FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2019年12月19日

思想、言論の自由のない国とは、何を約束しても無駄である

← 応援クリック、ありがとうございます。

 アマゾンでベストセラーとなっている「反日種族主義」。南鮮ではびこる「ウソの歴史」を紐解いた名著だが、反日教育に毒され、洗脳されてきた民族にとって、この書籍の主張は受け入れ難いらしい。そもそも南鮮では、日韓の固定された歴史認識を覆す言説を唱えると身に危険が及ぶというのは定説だ。「反日種族主義」の著者、李宇衍氏も例外ではなく、ソウルで襲われたという。

 【ソウル=名村隆寛】日韓でベストセラーとなった「反日種族主義」の共同著者で、韓国・落星台(ナクソンデ)経済研究所の李宇衍(イ・ウヨン)研究委員が18日、ソウルの日本大使館近くで集会を開いていたところ、サングラスの男に襲われた。警備中の警察官が男を制止し事情聴取した。李氏にけがはなかった。

 李氏は、韓国で浸透している「日本軍慰安婦は性奴隷」などの主張が、事実に反しているとの立場。大使館前に設置されている慰安婦像の撤去と大使館前で開かれていた日本政府糾弾集会の中止を求め、数十メートル離れた歩道で数人の支援者と集会を開いている最中に襲われた。(以下、略)


 くだんの男は、李氏に近寄り、いきなり素手で襲いかかったそうだ。警察官が制止したが、「こいつ(李氏)を殺しに来た!」と何度も叫んだというから物騒極まりない。

李宇衍氏


 そういえば、南鮮のある歌手が、Instagramに日本の料理と写真を投稿したところ、「親日派」「売国奴」などとバッシングを受けたそうだ。その歌手は、「私が日本で感じたのは、日本の人たちは歴史教育を受けておらず、われわれが忘れることのできないことを、そもそも習ったことがなく、関心もない。(私が)それを伝えられる懸け橋ではないか、そのような使命感を抱いている。歴史意識がねじ曲がった人間ではない」と釈明したそうだ。日本食の写真をSNSに載せるだけで売国奴となるのを見ると、彼の国では民間による検閲が行われているようなものだ。

 南鮮には思想や言論の自由など存在しない。今年10月、ある高校の学内マラソン行事で、生徒たちが教師たちの要求で反日スローガンを叫んでいる動画がSNSに投稿された。投稿者である高校生は「政治偏向教育の実態だ」と批判したのだが、これに逆ギレした高校側は、生徒に対して、動画に映った生徒に対する書面謝罪と15時間の社会奉仕措置を下し、生徒の両親にも5時間ずつの特別教育を課したという。

ad0f5b58.jpg


 写真や動画では、個人の情報が過度に出回らないよう、顔にはモザイク処理がされていたという。それでも学校側は「不特定多数に公開されるのを嫌がる個人の意思を十分に尊重しなかった」という理由を付けた。明らかに、不当な教育実態が露呈されることを嫌った報復である。今回、学生の投稿によって、高校の現場で反日教育が供用されていることも判明した。

 ことほど左様に、彼の国では親日という思想、信条、言論は弾圧されるのである。いわば反日全体主義であり、日本に譲ることなど許されない。だから、元首が文在寅であろうと誰であろうと、この国との対話や協議などは無意味であり、やるだけ無駄なのだ。過去の約束を反故にし、決着した問題を蒸し返すのは、彼らの国是なのだ。今後、南鮮との約束などは一切しないことだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/12/19 07:10 ] 外交 | TB(0) | CM(6)
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ