FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2020年01月

民民党原口氏によれば、「中国も民主主義国家」なのだそうです…(呆)

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨年12月、民民党の原口一博が、桜を見る会「追及」の過程で、官僚を相手に「あなた方が僕らの政権の時にいたら、真っ先に役所を去ってもらうと、いうリストに入る。脅しじゃないんですよ」と恫喝し、炎上した。民民党が政権を担うことはないから、この恫喝は現実化しない。現実化しないが、この一節は紛れもない禁じ手であり、決して容認できるものではない。

 この件について原口自身は、「パワハラとの認識の発言ではない。「激励、という意味だ」と釈明しているが、こういう後付けの言い訳ほど説得力がないものはない。安倍政権の失点を誘うことに必死が故に、こういう不規則発言をしてしまうのだろうが、社会通念上、許されぬ発言であり、原口は潔く失言を認め、官僚に対して謝罪すべきだった。

軽薄な政治家、原口一博


 この失言で批判を浴びた原口だが、Twitter上でバトルを繰り広げ、再び馬脚をあらわした。そのツイートがこれだ。


 原口によれば、中国は民主主義国家なのだそうだ。中国の友人とやらが原口に注入した知識なのだそうだが、それを信じて「中国も民主主義国家です」と断定的に言うに及んでは、不見識、不勉強を超えて、哀れというしかない。

 民主主義とは、手っ取り早く言えば、人民が権力を有し、それを行使する政治形態のことで、その要諦として国民主権、基本的人権、法の支配、権力の分立などが挙げられる。その定義に照らし合わせたとき、彼の国は民主主義国家であり得るのか。答えは自ずと出る。

 いわゆる中国が共産党一党独裁の国と言われる所以は、彼の国の場合、一般的な統治機能の上位に共産党が存在するからだ。人民解放軍は厳密に言えば国軍ではなく、共産党が所有する軍隊である。中国では指導者を選出する選挙がない。人民には選挙権がなく、国のリーダーは共産党が決める。しかるに、人民が権力を有し、それを行使する民主主義とは対極にある政治形態だ。中共が、他者からの批判を内政干渉だと退けるウイグル、チベット等においては、人権は皆無だ。挙げ出したらきりがないほど、彼らが民主主義国家ではない要因に困ることがない。

 おまけに原口は、漫画家、評論家である孫向文に、こんなツッコミを喰らう始末だ。


 作家の百田尚樹氏は、原口のツイートに対し、「グーグルアースで尖閣諸島を監視すればいいと言ったのは、笑える無知だが、この無知は笑えない。」とツッコんだ。まさに、笑えない無知であり、唖然とさせる不勉強だ。

 こういう議員は一度辞職し、一から出直すべきだ。それとも、官僚への恫喝の時と同じく、この無知、不勉強を「政治家のレトリックだ」などと言い訳するのだろうか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2020/01/19 07:22 ] 政治 | TB(0) | CM(1)
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ