FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2019年12月06日

青瓦台要人が示唆する「南北の赤化統一」に備えよ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 中国の王毅外相が訪韓している。王毅はソウルで開かれた康京和との外相会談において、とんでもないことを語っている。

「中国は終始一貫して独立的かつ自主的な平和外交政策を遂行してきた。大国であれ小国であれすべて平等であることを主張し、国際関係の民主化を主張している」
「中国は大きな国が小さな国をいじめることに反対し、自分の力だけを信じ弱い者いじめに反対し、他人に強要することに反対している。もちろん、他国の内政に干渉することも反対する」


 いったいどの口が言うのだろうか。世界広しと言えども、支那といえば、弱い者いじめの筆頭格だ。途上国等相手にサラ金並みの高利貸し業を国家として営み、金が返せないとわかったら領土を分捕る。属国である南鮮にはTHAADを配備するなと圧力をかける。そもそも、東トルキスタンやチベットで中共がしている残虐行為は、「弱いものいじめ以下」のことだ。言ったもの勝ちだと思っているかは定かではないが、フェイク国家の外相ともなると、こういう嘘やプロパガンダを真顔で発しても、恬として恥じないらしい。

 中共の指導者連中が言うことはほとんどがフェイクだと思っていいと思うのだが、それでも彼等には策略を腹に持った狡猾さというものがある。褒めているわけではないが、それが支那人である。だが、これが南鮮民族となると話が違う。彼らの発言には短絡性が顕著で、はっきり言えば「天然」に近いのだ。文在寅政権になって、極左が青瓦台の主要部分を担う状況が続くが、最近ふたつの問題発言が出てきている。

 ひとつは、文政権で大統領統一外交安保特別補佐官を務める文正仁(ムン・ジョンイン)。この人物は、国立外交院の外交安保研究所が開催した国際会議で、「もし北朝鮮の非核化が行われていない状態で在韓米軍が撤退したら、中国が韓国に『核の傘』を提供し、その状態で北朝鮮との交渉をする案はどうだろうか」と述べたそうだ。

文正仁



 南鮮は伝統的な事大主義国家だ。古くから支那の属国としての道を歩み、先の大戦が終了したとき、はじめてまともに独立国家としての歩みを始めた。彼等のフェイク歴史認識においては「日本と戦って独立を勝ち取った」となっているが、早い話が米国に「独立させてもらった」のだ。事大主義が残っているのは、彼らが有史以来、そういう生き方をしてきたからである。だが、現在は、“一応”は米国と同盟関係を持つ西側の一員だ。たとえ仮の話だとしても、「中国の核の傘を南鮮に」などという発言を、米国は看過しないだろう。もし真面目に考えてこんな発言をしたのであれば、彼はウルトラ級のバカだ。

 もうひとつは、南鮮統一部長官の金錬鉄(キム・ヨンチョル)の発言だ。この金という人物、南鮮プレスセンターで開かれた討論会で、「北が歩むという新しい道とは何か」という質問に対し、「(北の)各種多様な方式の短距離(弾道)ミサイルによる抑止力強化」と答えたのだそうだ。このロジックで行くと、「北のミサイル発射は米韓に対する抑止力」であるということで、挑発しているのは米韓だということになる。話がまるでさかさまになっている。

金錬鉄


 この金という男、先月亡命した北朝鮮船員2人に関連し、その事案を6日間も放置した上で、船員が「『死んでも戻る』と語った」と嘘を言って国外追放にしたという。常に平壌の意向を意識しながら執務しているということである。北朝鮮が、南鮮に開発を認めている金剛山観光施設「爆破」を暗示する「断固たる措置」を公言した際、「北さえ呼応すれば直ちに実践可能で協力できる分野が多い」と的外れなことを言っており、中央日報が「いったいどこの国の長官なのか分からない」と批判している。

 ことほど左様に、青瓦台を牛耳る赤い勢力は、南鮮の「レッドチーム」入りの可能性を極めて高いレベルまでもっていっている。ふたつの問題発言の底意には、「中共を後見人とした赤化統一」という構図が透けて見える。文在寅があと2年半近くある任期いっぱい国政を担えるかどうかは不透明だが、仮にその場合、この路線は強化されるだろう。

 南鮮はレッドチーム入りを望んでいる。その将来像を見据え、日本政府は対韓外交を再構築すべきだろう。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/12/06 07:09 ] 外交 | TB(0) | CM(8)
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ