FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2020年04月16日

立民2議員の不祥事と、本質が報道されない安倍総理の給与返納

← 応援クリック、ありがとうございます。

 我が国にも「政治家相手なら何を言っても許される」という不文律があるようだが、武漢ウイルスによって社会・企業活動が影響を受け、自粛とともに、個人も経済的な影響を受ける中、SNSの一部で国会議員に「歳費を返納しろ!」という怒号が飛び交っている。本当に歳費を返納すべきなのは、国会をサボることが既にアイデンティティ化している立憲民主党ら倒閣野党の連中なのだが、反対に、首相や閣僚、与党議員にその風当たりが強くなっている感がある。

 安倍総理が2012年12月の総理就任後から給与臨時特例法に則るかたちで、また、特措法が失効した2014年4月以降も、俸給から30%を国庫に返納しているという。ちなみに閣僚は20%、政務官は10%だそうだ。これは、官房長官の会見で、記者からの「国民に寄り添う姿勢を示すため、例えば首相や閣僚が自身の給与を減額、返納する考えはないか?」という質問に答えるかたちで表に出た。つまり、質問されなければ国民は知らなかったことである。

 歳費の国庫返納を、求められる前から実践していたことは、総理また内閣として評価されるべきことだろうと思う。しかし、左系メディアはそう書かない。良い例がハフィントンポストだが、このメディアは記事に「「安倍首相が給与30%返納」ネットで称賛も、新型コロナと無関係」というタイトルを付け、「これを受けてSNS上では新型コロナ対策として、安倍首相が給与を返納していたと受け取る人が相次いだ」と表現し、記事の最後を「(記者)――新型コロナウイルス対策とは関係ないのですか? (官房担当官)「コロナで特別に」という措置ではありません。」と、読者が否定的に受け取るような表現で結んでいる。

 こういう物事の良し悪しを独自のフィルターをかけて(朝日新聞で言う「角度」)報じるから、良いことも良いこととして伝わらない。そして、報道とその露出は、取材の対象で全く異なってくる。総理の給与返納は良いことでも否定的に伝えられるが、特定野党の悪いことについては、ずっと控えめな報道になる。取り上げてもアリバイ程度だ。

高井崇志


 立憲民主党の高井崇志が、緊急事態宣言と都の自粛要請下に歌舞伎町の風俗店に通い、とても恥ずかしいことをしていたことは、昨日簡単に触れた。内容はとてもじゃないが引用すら憚られるものなので、詳しくは文春のサイトでご確認いただくのが良いだろう。だが、メディアの取り上げ方は非常に控えめで、立民党も身内には甘々だ。与党の議員がこんなことをすれば、「離党では不十分!議員辞職すべき!国会で追及する!」などと吠えまくるだろうが、立民党の対応は「離党届を受けず、除籍処分」だそうだ。今までの与党議員に対するバッシングと要求からすれば、議員辞職を求めるのが筋ではないか。

 週刊誌ネタを材料に国会で堂々と質問する杉尾秀哉のような議員は、自分がネタにするメディアですっぱ抜かれた身内の不祥事をスルーせずに批判すべきだろう。また、私が数ある国会議員の中でも●ズ中の●ズだと思っている、同じ岡山県選出の柚木道義は、高井の選挙応援に駆け付けたほどであるにも関わらず、Twitterではこの問題をスルーし、安倍総理への批判を羅列している。本当に愚劣だ。

 同じ立民党のLGBT議員、石川大我(比例)は、3月20日の深夜、新宿2丁目でパトカーをにらみつけながら動画で撮影し、警察官が撮影をやめるように注意すると「オレは2丁目を偉そうに歩き回る警察を撮るのが趣味なんだ」、「警察に肖像権はない」、「名前を言え! 警察手帳を撮らせろ」、仕舞いには「オレは国会議員だぞ! ビビっただろう」などと暴言を吐き、威力業務妨害/公務執行妨害と思しき事案を発生させていたことが発覚した。

 自分の行動を律することができない者には、国会議員など務まらない。その不適格者が、ただ野党だという理由だけで、国会で政府与党を批判し、左派メディアがそれを礼賛して記事にするいまの政治とメディアの関係は、やはり根本的におかしいと思う。立民党はこの2名を、除籍などという甘い裁定でなく、議員辞職を求めるくらいの「公平さ」を示すべきである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/04/16 07:08 ] 政治 | TB(0) | CM(8)
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ