FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2019年11月11日

サンモニの放送事故と青木理の薄っぺらい「ネトウヨ」レッテル張り

← 応援クリック、ありがとうございます。

 11月10日のサンデーモーニングで奇妙な現象が起こった。

 青木理が黒板を使って今の日韓関係を解説した。「1965年の日韓基本条約および請求権協定の締結によって、国交を正常化した日本と南鮮。だが、それらの条約は、時の日本政府と朴正煕独裁政権の間の政治的妥協の産物であり、朴正煕は民主化運動を弾圧した。現在、そのとき置き去りにされた個人の人権や補償、事実の究明などを求めた民主化運動を背負った、人権、補償などを重要視する人たちが政権に就いており、日韓の間で葛藤が生じている。日韓にはデメリットもあるが、南鮮が弱って歩み寄っているいま、過去の歴史を振り返り、1965年の政治的妥協で解決済みというのは経済や交流などのメリットを失いかねない」といった趣旨だ。

 コメントを求められた佐高信は肯定的に論評したが、そのあとのコメントした田中秀征は、青木の解説を全否定した。「2005年の廬武鉉政権で調査委員会まで作って検討した結果、解決済みだと言うことを認めた。今の大統領も、廬武鉉政権のなかに一体化して、一番重要な部分に居た。あとは今までこちらがかけた迷惑もあるから、友好的に一所懸命やっていこうという気持ちになった。青木は承知の上なんだろうけれど、彼の話の中には2005年のことは出てこない。こういうことをされたら付き合いきれない。南鮮がGSOMIA破棄を止める可能性が高まっているが、そうしたら必ず輸出規制を止めろとくる。でも徴用工の問題は違う。僕は政権と同じ姿勢だ」ということだった。

青木理


 これは、サンモニにとっては放送事故に近い。青木は、文在寅政権の立場を代弁し、青瓦台の広報担当としてこの番組で「歩み寄り論」を述べたのだし、番組的には青木説を全面的にプッシュするつもりだったのだろう。しかし、元政治家としての田中の逆襲に遭い、青木の歩み寄り論は色あせた。司会の関口が困ったような表情で次の話題に振ったのは、番組としては当然だろう。

 青木のようなコメンテーターをレギュラー待遇で採用するのは、もうテレ朝とTBSぐらいしかないだろう。テレ朝の番組でこの男は、「皇室を税金で支えていくのが果たして良いのか」と発言したそうだが、私は未確認なので論評しない。しかし、過去の発言から、青木が皇室にシンパシーを感じるどころか、否定的な考えを持っていることは確かであり、「時代に合わせて女性、女系天皇を認めるべきだ」と言いながら、青木自身が前時代的パヨク思想に染まっている事実は、どこか滑稽でもある。

 さて、いまの国会では、安倍総理がら自分たちの質問者にヤジを飛ばされる事態を、野党が問題視している。

青木理氏、安倍首相の国会でのヤジに「あえて言えばネトウヨ的。非常に低劣」 (スポーツ報知)

 こうした発言にジャーナリストの青木理氏は、行政府の長である首相が「最低限の礼節を尽くして真摯に説明するのは、政治思想の右とか左とかではなくて、近代民主主義の基本的な所作なわけです」とした上で「共産党」とのヤジに「批判の言葉と捉える発想は、あえて言えばネトウヨ的。非常に低劣っていうか。そういう言葉を批判の言葉だと思っている首相が国会で発している、それも野党に対してというところの問題の根深さ。つまり、三権分立とか国会とか行政府が何かという根底が不快じゃないだけでなくて、壊れていく気配じゃないかと僕ら敏感に感じなくちゃいけないと思います」とコメントしていた。


 壊れているのは、安倍総理でもなく日本の行政システムでも民主主義でもなく、質問する野党と青木のような反政府コメンテーターのほうだろう。ネトウヨとレッテル張りすれば相手を貶められると考えている浅はかさが情けない。青木のような人間は、ネトウヨということばを相手を蔑むために使う。だから「低劣」という表現が出て来る。しかし、どちらかといえば、「革新」とか「リベラル」を自称している側の人たちが、論敵を「ネトウヨ」とひとくくりで定義すること自体が、紛れもない思考停止ではないのか。

 相変わらず前時代的な思想を持つコメンテーターを、TBSは好むようだ。TV番組に出るたびに、ネットで批判と失笑を買う青木理。彼を使う番組は、今後もマークだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/11/11 07:07 ] メディア | TB(0) | CM(6)
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ