容が具体的に策定されていないのか、今後発表されるのかは不明だが、明らかにインパクトに欠ける。そもそも、米国他に資産を移転している中共の政治家と違い、米国の政治家は中共に凍結されて困るような資産は持っていないだろう。制裁の応酬に関しては、中共が圧倒的に分が悪い。

逮捕された周庭さん
香港警察に逮捕された周庭さん


 同じ10日には、香港の民主活動家で、「民主化運動の女神」と呼ばれる周庭(アグネス・チョウ)さんが香港国家安全維持法違反の廉で香港警察当局に逮捕された。中共の報道官は、「香港は法治社会であり、いかなる人間も特権はない。法を犯しさえしなければ何の心配もない」と正当化したそうだが、笑止千万だ。法律が施行される前の事象に対して法の遡及をしないのが法治国家であり、今回の逮捕劇は明らかに中共が人治国家であることを示している。周庭の逮捕に懸念を示したのは菅官房長官のみならず、枝野や志位まで抗議声明を出す便乗ぶりだ。もっと多くの国会議員が抗議声明を出すべきだ。このためだけに1日国会を開いても良いくらいである。

 先頃死去した李登輝元台湾総統を追悼するため、森元首相を団長とする弔問団が、世界に先駆けて台湾を訪問した。日華議員懇談会の会長である古屋圭司議員は、森元首相は安倍総理の特使ではないものの、安倍首相の事実上の代理だとしている。良い動きであることは間違いない。だが、癌の治療中である森元首相に台湾日帰りという過酷なミッションを与えるくらいであれば、米国と同様に、閣僚級の派遣くらいは考えてもらいたい。そして、中共の報復には怯まないことだ。多くの先進国が中共への反発を強めている。日本もその一角を積極的に担い、同じ価値観を共有する民主主義国と歩調を合わせ、中共包囲網を形成すべきだ。



 [追記] 9日から3日間ほど、PCを持たずに長野県に“GO TO”していたため、ブログの更新ができませんでした。訪問していただいた読者の皆様には、大変失礼いたしました。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/08/12 07:07 ] 外交 | TB(0) | CM(7)
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ