FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2020年01月13日

朝日新聞は、“あの社旗”を掲げて戦争を煽った「暗い記憶」に答えよ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 朝日新聞が11日に掲載した社説、「東京五輪の年に 旗を振る、って何だろう」。読んでいて、この社説には朝日新聞の思想、イデオロギーが凝縮されていると思った。

 国旗「日の丸」は国家の象徴である。古くから国旗として親しまれてきた日の丸は、戦後サヨクが敵視し、日教組を含む自虐史観に凝り固まった勢力の妨害に晒されて続けていたが、平成11年の「国旗及び国歌に関する法律」の成立により、公式に日本の国旗として定義されている。その法律に反対したのが、現在の野党第一党の代表である枝野幸男をはじめ、陳さん、民民党の原口、前原誠司、共産党、社民党の面々だ。後に総理大臣となった菅直人も、反対した一人である。

 反対の理由は、個人が法制度によって縛られるべきではないという権利偏重主義のほか、戦争中に侵略の旗印として使った旗を国旗として認定すべきではないというものだった。そのサヨクの伝統は、今も朝日新聞によって継承されている。

(社説)東京五輪の年に 旗を振る、って何だろう (朝日新聞)

 「日の丸」に対しても、複雑な感情を抱く人々がいる。
 戦後75年が過ぎても、そうした人々から見れば、日の丸を掲げる行為そのものが、侵略戦争の暗い記憶を呼び起こすものにほかならない。(抜粋)


 「侵略戦争の暗い記憶」というのは、誰の記憶のことを指しているのか。恐らく2通りあって、ひとつは朝日の言う「侵略を遂行した旧帝国軍人や先の戦争に否定的な日本人」であり、もうひとつは、朝日が言う「侵略を受けた側であるアジア諸国」という建てつけだろう。しかし、朝日はその複雑な感情を抱く人々が、全体のどのくらいを占めるのかを言わない。個人的に思うに、日の丸を否定的に見る日本国民は相当なマイノリティだろう。そのごく一部の人々に全体を合わせるべきだとするなら、それは勝谷誠彦氏が生前によく言っていた「バカ基準」と同じものだろう。

日の丸


 東京五輪で旭日(きょくじつ)旗を振るのを禁止すべきだ――。最近、韓国の人々からは、そんな声も伝えられる。旭日旗は旧日本陸海軍の旗であり、いまも海上自衛隊の自衛艦旗である。
 日本政府は「(旭日旗が)政治的主張だとか軍国主義の象徴だという指摘は全く当たらない」と反発している。
 そう簡単に言い切れるものだろうか。
 昨年のラグビーW杯の観客席でも一部で旭日旗が振られた。わざわざ国際競技の場に持ち込む人の目的は何だろう。快く思わない人たちがいることがわかっている旗を意図的に振る行為に、「政治的主張」はないといえるのだろうか。
 旗がまとう背景や、使う人の意図によって旗は色々な意味を映す。受け止める人次第で見え方が正反対になることもある。(抜粋)


 この論説も、旭日旗をの是非ではなく、否定することから始められている。南朝鮮がいつから旭日旗を敵視するようになったかは、拙ブログでも散々書いてきたが、その歴史は浅い。2011年のアジアカップ準決勝の日韓戦で、南鮮サッカー代表の奇誠庸(キ・ソンヨン)がPKを決めた後、猿真似パフォーマンスで日本人を侮辱する行為を行った。奇は「観客席の旭日旗を見て涙が出た」と言い訳をしたが、それは後に嘘であると判明している。ところが南鮮民族は、この奇の主張を利用し、旭日旗批判を開始した。つまり、ほぼすべてが「後付け」なのだ。

 南鮮の旭日旗批判の正当性など、議論しても無駄である。彼らはロジックよりも感情を重んじるから、議論などは不毛だ。しかし、旭日旗批判のスタートと、その背景を考慮すれば、それが如何に無理筋であるかは明白だ。朝日の場合、「戦争の暗い過去」、「アジアを蹂躙した侵略戦争」という要素から「快く思わない人たち」の主張を擁護するが、現時点でその「快く思わない人たち」は南鮮以外ないのではないか。

 国民が国旗や準国旗を自由に振れないのは悲劇だ。その悲劇を積極的に起こそうとしている朝日新聞の悪意を見ると、彼等が「日本人のための新聞」ではないことがよく理解できる。朝日はそろそろ、社旗を変更したらいかがか。朝日の社旗の歴史は、1879年まで遡る。この社旗を掲げて戦争を煽った「暗い記憶」に対しての朝日新聞の立場、主張を、聞いてみたいものだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/01/13 11:22 ] メディア | TB(0) | CM(11)
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ