FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2019年12月17日

「桜を見る会」追及の“急先鋒”黒岩宇洋に、買収疑惑の特大ブーメラン

← 応援クリック、ありがとうございます。

 立憲民主党の黒岩宇洋といえば、「桜を見る会」問題を追及する急先鋒だ。シュレッダー視察を引率し、紙を処理して喜んだり、安倍総理の地元である山口県下関市に出張って現地調査なるものを敢行している。聞けば「桜を見る会追及本部」の事務局長だそうで、この機会を最大に活用すべく、メディアへの露出を重ねている。野党議員は、政権を強く批判すればするほどメディアに多く採り上げられるもので、その典型例が辻元清美なのだが、黒岩も辻元路線を行くつもりなのだろうか。

黒岩宇洋


  だが、かつて逮捕され、議員辞職した辻元と同じ運命が、黒岩にも迫っている可能性がある。ブログ「報道を斬る!」さんがすっぱ抜いたスクープだ。黒岩ら特定野党の追及本部の連中の主張は、、ホテルニューオータニで開いた安倍総理後援会の夕食会の一人当たりの会費「5,000円」が安すぎるとし、その安すぎる5,000円で足りなかった費用を安倍事務所が補填していた場合、その行為自体が公職選挙法違反に当たるというものだった。だが、黒岩自身がそっくりそのままの行為を、2015年にやっていた疑惑があるのだ。

 黒岩の後援会の政治資金収支報告書を見てみよう。黒岩の後援会は2015年6月、バス旅行をしている。旅行の支出は5,445,000円であると、収支報告書の支出部分で確認できる。

黒岩宇洋 政治収支報告書11


 報告書の収入の部を見てみると、バス旅行の収入は5,330,000円となっている。他の収入部分を確認しても旅行に関する収入はないから、この時点で旅行は115,000円の赤字だ。

黒岩宇洋 政治収支報告書3


 そして、旅行の直後の7月1日、黒岩自身が700,000円を自分の後援会に寄付している。外形的に見れば、この寄付が旅行の赤字を補填しているかのように映る。タイミングもピタリと一致する。

黒岩宇洋 政治収支報告書5


 どう見てもクロだ。立憲民主党と黒岩にとっては特大級のブーメランということになる。繰り返しになるが、彼のロジックでは、こういう買収行為は議員辞職に相当する。そういって彼らは安倍総理を追及してきたことを、誰もが知っている。しかし、安倍事務所の文書にはその「補填」らしき部分は見当たらない。証拠がない以上、彼らのやっていることは印象操作以外の何物でもないのだが、自分自身の文書に公職選挙法違反と思しき「証拠」が出てきた以上、黒岩と立憲民主党は、安倍総理に求めていた「説明責任」を果たさなければならない。

 黒岩宇洋に逃亡は許されない。しっかりと説明責任を果たした上で、事実であれば潔く辞職すべきである。


※参考ブログ:「報道を斬る!:桜を見る会の前日のパーティーで5000円の会費が安い!とか言ってる黒岩宇洋。でもって、黒岩氏の収支報告書を調べてみた。完璧黒岩宇洋個人が補填してました〜!」(URL


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/12/17 07:07 ] 政治 | TB(0) | CM(5)
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ