FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2020年06月18日

通常国会閉会 ~ サボる野党が「安倍総理、逃げるな」の厚顔無恥

← 応援クリック、ありがとうございます。

 元格闘家の国会議員、須藤元気が、立憲民主党を離党するのだそうだ。本人は都知事選で山本太郎を推したいらしく、離党の理由を「以前から消費税減税など経済政策ついて党とは意見の相違があり、必然的な帰結」だと言っている。しかし、税制など政党としての基本政策であって、その部分で党との意見の相違があったというなら、「一体何をもって立憲民主党の議員になったのだ」と尋ねてみたくもなるというものだ。いずれにせよ、野党集結を叫ぶ立民党からは、須藤の他にも、最近、山尾志桜里も離党している。枝野に求心力があるかないかは別として、綻びが出始めていることは確かだろう。

 第201通常国会が、昨日閉会した。特定野党は会期延長を求め、内閣不信任案の提出を目論んでいたようだが、二階は当面の間、週1回のペースで武漢ウイルスに関する衆院常任委員会の開催を提案され、それを呑み、矛を収めたようだ。

国会閉幕 コロナ対応どうなる 野党「首相逃げないで」 (FNN)

通常国会は、17日が会期末。
野党は、新型コロナへの対応が不可欠だとして、会期延長を要求し、与野党の攻防が最終盤を迎えている。
コロナ対応に追われた国会も、17日が最終日。
野党は閉会後も、安倍政権の予算の使い方などを追及したい考え。
野党側は17日午前、年末までの194日間の大幅な会期延長を、大島衆議院議長に申し入れた。
このあと、立憲民主党の安住国対委員長は、イージス・アショアの計画停止なども取り上げ、政府の対応について、「逃げるといった方があてはまる」と痛烈に批判した。
立憲民主党・安住国対委員長「総理逃げないでくださいと。総理はもう、なんかわれわれを後ろで見て、一生懸命ゴールに向かって走りきって、そのあと、さようならというのは、国会の姿としてはどうなのかなと」 (以下略)

安住


 「国会の姿」と来た。では安住の理想とする「国会の姿」とはなんなのか。

 まさか、壁新聞を国会議員控室のドアに貼りだすことが「国会の姿」というわけではないだろう。思えばあの「壁新聞事件」もこの通常国会が開幕してから約一ヵ月後の出来事だった。

 「総理、逃げないで」というのは、安倍総理が逃げているという表現をメディアが拾い、あたかもそれが事実であるかのように新聞やテレビで国民に宣伝されることを計算したものだろう。しかし、国民の多くは、「特定野党こそ、議論から逃げた張本人」であることを知っている。この国会でも、その事実が再認識する機会が数多あった。

 そもそも、通常国会の前半で、特定野党は何をやっていたのか。彼らの最大のテーマは、「桜を見る会」と「森友」だった。武漢ウイルス蔓延の危険性が迫り、その対策が何よりも優先して求められるとき、彼らはその問題をそっちのけに、やはり「桜」と「森友」をやっていた。彼ら特定野党は、国民の健康や生命、経済など、二の次、三の次なのだ。彼らは、武漢ウイルスの集中審議で「桜」を持ち出し、答弁が気に食わないと言って議場から退席した。野党のただ単に安倍政権の支持率を落とし、下野させることだけにしか興味がないのだ。

 彼ら特定野党は「国会を止めるな」という。だが、憲法審査会を止めていたのは特定野党の連中である。予算委員会では予算も議論せず、スキャンダルの追及ばかりして活発な立民をはじめとする野党の連中は、憲法審査会になると、議論すら拒否する。立法府が法を議論しないなどという怠慢、職場放棄は、民間企業であれば懲罰、ヘタすりゃクビである。野党はよく「国民」の代弁者であるかのように演説するが、その連中が最も国民感覚とずれているのだ。そういう不規則な行動が許される国会というのは異常だ。

 昨日、維新の松沢議員が、林芳正憲法審査会長の不信任動議を提出したが、維新以外の政党が反対に回り、否決された。憲法審査会は今国会で1回も審議が行われなかったばかりか、この2年4か月近く、実質的に開催されていない。維新の動議は、その林会長の「指導力と決断力」のなさを指摘したものだ。最も悪いのが立民、民民などの野党であることは間違いないが、自民党も現状を打破できないという意味において、国民の負託に答えられていない。猛省すべきである。

 安住は安倍総理に「逃げないで」と要求した。だが、1日開催するのに3億円かかるとも言われる国会が、「桜」や「森友」といった問題ですらない週刊誌ネタで開催されるのは、文字通り「税金の無駄遣い」だ。国民はこういう税金泥棒に、そろそろNOを突き付けるべきではないか。

 安倍総理は1月26日以来、1日も休んでおられないという。国会も閉幕したことだし、そろそろ休養して欲しいものだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/06/18 07:07 ] 政治 | TB(0) | CM(14)
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新コメント
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ