FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2020年04月25日

税金と受信料で対日ヘイト番組を垂れ流すNHK ~ どこが公共放送か!?

← 応援クリック、ありがとうございます。

 公共放送とはなにか。NHKのサイトの「よくある質問集」に、まさにこの「公共放送とは何か」というQuestionがあり、Answerはこう記されている。

  • 電波は国民の共有財産であるということからすると、広い意味では民放も公共性があるということになりますが、一般的には営利を目的として行う放送を民間放送、国家の強い管理下で行う放送を国営放送ということができます。これらに対して、公共放送とは営利を目的とせず、国家の統制からも自立して、公共の福祉のために行う放送といえるでしょう。

  • NHKは、政府から独立して 受信料によって運営され、公共の福祉と文化の向上に寄与することを目的に設立された公共放送事業体であり、今後とも公共放送としての責任と自覚を持って、その役割を果たしていきます。


 なるほど、NHKが他の商業放送と区別されるのは、営利ではなく公共の福祉を追及し、日本の文化の向上に寄与することなのだそうだ。彼らはその役割に「責任と自覚」を持っているのだという。

 民間放送の場合は、スポンサーから金を集めて番組を作るため、放送局は自ずと視聴率を争うことになる。だがNHKの場合、スポンサー集めの必要がなく、国民の税金と、国民から「義務」として召し上げる受信料で運営されており、経営面での心配など必要がない。公共の福祉や文化の向上にいくらでも貢献できる環境が、はじめから用意されている、最も楽な放送局ということになる。

 では、彼らは本当に公共の福祉や文化の向上に貢献しているのか。23日に放送された「バリバラ桜を見る会~バリアフリーと多様性の宴~ 第1部」を確認する限り、その内容は福祉や文化には程遠いばかりか、りっぱなヘイト番組になっている。番組のサイトには、このような紹介文がある。

バリアフリーと多様性(バラエティ)を旗印に進化してきたバリアフリー・バラエティ『バリバラ』。2019年度、多様性の推進に功績のあった方々が桜満開のスタジオに大集合。性暴力被害者の環境づくりに尽力する伊藤詩織、人種・民族差別撤廃に声をあげてきた崔江以子、旧優生保護法裁判を実名で戦う小林寶二・喜美子夫妻の話と時事ネタ漫才コンビ「三拍子」のお笑いも交え、多様性の未来を考えるお花見形式のトークショー!


 ところが番組では、タイトルに「バリパラ桜を見る会」と銘打っていることでもわかる通り、安倍内閣へのヘイトが目白押しだ。

 まず、アブナイゾウというのが出てきて、「公文書 散りゆく桜と ともに消え」という俳句を詠む。もうひとりの出演者(脳機能障害者)が出てきて、「招待客名簿」と書いた紙をシュレッダーで粉砕する。在日コリアンも出てきて「如何にヘイトに苦しんでいるか」を語らせ、伊藤詩織は、芸能界にありながらヘイトに反対の声を上げた水原希子を持ち上げる。アブナイゾウと並んで副総理大臣の不愛想太郎なる者を登場させ、口元を大きく曲げて、バカなセリフを吐かせる。

アブナイゾウ


伊藤詩織


バリパラ シュレッダー


不愛想太郎


 こんなもの、ただの反政府番組ではないか。民法の深夜番組ならいざ知らず、税金と強制的な受信料を取っておいて、こういう番組を作って放送するNHK…。しかも、障害者や差別被害者、性暴力被害者(ともに申告ベース)を使って政府を批判させることで、弱者も政府の被害者であることを暗に匂わせる、かなり汚いやり口だ。

 NHK Eテレビは、昔、「NHK教育放送」で使われていた枠を使用しており、多くの番組もその流れを踏襲しているようだ。しかし、そもそも公共放送を騙る放送局が、こんなヘイト番組を税金で作り、放送波に乗せることに、何の呵責もないのだろうか。もしそうなら、こんな放送局、ただの宗教ではないのか。

 今の武漢ウイルス禍について、NHK WORLDは中国語で「日本新型病毒疫」と放送していたという。さすがにそのコンテンツはNHK WORLDから削除されたようだが、日本人の気づかないようなところで、しれっと対日ヘイトを垂れ流しているNHK。この放送局に良識を求めることなど、はじめから不可能であると言わざるを得ない。

日本新型病毒疫


 こんな放送局に「受信料を払え。国民の義務だ」と言われて、素直に払っている人が気の毒になる。

NHK みなさまの声 メールによるご意見・お問い合わせ


 この番組「バリバラ桜を見る会~バリアフリーと多様性の宴~ 第1部」は、今日の深夜0時に再放送される。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/04/25 07:18 ] メディア | TB(0) | CM(18)
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ