FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2020年01月23日

コロナウイルスの水際対策にはお粗末すぎる「質問書」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 支那では今月25日に、春節(いわゆる旧正月)を迎える。2週間で30億人が動く、一年で最大の民族大移動の時期だ。その春節を間近に控えたいま、最も注目されているのが、新型肺炎の「コロナウイルス」だ。支那の保健当局によれば、患者の数はこれまでに440人、死者は9人に上っているという。加えて、「ウイルスは変異する可能性がある」とし、パンデミックの可能性を示唆している。

 ジャーナリストの近藤大介氏が、JBpressで、武漢市の医師の話を上梓している。

 私は現在、もう2週間も残業づけの日々を送っている。昨日からようやく、世論は少し緊張しだした。だがわれわれが了解している状況は、一般の人々が最悪の事態と考えているものよりも、さらに深刻なのだ。
 鐘南山院士はメディアで、比較的穏当に述べた(1月20日に、かつてSARSと戦った元広州病院長の国家衛生健康委員会・鐘南山院士、84歳が、中央広播電視総体のインタビューに答えた)。だが彼は、武漢に視察に来た後、『直ちに武漢全体を封鎖すべきだ』という意見を述べたのだ。この意見を国務院は否決してしまった。

 武漢の人口(約1100万人)や、交通の要衝であることを考慮すると、すでに中国全土の都市にあまねく、患者は広がっているはずだ。それを報道するかしないかという問題だ。
 私の個人的な感触では、実際の感染規模は、2003年のSARSをすでに超えている。致死率のデータも曖昧になってしまっているようだ。いまは病毒が、さらに突然変異しないことを願うばかりだ。


 中共はメンツを重んじると言われるが、その重んじるレベルは日本では考えられないものだ。まず、彼らは、メンツを保つためなら、人権や人命などを軽く扱う。国の考え方が「すべては共産党のために」だから、人権や人名のプライオリティが極めて低い。かつて鉄道事故があった際、原因を調査する前に、被害者ごと電車を埋めた事件があった。残念ながら、それが彼らのやり方であって、その基準が外国人に適用される可能性は極めて高い。

コロナウイルス


 米国でも21日、武漢を旅行して15日にシアトルの空港に到着し、体調不良を訴えていた男性が、このウイルスに感染していることが確認された。アジア以外では初だという。同じ日に、台湾でも感染者が出た。日本でも感染者が出たのは既に報道されているが、他にもタイ、南朝鮮でも感染者が発見され、オーストラリアでは一人が隔離中だという。米当局は、主要空港での検査強化を発表し、北朝鮮は外国人観光客の受け入れを一時的に停止している。台湾も、武漢との団体観光の往来禁止を決め、蔡英文総統は支那当局に対し、感染情報の完全な公開を要求している。

 さて、日本はどうか。774人が死亡したといわれるSARSを「すでに超えている」と言われるコロナウイルスへの対策は、極めて弱いと言わざるを得ない。

菅官房長官は、閣議のあとの記者会見で、「決定した対応方針に基づき、中国・武漢から航空機で入国する人に、健康状態を確認するための質問書を新たに配布するなど、水際対策を強化することにしている」と述べました。


 水際対策が「質問書」だという、脱力させる対策なのだ。当然ながら、サーモグラフィー(体温センサー)など、科学的な対策も併行して進められていると思うが、まさか「質問書」で防げるとは思っていまい。観光客は、隔離され、最悪の場合は強制送還されることを嫌い、多少の体調不良なら申告しないだろう。そもそも、感染者である可能性の有無を「自己申告」に頼るのは対策とは言えない。

 春節の時期の銀座は、日本人が寄り付かなくなるほど、多くの支那人で溢れる。銀座だけでなく、最近の日本旅行ブームは、多くの支那人を日本全国に送り込む。最大の水際作戦は「入国拒否」だ。かなり難しい注文になるだろうが、少なくとも武漢からの流入は阻止すべきではないか。彼の地の医師が、「直ちに武漢全体を封鎖すべきだ」という意見を述べているほどだ。ことは安全保障の問題であり、パンデミックが起こってからでは遅い。

 安倍総理は、水際対策の強化とともに、習近平に対し、可能な限り高いハードルを設定した対応を要求すべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/01/23 07:10 ] 社会問題 | TB(0) | CM(5)
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ