FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2020年05月28日

コロナや黒川でメディアが騒ぎ立てる裏で深刻化する、中共の尖閣挑発事案

← 応援クリック、ありがとうございます。

 安倍総理が緊急事態宣言解除の記者会見を行った際、WSJの記者から「新型コロナウイルスをめぐり、米中が激しく対立しているが、日本はどちら側につくか」という二者択一の質問が飛んだ。ほとんど失笑しそうになったが、安倍総理ははっきりと「米国は日本にとって唯一の同盟国である」と基本姿勢を確認するように述べ、併せて日本の立場として、「この新型コロナウイルスについては中国から世界に広がったというのは事実であるというふうに考えている」と述べた。

 この発言に対し、中共は苛立ちを隠さない。中共の報道官は、「ウイルスの発生源について政治問題化することに断固として反対する」と述べ、「こうしたやり方は両国がともに感染防止に取り組むという努力や期待に反するものだ」と安倍総理の発言を批判した。米中経済戦争が勃発して以来、中共はあからさまに日本に対して宥和的な姿勢を見せてきた。国際社会で孤立することは避けたいし、そのための駒としては、ロシア、北朝鮮は役不足だ。良好な日米関係の切り崩しという面もあったのだろうが、底意は見え透いていた。

中共報道官


 そういう宥和的な姿勢を見せていた中共が頑なに継続するのが、尖閣諸島周辺海域での挑発行為だ。接続水域をウロウロしていた中共の公船が、今月に入って領海侵犯し、日本漁船を3日間も追い回すという異常事態が発生した。武漢ウイルスで万全の体制を組めない米国海軍の隙を突く意図があると思われるが、こうした挑発で日米の反応を観察し、レベルを徐々に上げていく魂胆があると思われる。この現状変更を目論む動きに関し、石垣市の中山市長はこう述べている。

「中国の圧力は年々強まっている。中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突してきた事件(2010年9月)当時よりも、現地は緊迫化している。中国公船も大型化し、かつてないほど頻繁に来ている。海保は石垣海上保安部を拡充し、16年からは『尖閣警備専従部隊』も置いている。彼らのおかげで、尖閣の島々は何とか維持できている」(出典:zakzak)


 海保の苦労はいかばかりかと拝察する。両国の衝突が起きれば、国際社会に「尖閣に存在する領土問題」という中共のプロパガンダが流布されることになるし、中共人民のナショナリズムに火が付き、一触即発の状況が生まれる。海保としては、領海を守りつつ、ヘタな衝突は起こさないという、非常にデリケートな対応が求められるのだ。

 そんななかで、産経以外のメディアは中共の挑発をベタ記事のアリバイで誤魔化し、テレビではほとんど放映されない。ワイドショー化、週刊誌化が止まらない新聞、テレビでは、日本の危機的状況は国民に提供されないのである。あたかも、中共に忖度し、日本国民のナショナリズムを抑制しようとする意図があるかのようだ。

 日本は一時的にではあれ、武漢ウイルスを退けた。だが、今の日本に突きつけられている喫緊の問題は、武漢ウイルスだけではない。無論、黒川某の退職金問題でもなければ、「マスク」でもない。いわんや「森友」や「桜」といった些末な週刊誌ネタでもないのだ。メディアも野党も、そういう「販売や視聴率、安倍政権批判に直結するネタ」を好んで取り上げる状況が続くが、そんな問題が仮に存在するとしても、領土、領海を脅かされることと比べれば、蚊に刺される程度のものだ。痒みはやがて引くが、奪われた領土、領海は戻らない。竹島や北方領土を見れば明らかだ。

 海保、自衛隊の予算は限られている。彼らの活動に不自由が生じないよう、せめて国民として、予算の増額を政府に求めたい。「ガンバレ」だけでは限界があるし、国民としても無責任だ。

 安倍総理は、来月ワシントン近郊で開催が検討されているG7サミットに、帰国後2週間の待機措置を取ってでも参加する意向だという。フェイストゥーフェイスの会合開催はトランプ大統領の選挙対策だろうが、もしそういう犠牲を払ってでも参加されるのであれば、G7一体となって中共のウイルス拡散の責任を追及し、同時に、彼らが目論む領土、領海における現状変更に断固反対する声明も出してもらいたい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/05/28 07:10 ] 外交 | TB(0) | CM(8)
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ