FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2019年10月15日

「旭日旗持ち込み禁止」というローカルな決議を日本に押し付けようとする、南鮮の無礼と非常識

← 応援クリック、ありがとうございます。

 文在寅が無理やり法相に指名した、“たまねぎ男”こと曹国(チョグク)が辞任した。この男、南韓社会主義労働者同盟(社労盟)という活動団体の幹部だった経歴があるそうなのだが、社労盟は極左団体で、日本でいえば核マル派や中核派のような存在だという。こういうバックグラウンドを持つ人物が、法相になるという怖さ。しかも、辞任の理由はその過去の政治的背景ではなく、単なる親族のスキャンダルである。

 日本であれば“身体検査”で引っかかり、重用される可能性はない。そういう意味で、2009年に発足した民主党政権とは極めて危険な政権だったが、同政権における閣僚らの過去や政治信条の問題を指摘していたのは、守旧メディアではなくネットである。産経以外の守旧メディアは、意図的にそういう部分に触れることはなかった。それを考えると、我が国もかなり危ういと言わざるを得ない。

 とにかくこれで、たまねぎ男の法相任命をごり押しした文在寅の支持率も、否応なしに下がるだろう。いまだに41%程度の政権支持率を得ていると報道されているが、わたしは彼の国の世論調査の信憑性にはかなり大きな疑問符がつくと思っており、チョグクを巡って猛烈な批判を露わにした世論の行く先は、ダイレクトに文在寅に向かうことになる。チョグクの法相任命は、司法改革とは名ばかりの、検察権力の弱体化だったともいわれる。文在寅が任期を全うするか、道半ばで辞任するかはアチラの問題だが、辞任後にはどす黒い将来が待っているだろう。

 さて、そんな極左勢力が浸透している政権ではあるが、彼の国では、与野党を問わず、国会議員のレベル自体が悪すぎる。そんなことを物語る記事が、これだ。

旭日旗使用禁止求める決議案伝達に日本応じず=韓国国会議員 (聯合ニュース)

【ソウル聯合ニュース】韓国国会で先ごろ可決された、2020年東京五輪・パラリンピックでの競技場への旭日旗の持ち込み禁止を求める決議案を日本側に伝達するために与野党の議員団が訪日する意思を伝えたものの、日本側がこれに応じずにいることが14日、分かった。国会文化体育観光委員会の安敏錫(アン・ミンソク)委員長(与党・共に民主党)がこの日、国会で開かれた大韓体育会(韓国オリンピック委員会)などに対する国政監査で明らかにした。


 安氏は日本側の態度について、「非常に遺憾であり、傲慢(ごうまん)な態度」とし、「わが国を無視する姿勢が続けば、両国間に外交的にも不幸な状況になるだろう。あらかじめ警告する」と述べた。
 その上で、「日本側がわが国の国会代表団の面談日程を決めることを丁重に要請する」と話した。
 韓国国会は先月30日の本会議で同決議案を可決した。出席した議員199人のうち196人が決議案に賛成し、3人は棄権した。


 先ず、南鮮国会が東京オリパラに際する「旭日旗の持ち込み禁止」を決議したことを、他国に求めること自体が異常なことだ。いち国家の国会が、他国の拘束を決議したとしても、それは何の効力もなく、究極の内政干渉だ。「旭日旗持ち込み決議」は、単に南鮮のローカルな決議であって、その決議を聞くこと自体に全く意味がない。まして、その面会が成立しないからと言って、他国に対して「傲慢だ」と言うことはまことに無礼で、そのことば自体が傲慢と言わざるを得ない。まして、他国に「警告」するという威嚇は、拡大解釈すれば「戦(いくさ)の警告」とも取れる。彼らは自分たちが言っていることの意味を正確に把握しているのか。

 いわゆる慰安婦問題も、戦時出稼ぎ労働者問題(いわゆる徴用工)も、彼らの言い分を聞き、その要求の強引さを鎮めるために、日本が譲歩してきた経緯がある。それら二つの問題を見ても、彼らに対する譲歩が、将来に渡って意味がないものだという教訓を、日本は嫌というほど重ねてきた。もうそんな外交はたくさんだ。こういう無礼に対し、無視を貫く日本政府の姿勢を、強力に支持したい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/10/15 07:08 ] 外交 | TB(0) | CM(6)
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ