FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2020年02月19日

国民生活などどうでもいい野党相手に審議をする必要はなし!

← 応援クリック、ありがとうございます。

 相変わらず、国会が荒れている。昨日は風邪による発熱などでダウンし、会社を休んで家で静養していた。暇だったので、国会の予算委員会を視聴していたのだが、相変わらずの茶番劇が繰り広げられていた。

 いつのまにか、安倍総理を追及する野党の持ち出す宿泊施設が、ニューオータニからANAホテル(ANAインターコンチネンタルホテル東京)に変わっているのだが、いま取り沙汰されているのは、同じ「桜を見る会」前夜祭問題で、同ホテルが発行したとされる見積明細書と領収書だ。昨日の審議で、辻元清美がホテル側から取った「見積書や明細書を主催者側に発行しないケースはなかった」「代金は主催者からまとめてお支払いいただく」「宛名が空欄の領収書の発行をすることはない」との言質を引き合いに、総理を攻め立てた。安倍事務所がホテル側に聞いたところ、辻元にはあくまで一般論で回答し、個別の案件については「“営業の秘密”に関わるため、含まれていないとのことだった」と説明した。

 ところがANAホテル側がマスゴミの取材に対し、「“営業の秘密”と申し上げた事実はない」「一般論として答えたと説明したが、例外があったとはお答えしていない」と言ったことから、話がややこしくなる。立民党のガソプ安住は、記者団に対して「首相側が言ってきた中身を立証しなければならない。書面で回答をもらうまでは、質疑は見送らせてもらう」と審議拒否を示唆。当然と言うか、パヨサイドからはANAホテルマンセーの礼賛が飛び交う始末で、同ホテルは今後、パヨ側のイベント等の予約が殺到するだろう。自民党はもう使わないだろうが。。

安住


 なにかといえば喚き立て、審議中退席の常習犯と化した山井(デマノイ)は、またも質問中に委員会を退席した。労働組合が「会社側と徹底的に戦う!」と、ストをチラつかせているようなもの。まったく、支持母体からノウハウでも伝授したもらったのだろうか。しかし、この辺はシナリオ通りなのである。彼らは、予算委開会前から審議拒否を示唆しており、何かのきっかけで「一斉退場」というシナリオがあったはずだ。そういう姿をテレビ画面で撮らせることこそ、彼らの狙いなのだ。まさに茶番である。

 そもそも、個別の案件にホテル側が答えるわけがなく、個別の件として回答している安倍総理に対し、倒閣野党の連中が一般論で対抗しても、落としどころはない。この話に決着をつけるのであれば、野党が安倍事務所を刑事告発するしかないと思われるが、野党はそういうアクションより、この問題を可能な限り国会で長引かせるほうを取る。彼等にとっての見せ場が無くなってしまうからだ。従って、この国会での政策議論は進まない。1日3億円の血税が、こういうかたちで無駄に消費されていくのである。

 もう、こういう野党の連中を相手にしなくてもよいのではないか。彼らは政策を議論するつもりはない。ただ、抵抗し、審議を妨害することが目的化しているのだ。昨日の予算委員会は、新型コロナウイルス等に関する集中審議だったのだが、出てくる話は「桜」ばかり。国民の生命、健康、ひいては経済をはじめとする生活、活動が脅かされる中、その手の議論をする気がないなら、彼らの姿勢も行動も、すべてが国民に対する背信行為である。こんな奴等、もう無視して政治を前に進めるべきではないのか。

 「桜」だけではない。モリもカケも含め、こんな国会が3年あまりも続いているのだ。国会中継を観ながら、風邪による体調不良がさらに悪化する思いがした。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/02/19 07:08 ] 政治 | TB(0) | CM(12)
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ