FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2019年11月17日

野党による森友デジャヴのパフォーマンスと、陰謀論という思考停止

← 応援クリック、ありがとうございます。

 本当に本当に、心底クダラナイと思える「桜を見る会」に対する野党の徹底追及だが、昨日、野党合同追及チームの代表が安倍総理の事務所を訪れ、公開質問状なるものを手渡したという。地元でツアーへの参加者を募った経緯や、前日に開かれた「前夜祭」の支出に関する質問だそうだ。これは森友劇場と同じアクションで、権力の疑惑を追及するというパフォーマンスだ。NHKから日経、産経までが記事にしているということは、彼ら追及チームが「今から行くからな?ちゃんと撮れよ?」という連絡を事前に入れていたということだ。

 彼等にとっては、テレビや新聞が採り上げてくれることこそが成果である。間抜け面をテレビカメラの前に晒し、「我こそは正義の味方」とほざいたところで、「じゃあお前ら、森友で結果出したのか?」と聴かれてしまったら終わりである。情けないのは、彼らが安倍事務所を訪れた直後に、安倍総理がぶら下がりで記者に対し、小学生にも理解できるような丁寧な説明をしたことで、その間抜けさが更に度合いを増したことだ。有権者はこのアホ面を、よく覚えておくべきだろう。

立民党黒岩と共産党田村
立民党黒岩と共産党田村


 安倍総理はきちんと説明責任を果たしたが、野党はその説明をまともに受けることはないし、追及も止めないだろう。何故か。それは彼らには他にやることがないからである。こういう阿呆な連中は、立法府に籍を置きながら、立法などに興味はない。政権を追及することによって、次の選挙で党からお墨付きをもらい、反自民層を取り込むことだけが仕事なのだ。

 彼らにとって、安倍政権は悪でなくてはならない。ちょうど、南朝鮮にとって日本と日本人が邪悪でなければならないのと同じだ。そしてそういう情けない人々は、著名人、芸能人の中にも存在する。


 個人的には、陰謀論などというものは、思考を停止した、もしくは思考することを自ら放棄した愚か者のなせる業だと思っている。ラサール石井にとっては、薬物で逮捕された沢尻エリカも政権の生贄だそうだ。「冗談じゃなく」とわざわざ言っているのだから、彼は真剣なのだろう。真剣であるが故に、陰謀論まで使って政権批判をする者の度し難い愚かさが伝わってくる。

 根拠なしの批判は卑怯者の証だ。たいそう優秀な学校を出ているのだから、野党やメディアの政権批判に辟易としている我々を、知性で論破して欲しいものである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/11/17 07:19 ] 政治 | TB(0) | CM(9)
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ