FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2020年04月24日

南鮮で「日本を褒めることを禁止する法律(いわゆる「親日罪」)」が成立か

← 応援クリック、ありがとうございます。

 4月15日に投開票された南鮮の総選挙で、政権与党が予想を上回る圧勝をした。300議席中、180議席を取ったというから、文字通りの圧勝である。コロナ禍であるという理由以外に、この選挙には特に興味がなかった。何故なら、彼の国では誰が大統領になろうと、日本に対する姿勢に殊更変化がないからだ。保守派に属する朴槿恵でさえ、あれだけの反日言動を繰り返したのである。左派系がトップに就いて最も大きく変わるのは、対北朝鮮、対米国といった外交分野だろう。しかし、誰が大統領になろうと、反日には変わりないのだ。

 この南鮮総選挙では、挺対協代表の尹美香(ユン・ミヒャン)が、与党「共に民主党」の比例代表で出馬し、当選した。党の名簿登載順位は7位だったが、この順位は出れば自動的に当確というものだそうだ。2月の時点で、南鮮総選挙の出馬予定者の約4割が前科者だという衝撃的な報道があったが、この尹も治安当局の監視下に置かれる人物だという。1993年に夫とその妹がスパイ事件で摘発され有罪を受け、近親者が北のスパイである事、また、挺対協の活動との関連に注目し、治安当局がその動静を注視しているそうだ。いやはや、何でもありの選挙である。

“自称慰安婦”金福童と尹美香


 さて、その南鮮の国会で「親日称賛禁止法」なる珍妙な法律が成立されようとしているという。デイリー新潮が伝えている。

「文在寅」圧勝で確定“日本を褒めることを禁止する”法案のヤバい中身 (デイリー新潮)

 光復会が推進する「対日称賛禁止法」の基礎となっているのは、2018年12月に「共に民主党」の朴光温(パク・グァンオン)議員が発議した「日本の植民地支配と日本軍の性奴隷制度の被害者に対する虚偽および情報操作禁止法」だ。2018年には成立まで漕ぎつけられなかったこの法案だが、光復会は、今回の総選挙前に行った候補者アンケート調査で、全候補者の実に97%以上が、今国会での親日称賛禁止法の成立に賛成するとの回答を寄せてきたと明らかにしている。一度は葬り去られたはずのこの法案に、彼らは再び命を吹き込もうとしているのだ。

 フランスやドイツなどの「ホロコースト法」を参考にしたと言われているこの法案は、つまり、日本統治時代に対して事実と異なる主張をしたり事実を歪曲したりすれば処罰されるという法案だ。具体的には、慰安婦と徴用工の問題をはじめ、日帝の植民地支配や侵略戦争行為について歪曲・美化・鼓舞または宣伝する者には、「2年以下の懲役、または2000万ウォン以下の罰金を科する」となっている。

 さらに、このような親日的な主張をオンライン上で拡散する行為も禁止しており、インターネット上でこれらの主張に同調する一般人の行為も処罰対象となる。インターネットプラットフォーム運営者は、関連コンテンツを削除する義務があり、義務に違反した場合は最大650億ウォンもの罰金を科せられてしまう。


 全体主義国家のやり口だ。要するに、日本の統治時代を肯定的に語れば、即「罪」になるという恐ろしい法律である。基本的人権は反日の前では無効化されることを意味し、言論や出版、集会の自由などが著しく侵されることになる。彼らの場合、法の不遡及という法治国家の基本原則は既になきものとなっており、過去に遡及してしょっ引かれる人も増えるだろう。

 歴史というものは南鮮には存在しない。あるとすれば、自分たちの都合のいいように書き換えられた物語のみである。嘘をつき続け、その嘘があたかも歴史的事実のように解釈され、今度はその解釈以外の思想や言論は「反逆」になるという、恐ろしい言論・思想弾圧だ。「反日種族主義」の著者、李栄薫氏など、声明すら脅かされることになるだろう。

 21日、台湾政府から贈られたマスク200万枚が成田空港に到着した。貨物機から次々と降ろされた荷物には、「Taiwan can help 台湾日本友好」と書かれていた。日本と台湾には真の友情がある。今回の武漢ウイルス禍で、台湾はそのことを再確認させてくれた。一方、南鮮では、同国首相が日本や米国に対するマスク支援を示唆した際、大統領への国民請願HPに「日本への支給に反対」する請願が殺到し、外交部は「具体的な検討に着手した段階ではない」と火消しに走った。日本がどちらと友好を深めればよいか、言うまでもない。

 「親日罪」法案を真面目に審議し、日本へのマスク支給に大反対が起き、一方では「スワップ協定を結べ」と言う。この南鮮という国は、本当に理解の限界を超えている。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/04/24 07:08 ] 外交 | TB(0) | CM(7)
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ