FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2020年06月08日

中国批判の欧米共同声明を日本が拒否?虚報なら共同通信に説明を求める

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日のエントリーでいただいたコメントのなかで、共同通信の「日本、中国批判声明に参加拒否」という報道を引き合いに、「安倍終わった」などというものがあり、さっそくネタをだどってみると、共同通信からこういう記事が発信されていた。

日本、中国批判声明に参加拒否 香港安全法巡り、欧米は失望も (共同)

 【ワシントン共同】香港への国家安全法制の導入を巡り、中国を厳しく批判する米国や英国などの共同声明に日本政府も参加を打診されたが、拒否していたことが6日分かった。複数の関係国当局者が明らかにした。中国と関係改善を目指す日本側は欧米諸国に追随しないことで配慮を示したが、米国など関係国の間では日本の対応に失望の声が出ている。

 新型コロナの感染拡大などで当面見合わせとなった中国の習近平国家主席の国賓訪日実現に向け、中国を過度に刺激するのを回避する狙いがあるとみられる。ただ香港を巡り欧米各国が中国との対立を深める中、日本の決断は欧米諸国との亀裂を生む恐れがある。


 こういう記事が発信された際は、他のメディアが同様の報道をしているか、または通信社の報道を追いかけているかを調べるのが基本だが、産経が記事にしていたのを見た時は、さすがに政府の判断を疑った。それでも、発信元が共同通信という信頼をおけないメディアであることから、真偽を判断するには少々時間がかかると感じた。この前に「キンペーの国賓来日が事実上の白紙に戻った」という報道があり、日本政府の対応がこの報道の真逆を行っていることに釈然としなかったからだ。

 産経の記事は程なく削除され、案の定、SNSでは情報源に近い国会議員諸氏から、報道を否定する発信が続いた。


 つまり、日本は他国に先駆けて、駐日中共大使を呼んでまで抗議したが、他国がそれに追随する形を取ったので、日本が「もう抗議は発信している」という意味で共同声明に加わっていないということなのかもしれない。

 共同の日本版の記事は短いが、英語版の記事は日本語版の倍以上、長いものになっているほどの熱の入れようだ。案の定、毎日新聞英語版がそれを受け売りし、ブルームバーグなどの海外メディアが喰いついた。山田議員は、速やかに正確な情報発信をするよう、外務省に要請したという。

 恐らく、今日の官房長官の会見でこの質問が出るだろうから、この記事の内容はその場で明確に否定されることになるだろう。共同の報道ぶりでは、日本語版では「打診を拒否」、英語版では「rejected the offer」となっている。「拒否」も強い表現だが、「reject」は「拒否」だけでなく「拒絶」という意味合いを含む単語だ。これを共同が問われたら、取材源がそういう表現を使ったと主張するだろうが、何か意図的なものが込められているような表現とも感じてしまう。あくまで個人的な感想ではあるが…。

 青山繁晴議員はこの共同の記事を、「極めて悪意のあるねじ曲げで、誤報と言うより、つくられた虚報だ」とブログに書いている。青山氏から続報はあるだろう。山田議員の「酷い印象操作」という批判もあり、この記事の悪質さが暴かれる時を待ちたい。そして、この記事が「虚報」にせよ「印象操作」にせよ、共同通信が事実を事実として伝えることを怠った場合(または意図的に朝日新聞流「角度」を付けた場合)、共同通信は重い説明責任を負う。紙面がないからと、逃げてはだめだ。虚報であれば、その通信網を使って、国際社会に訂正記事を配信することぐらいは当たり前だ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/06/08 07:10 ] メディア | TB(0) | CM(7)
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新コメント
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ