FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2020年02月05日

ガソプ安住のメディア評 ~ 朝日・毎日に花丸、日経を「くず」、産経を「論外」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 普段エラそうなことを言っていても、やることに知性とか品性が伴わなければ、そのことばに説得力が宿ることはないし、ともすれば軽蔑の対象となる。誰の事かといえば、我が国の特定野党だ。彼等は、普段からそういう存在なのだ。政府与党を国会で糾弾しても、同じようなことが彼らの過去にアーカイブされているから、ことごとくブーメランを喰らって、ネットでは「どの口が言う」などと嘲笑の的だ。

 そんな野党の筆頭が立憲民主党だが、国対委員長からして知性も品性もないから救いようがない。同党の国対委員長、ガソプ安住が昨日、衆院予算委の質疑内容などを伝えた在京各紙のコピーに花丸マークや「くず」「×」「ギリギリセーフ」「出入り禁止」「論外」といった論評を書き添え、国会内の野党会派控室のドアに貼り出した。ヤバいと思ったのか、貼りだされた新聞は撤去され、安住は記者団に「伝え方が悪かった。反省している」と謝罪したそうだ。

新聞記事をランク付けで掲示 立民・安住氏が謝罪 ハナマル、くず…産経は「論外」 (産経)

 安住氏は「くず」などの論評について、記事が自民党議員の質疑中心だったことに立腹し「思わずペンを走らせてしまった」と説明。「笑い話でやって、記者さんも大笑いしていた。気に障ったとすれば申し訳ない」と釈明した。
 特定の報道機関に取材規制とも受け取れる論評を加えたことについては「(取材規制は)しない」と述べた。政府・与党が同様の行為に及んだ場合の対応を聞かれると「人徳の問題だ。私に人徳がなかった。深く反省している」と答えた。
 また、枝野幸男代表から4日の党役員会で「報道機関にいたのだから、理性的に対応してほしい」と注意を受けたことも明らかにした。安住氏は元NHK記者。


安住(ガソプ)


 さて、安住は各紙の記事をどう評価したのか。画像を確認していくと、安住の評価(太字部分)は下記の通りだ。

日経新聞記事 岸田氏「中間層に分配を」 教育や住宅支援で ポスト安倍、政策鮮明
くず 0点 ×(バツ) 出入り禁止

東京新聞記事 「それでも結集を諦めるな」
花丸 「すばらしい」

読売新聞記事 「中東派遣・新型肺炎…衆院予算委 野党、政策論争に注力」
ギリギリセーフ

朝日新聞記事 首相、他議員も「問題ない」 「桜」夕食会の収支不記載 衆院予算委
花丸

毎日新聞記事 衆院予算委 「桜」首相答弁ほころび
花丸

産経新聞記事 「政府に注文 自民存在感」
論外


 朝日、毎日は安定の花丸だ。哀れ産経は「論外」と評価され、意図的に他紙から離された最下部に貼られている。まぁ、産経新聞にとって、特定野党から「論外」と評されることは、逆に名誉かもしれない。

特定野党の新聞貼り出し


 安住はこの知性も品性もない行為を指摘され、「伝え方が悪かった。反省している」と言っている。しかしこれは、伝え方の問題ではない。可能性はゼロに近いが、彼らとて政権を獲る可能性は皆無ではない。仮に彼等が政権を獲ったとき、特定の新聞に対して批判的な態度を取ることが何を意味するかを、深く考えるべきなのだ。悪かったのは伝え方ではなく、その行為そのものだ。

 安住はまた、政府・与党が同様の行為に及んだ場合の対応について「人徳の問題だ。私に人徳がなかった。深く反省している」と答えている。徳とは、「身についた品性。社会的に価値のある性質。善や正義にしたがう人格的能力」のことを言うそうだから、こちらの方がまだ近いだろう。その「不徳」に、深く考えることができない軽率さを付け加えるべきだ。リベラルとは本来、寛容さを備え持つものだと思うが、パヨクは自分たちの価値観以外のものを認めず、考え方が異なる側を否定することでしか自己を顕示することができないのだろう。

 安住に花丸を付けられる朝日や毎日のような新聞は、「信頼できないメディア」であることを証明されたようなもの。産経はむしろ、「論外」と評価されたことを「名誉」として喜ぶべきだろう。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/02/05 07:08 ] 政治 | TB(0) | CM(8)
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ