FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2020年05月01日

国民の健康や生活を「後回し」にしたのは野党である

← 応援クリック、ありがとうございます。

 緊急事態が予想通り延長されるようで、パチンコ中毒者は失神しそうな感覚だろう。店も店だが、客も客。一部のパチンカーは「開いてるから来た」などと責任を店側に転嫁しているようだが、「開いていても行かない」という我慢がなぜできないのだろうか。「コロナにかかってもいいと思ってる」などという阿呆もいるが、感染して命を落とすのは勝手だが、その阿呆にかかる看護のために犠牲になる時間、手間などを少しでも考えたら、そんなことばが出て来るはずがない。中毒のために、人として必要なことを失っているとしか思えない。

 昨日、武漢ウイルス対策を含む今年度の補正予算が成立した。過去最大の25兆6914億円だそうだが、第二次大戦以降で最大の出来事ともいわれる地球規模の武漢ウイルス感染症への対策であることを考えれば、過去最大は当然だろうと思われる。緊急事態を延長することに異論はないが、国民への10万円、中小・小規模事業者向けの最大200万円などで打ち切るのではなく、消費税減税を含む次の矢を、早急に準備してもらいたい。

補正予算が成立


 補正予算の成立は、政府の目論見から一週間近く遅れたという。もちろん、そこには野党の存在があった。補正予算が可能にする国民や中小・小規模事業者向けの給付は、時間軸を意識した進行が絶対条件であったはずだ。まずはその予算案を通し、足らざるを追加すればよいだけの話である。だが、特定野党はどうでもいい議論を吹っ掛けては、時間を浪費する。彼らは国民のことなど露も考えず、ひたすら政権批判、倒閣に勤しむのだ。

 29日の衆院本会議で、立民党代表特別補佐という、なんだか意味不明な肩書を持つ小川淳也が、またとんでもないことを言っている。

 結局、公明党から連立離脱をちらつかされ、それに屈する形、まさに政局判断で、手のひらを返したのではありませんか。同じ日、突如として緊急事態宣言が全国一斉に拡大されています。“まさか”とは思いますが、この失態から目を逸らし、批判をかわす政治的思惑があったとすれば、許されないことだと言わざるを得ません。思えばこの間、政局や政権のメンツが優先され、国民の健康や生活が後回しになったのではないか、そう疑わざるを得ない局面も多々あります。武漢からの帰国者に最初のチャーター便派遣を発表したのは1月26日、まさに翌日から衆議院予算委員会で「桜問題」が厳しく追及される、その前の日の夜でした。諸外国が速やかに決定した、中国全土からの入国制限、遂に習主席の来日延期が決まるまで見送られました。PCR検査の結果、陽性患者数が増え始めたのも、結局、オリンピックの延期が決まって以降です。(以降、面倒くさいし、意味がないので略)


 これは、立憲民主党の議員の「質」をよく表す演説なので、少々面倒だが、書き起こした。この演説をひと言で表すなら、「言い掛かり」である。それを「まさか」という言葉を挟むことによって、発言する自分を免罪しているのだ。非常に汚いやり方だ。

 この小川の演説は、これまでにあった事象をピックアップして並べ、それがあたかも安倍総理の思惑のうえで実施、実行されたと「小川の頭の中の妄想」を語っているだけである。小川自身も発言を立証することができないから、こんな演説、どちらかと言うと「言いっ放し」や「捨て台詞」、「最後っ屁」に近い。こんな演説で国会の時間を浪費するのは、国民としては勘弁してもらいたい。

 小川は、安倍政権が政局を優先したと批判した。いったいどの口が言っているのかと呆れかえる。武漢ウイルスが喫緊の課題になってから久しく、彼らは「桜」や「森友」を最優先課題として取り上げていた。そういった「ログ」は、ネット上にいくらでも転がっている。そういう事実がありながら、その事実を棚に上げ、「対応が遅れた」、「政局を優先した」などと政権を批判するのは邪道中の邪道である。

 コロナ禍で「国民の健康や生活を後回し」にしたのは、立憲民主党をはじめとする野党の連中だ。要するに彼らは嘘つきなのだ。国民生活の邪魔をするだけなら、自宅に籠って出てこないでもらいたい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/05/01 07:09 ] 政治 | TB(0) | CM(9)
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ