FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2020年06月04日

米国の暴動、反アベ活動、南鮮への浸透 ~ すべて中共の工作で繋がっている

← 応援クリック、ありがとうございます。

 5月末、政府に金を無心するデモが行われた。タイトルは「解除しようが補償しろ!デモ」。このデモは緊急事態宣言が解除される前に「自粛要請したなら補償しろ!デモ」として行われていたものだという。デモを主催した、接客を伴う飲食店の従業員だったヒミコという女性は、安倍邸に突っ込もうとした理由をこう語ったそうだ。

「アベは悪いことをしているから警察に守られている。みんなが怒っていることを知ってるから警察に守られている。アベを殴りたい。(いつも安倍首相を見ている)テレビの中は遠すぎる」。(出典


 小学生の喧嘩レベルの主張だが、問題なのは、デモ隊が安倍総理、麻生副総理の私邸を目指したことだ。いくらなんでも、私邸めがけてデモを行うというのは迷惑行為以外のなにものでもない。さすがに警察隊が行く手を阻んだそうだが、こういう無分別な連中もいる現実を目の前にすると、世の中物騒になったものだと感ずる。

 いま、ネット上で話題になっているANTIFA。トランプ大統領が「テロ組織に指定する」と公言したことで知られるようになったが、小池晃をはじめとする共産党の議員連中や有田芳生などがこのANTIFAのロゴをあしらったTシャツを着てデモなどに参加している画像が次々と掘り出されている。ANTIFAとは文字通り、ANTI-FACISMの略だが、議員連中はまだしも、こういうデモにANTIFAのフラグをはためかせて参加している連中に、「ファシズムの定義は?」と聞いたところで、ロクな答えを出せる者はほんのひと握りだろう。彼らは活動家だが、活動についてきちんと理論武装しているヤツは希少だ見る。

 ANTIFAが扇動する暴動だが、事の発端は黒人男性が白人警官によって首を圧迫され、それが原因で死亡したことで、ベースは人種差別問題だ。中共の工作が裏で動いているという専らの噂で、カリフォルニア州サンタモニカで拘束された中共人留学生3人が、領事館の指導を受け、暴動に参加していたという話も出てきた。

 もとより、人種差別を語るなら、世界最大にして最悪の人種差別国家が中共である。彼らはチベットや東トルキスタンに侵攻し、領土を奪い、現地の人々の生活や文化を奪った。チベットやウイグルの人々が大切にしていた宗教も奪い、多くは強制労働を強いられているという。そんな背景を知っている人にとっては、この言葉は許せないものだろう。

あらゆる人種差別にも断固反対=外交部(CRI)

 報道によりますと、アフリカは米国の白人警察官が過度な武力を行使したことによるアフリカ系アメリカ人公民の殺害事件に強烈な反応を示しています。
 これについて、外交部の趙立堅報道官は6月1日、北京での記者会見で「中国はあらゆる形の種族差別に断固として反対する」と表明しました。
 また、趙報道官は「中国はアフリカの正義への呼びかけを支援し、支持する。アフリカ側とともに、あらゆる形の人種差別、および人種差別と恨みを煽る言論に断固として反対する」と強調しました。(雲、CK)

中共趙立堅報道官


 CRI(中国国際放送)とて中共の官製メディアであるから、報道官の受け売りは既定路線だろう。だが、この報道官のコメントを見聞きするにつけ、「一体どの口が言うのだ」という感想を持たずにいられない。私は米国の現下のデモには全く賛成できないが、それでも米国でこのようなデモが起こるのは、米国には自由があるからだ。中共では決して起こり得ない。人民の声を圧殺しておいて、海外向けに「あらゆる形の種族差別に断固として反対」などと言っても、世界中からツッコミが入るのがオチだ。

 中共のサイバー軍元メンバーが、米国と対抗する上で南鮮を取り込むことを目的とし、文在寅氏が南鮮大統領選挙で勝利するよう介入したと暴露したという。この元メンバーは、中共の工作に対し、米国が南鮮を保護するような行動を取らなければ、地図上から南鮮が消えることも否定できないとまで言っている。米国の暴動だけでなく、安倍政権をバッシングする日本の世論誘導にも、中共の工作は必ず存在するはずだ。

 政治、メディアの少なくない部分が、中共の工作によって取り込まれ、腐敗臭を放っている。彼らに対抗するには、やはりSNSしかないのかもしれない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/06/04 07:13 ] 外交 | TB(0) | CM(6)
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新コメント
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ