FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2020年03月07日

中共には何も言えず、日本には逆ギレ ~ 南鮮のダブスタを嗤う

← 応援クリック、ありがとうございます。

 安倍総理は支那と南鮮に対し、ビザ効力を停止し、観光客の来日自粛を要請し、中韓2国からの入国者は政府指定の施設などで2週間隔離することなど、武漢ウイルスに対する防疫措置を取った。この措置を巡って南朝鮮が騒がしくなっているが、その喧噪が起きるまで、南鮮という国のことをほとんど忘れていた。何故かというと「どうでもよい国」だからなのだが、彼らは定期的に騒ぎを起こして我々を目覚めさせる国である。

 日本の防疫政策の発表を受け、青瓦台が文字通りの脊髄反射を見せた。冨田駐韓大使が外相の康京和に呼び出され、日本が発表した措置に対する抗議を受けた。康いわく、「複数回にわたって入国制限措置を慎重に検討するよう促したにもかかわらず、日本政府が事前に十分な協議もなく不合理で過度な措置を取った」ことが遺憾だというのだ。青瓦台は、日本に要望を伝えれば、それが叶うのが当然だと勘違いしているようだ。その瞬間にも、武漢ウイルス感染者が増え続けていたにもかかわらず、である。

 この前日、、康京和は、南鮮に対して入国を禁止する国が急増していることについて、「防疫能力がない国が入国禁止というやぼな措置を取っている」と、上から目線のコメントを発していたが、防疫能力を言うなら、先ず、現時点で累計6千名以上の感染者が出ている自国の心配をすべきだろう。今や、南鮮からの旅行者の入国を制限・禁止している国は合計で100カ国となったという。無駄なプライドを誇示する手間は取ってはいても、この数字を観れば、論理的な反論が無理であることは、火を見るよりも明らかだ。

チョ・セヨン外交部1次官


 そして昨日、南鮮は日本人に対するビザ免除措置を、9日をもって停止すると発表した。発給済みのビザの効力も停止する。「相互主義に立った措置」だと言うが、その内容はまるで日本が南鮮に対して取った措置の劣化コピーだ。そしてこれらの措置は、理論的ではなく、専ら感情的である。彼の国では国民健康保険公団理事長なる人物が出てきて、「日本の感染者数は南鮮よりはるかに多い可能性がある」などと言い、加えて「日本が診断と防疫をしないで隠蔽戦略の方向に進んでいる」とのたまったそうだ。

 また、南鮮に対する措置については、支持率が下落傾向にある安倍総理が危機感を持ち、「極限に達してこの措置につながった」などという、妄想も炸裂している。今後、南鮮に対して入国を制限・拒否する側に米国が加わっても、やはり彼らは「日本のせいだ」と言うだろう。南鮮が日本とともに、中共によって入国制限国とされた時点では、彼らは沈黙していた。中共には強く出られないのだ。論理的には、中共と日本は同じ理由で南鮮からの入国を制限している。これぞ、ダブルスタンダードの極みだ。

 中共には何も言えず、日本には逆ギレで猛批判するこの態度を、国際社会は見ている。ことばを発するたびに恥の上塗りをする南鮮に、付ける薬はないと思われる。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/03/07 07:22 ] 外交 | TB(0) | CM(13)
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ