FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2020年03月04日

情報戦に後れを取るな! ~ 武漢ウイルスを他国に責任転嫁し始めた中共

← 応援クリック、ありがとうございます。

 朝日新聞デジタルのページを開くと、右肩に「デマを広げないためには」という見出しが目に入る。説明書きには「どんな情報を疑うべきなのか。自分が広げないためには、どうすればよいのか。」とあり、その内容は、武漢ウイルスをめぐるネット上などの流言に惑わされないリテラシーを身につけることを意図しているもののようだ。

 デマを見分けるなら、朝日新聞の購読はひとつの方法としてありうる。この新聞はよく超弩級のデマ記事を世に出すことで知られるが、その超弩級のデマ以外にも、社説や記事にデマや印象操作が盛り込まれているのだ。ただし、方法論としてはありうるけれど、こんな新聞に金を払うこと自体が無駄なので、結局は相手にしないことが一番ということになる。

 しかし、朝日新聞のような対象は相手にせずという対応が可能であっても、相手にしなければならない相手は存在する。その相手とは、中国共産党だ。いま、中共は、武漢ウイルスの発信源が自国ではないというキャンペーンを、国内外両面に向けて始めようとしている。

 南鮮NAVERの記事であるため、その信憑性には疑問符が残るものの、その記事は、習近平が軍事医学研究院と淸華大学医学院を相次いで訪問し、ワクチンと治療薬の開発に取り組む医療スタッフを激励した際、「ウイルスの起源と感染経路の研究に対する全面的な計画を立てろ」という指示とともに、「ウイルスの発生源がどこから来て、どこへ行ったのかを明らかにしてほしい」と語ったとしている。既に支那の著名な研究者が、武漢ウイルスが武漢に起源をもつわけではないというような発言をしている。著名な研究者とて、その生殺与奪の権を中共に握られていることは自明だ。要するに、中共はその研究者の権威を利用し、武漢ウイルスの責任逃れの布石を打ち始めた可能性があると言うことだ。

習近平


 これに国外の権威が加担すれば、武漢ウイルスの起源は武漢ではないというプロパガンダがより説得力を増す。WHOは既に北京の広報機関と化しており、現状の最大の懸念は支那ではなく、南鮮、イタリア、イラン、日本の4カ国にあると公言している。武漢隠しが開始されているのだ。チープな芝居だが、最近の日本の新聞やテレビの煽りに流されている一部の日本人同様に、世界の情弱はこれに騙される。中共の思うつぼだ。

 昨日の参院予算委員会で、自民党の山田宏氏は非常に重要な点を指摘している。

「中国・武漢発の新型肺炎、これを私は武漢肺炎と呼んでいる。何故呼ぶかというと、この肺炎について新型コロナとか、他のCOVIT-19いう言い方をすると、どこが発症したかわからなくなる。現在、中国の新聞等をみていると、武漢がその発症源ではないということが書いてあったり、または、世界にこれだけ蔓延したのは日本と韓国の対応が悪いからだと言わんばかりの論調が目立ってきた。こういうような状況で、名前を新型コロナと曖昧にしてしまうと、どこにどう原因があったかの究明が忘れられてしまう。私はそういった点で、武漢肺炎と今回呼ばせていただく。」


 過日、蓮舫が「“武漢熱”などと差別的な表現をする自民党議員がいる」と発言していた。蓮舫のような人物にとっては、この山田氏の発言も差別的ということになるのだろう。しかし、事実関係を曖昧にするのはもちろんのこと、このウイルスの蔓延を日本のせいにされてはたまらない。これは情報戦なのだ。あまりに見え透いた中共の手口であっても、反論しておかなければ、中共の思惑通りの線で既成事実化されかねない。

 マスメディアは中共の実態を伝えない。それどころか、マスメディアとは、クルーズ船の乗客感染者を含めて「日本の感染者数」を報道する暴挙まで実行する者たちの集まりだ。中共のプロパガンダに屈してはならない。こういう問題をスルーするようでは、永田町の政治家も国民の代表とは呼べないのだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/03/04 07:10 ] 外交 | TB(0) | CM(10)
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ