FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2019年12月04日

森ゆうこと石垣のりこはに求められる説明責任、謝罪と撤回

← 応援クリック、ありがとうございます。

 一昨日、ブログで取り上げた石垣のりこ立憲民主党参議院議員による、高橋洋一氏を名指しした「レイシスト、ファシズム」についてだが、石垣は謝罪するでもなく、明確な言及を避けたままの状態が続く。この件について複数のメディアから取材依頼を受けているとのことだが、昨日のツイートでは「公職者ですから憲法秩序と相入れない人物や組織に発言や正当化の機会を直接的に与えるわけにはいきませんよねぇ」と、意味不明なことを呟いている。

 野党の連中は「説明責任を果たせ」と権力に迫るものの、自分の責任には一向に無頓着のようだ。高橋氏は党代表の枝野に対し、「党代表としての見解を教えてください」と投げかけているが、枝野は今のところ無視を貫く。要するに、逃げているのだ。一般人への名誉棄損に当たる発言であり、この発言の主が与党議員であれば、枝野をはじめ、野党の連中は騒ぎ立てるだろう。「お前らのスタンダードはどこにあるのか?」と聞いてやりたい。

 与党議員のなかにもどうかと思う議員はいるにはいるが、ここ最近の野党のクズっぷりには辟易とする。ほとんど「議員として」という資質以前に、「人として」という疑問符がつく言動が多い。「桜を見る会」でのパフォーマンスはひとことで言えば醜態だが、そういう税金泥棒行為以前に、他者に対する礼儀、礼節を甚だしく欠く言動が散見される。石垣のりこはその典型例だが、それ以前に糾弾されるべきは森ゆうこだ。

 政府の国家戦略特区ワーキンググループ座長代理の原英史氏らが一昨日、山東昭子参議院議長に対し、森に対して除名などの懲罰に処すとともに、再発防止策の検討を求める請願を提出した。維新の浅田議員の紹介によるもので、賛同者には前述の髙橋洋一氏、ほかにも池田信夫氏、岸博幸氏、新田哲史氏、屋山太郎氏ら、広く知られる言論人も名を連ねている。このメンツは、原氏がChange.orgで起こした署名活動「国会議員による不当な人権侵害を許さず、 森ゆうこ参議院議員の懲罰とさらなる対策の検討を求めます。」の発起人と同じだ。

原英史氏らの請願


 森は10月15日の国会で、原氏が不正行為を行ったかのような発言を国会で繰りかえし、「国家公務員だったらあっせん利得、収賄で刑罰を受ける」、「原氏が財産上の利益を得た」と断罪した。森が国会で用いたのは毎日新聞の記事だが、原氏は毎日新聞に名誉棄損の訴訟を起こしたが、毎日新聞社は「原氏が金銭を受け取ったとは報じていない」と、ベタ降りの状態である。既に勝負ありの展開だが、森は自身の発言について一切の謝罪を拒んだままだ。それどころか、11月7日には国会で、原氏の自宅住所が記された資料を配布し、一時、その資料を黒塗りもせずにそのままホームページに掲載した。あり得ないことである。

 国会議員には、院内での発言に責任を問われないという特権がある。高須クリニックの高須克弥院長が、「大量の陳腐なテレビ広告を流している悪徳ビジネス」と高須クリニックを揶揄する発言を行った大西健介(当時、民進党)を名誉棄損で提訴したが、裁判所はこの訴えを棄却している。原氏は免責事項や高須院長の事例を知っていて、あえて署名活動に出たのだ。

森ゆうこ


 言動への責任は、なにも政府や与党議員にのみ求められるものではない。同じ国会議員として、野党議員にも等しく求められるものだ。一般社会でも、間違いがあれば訂正し、謝罪するものだ。それが著しく人の名誉や信用を傷つけるものであれば、当然ながら院内外にかかわらず、法的な責任以前に倫理上の責任は求められる。野党の連中の「言った者勝ち」という無責任の慣習は終わらせるべきだ。石垣のりこと森ゆうこは、自身の発言に対し、万人が理解できるような説明責任を果たすとともに、謝罪と撤回をするべきである。これを放置するようでは、野党のみならず、与党の姿勢も同時に批判の対象となる。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/12/04 07:10 ] 政治 | TB(0) | CM(2)
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ