FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2020年01月18日

河村健夫がソウルで切った、日本に大迷惑の空手形

← 応援クリック、ありがとうございます。

 日韓関係を考える時、我々は南朝鮮を批判することが多い。もちろん、彼らは批判されて当然の外交を展開しているし、反日を推奨する中で全体主義的な対日観を形成しているので、「反日無罪」の基本原則のもとで、彼らは日本に対して何をやっても、何を言ってもいいと信じている。

 しかし、真の敵は日本にこそ存在する。そのひとつに朝日新聞があるが、彼らは朝鮮にシンパシーを感じることを隠しもせず、自国に対してより厳しい態度で臨むが、日韓関係をこれだけ悪くした原因のひとつに、彼らの報道がある。代表的なものに、いわゆる「慰安婦報道」があり、朝日はもともと反日を国是とする朝鮮と日本の間に火をつけ、捏造報道まで駆使して、それを散々煽ってきた。

 もうひとつは議員外交だ。手っ取り早く言えば日韓議員連盟である。この議連の連中は、とにかく南鮮と仲良くすることが目的化していて、そのためなら大抵の無礼を不問に付す。それどころか、南鮮に対して日本の誤った情報を流すという点において、彼らは朝日新聞と同じだ。日韓議連幹事長の河村健夫が、南鮮で朝鮮日報のインタビューに答えているのだが、その内容が酷いのだ。

 「文喜相案が国会を通過し、そうした対話が行われれば、安倍首相も両国関係を戻すのに何の問題もないだろう」
 「ホワイトリスト問題(輸出規制問題)はかなり協議が進んでおり、協議がなされれば復元はそう難しくない」


 文喜相案というのは、いわゆる「自称徴用工」らに対し、日本と南鮮の企業が自発的に拠出する寄付金と個人の寄付金を賠償にあてるというものだ。これは一見、請求権が消滅した両国の約束をたがえず、自発的な寄付というかたちでその約束を迂回した補償だ。安倍総理も「強制執行の前に法整備できるならいい」と言ったと噂されているが、真偽のほどは不明だ。

 だが、文喜相は同時に、「日本企業の責任が消滅するものではない」と公言し、それを国会議長ホームページに掲載している。つまり、責任が消滅していない以上、「おねだり」も「おかわり」も可能だということだ。南鮮は未来に渡って、徴用工、慰安婦という対日カードを手放すことはない。安直に日韓関係を戻すことをしたなら、批判の矛先は安倍総理に向かう。仮に、「安倍首相も両国関係を戻すのに何の問題もないだろう」という説明が、既定路線を作って、無理やり安倍総理の判断をその路線に沿うように誘導しようとするものなら、極めて悪質だ。

河村健夫(中央)
河村健夫(中央)


 「文喜相案が国会を通過するなら、日本企業や国民も(基金を)出すと思う」
 「例えばユニクロなど、両国間貿易で利益を得ていた企業は多いが、そうした企業は出すだろう
 「ユニクロ側に(基金を出すか)聞いてはいないが、韓国でたくさん売り上げたので両国関係が早く良くなることを願っているだろう」


 ユニクロが基金を出すかどうかは知ったことではない。しかし、確認をとっていないユニクロが基金を出すというなら、企業側も迷惑だろう。安請け合いとか空手形の類だが、こんな希望的観測や憶測で相手をミスリードすれば、それが叶わなかったとき、再びユニクロが攻撃の的となる。河村はそのことに責任が持てるのか。

 日韓議連と河村健夫というのは、本当に迷惑な存在だ。河村は、「日本側からは(2018年の)平昌冬季五輪に安倍晋三首相が出席しただけに、当然、今回は文在寅大統領が出席してくれることを期待している」と語ったそうだが、どの程度の国民がそれを願っているのか。放射能だの旭日旗持ち込み反対だの、難癖をつけるだけの彼等は、東京五輪では決して歓迎されない。まして、その国の「反日のリーダー」の出席は、大きなブーイングとともに拒絶の対象となる。

 日韓議連は必要ない。議員外交も、国家のためになるものとならないものがある。日韓議連は後者の代表格だろう。彼らにぶつけることばは、「余計なことはするな」以外にない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/01/18 07:19 ] 外交 | TB(0) | CM(5)
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ