FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2019年10月

ユニクロ柳井正の「日本最悪論」に異議あり

← 応援クリック、ありがとうございます。

 ユニクロの柳井正といえば、かつて文春に、旧民主党のフランケン岡田、ソフトバンクの孫正義とともに「媚中派」として認定された人物だ。尖閣を巡って先鋭化した日中関係について、「日本の外交は幼稚。情けない」と発言し、加えて「偏狭な愛国心の間に挟まれて企業が困っている」、「日本の政治家の感覚がずれている」と、言いたい放題だった。ひと言でいえば、「政治が商売の邪魔をするんじゃねーよ」ということなのだろうが、この人物にかかると、批判の矛先は何故か日本ばかりに向けられる。

 その柳井のインタビュー記事が現代ビジネスに掲載されている。「柳井正氏の怒り 「このままでは日本は滅びる」」と題したこの記事は、約3500文字程度のロングインタビューだが、「最悪ですから、日本は」から始まる記事を読むにつけ、日本と日本人に対する批判が凄まじい。いくつか抜粋してみよう。

 この30年間、世界は急速に成長しています。日本は世界の最先端の国から、もう中位の国になっています。ひょっとしたら、発展途上国になるんじゃないかと僕は思うんですよ。

 いわゆる「ゆでガエル現象」というものが全部でき上がってしまった。私はそんな日本についてあきれ果てているけれど、絶望はできない。この国がつぶれたら、企業も個人も将来はないのですから。だからこそ大改革する以外に道はないんですよ。

 民度がすごく劣化した。それにもかかわらず、本屋では「日本が最高だ」という本ばかりで、僕はいつも気分が悪くなる。「日本は最高だった」なら分かるけど、どこが今、最高なのでしょうか。


 企業経営者としてのものの見方を、私は知らないけれど、商売のことと民意や民度をごちゃ混ぜにしているように思える。日中関係が尖閣で険悪になり、ユニクロも少なからず影響を受けた際、柳井は前述のとおり、「偏狭な愛国心」に挟まれて「企業が困っている」と批判した。支那へ進出する企業として計算しておくべきカントリーリスクを、日本国民の愛国心のせいだと責任を転嫁したのだ。

柳井正


 柳井の発言は政治にも及ぶ。

 僕は自民党のファンですが、今の自民党議員は本当に情けない。誰も安倍晋三首相に文句を言う人がいませんよね。安倍さんを本当に大総裁にしようと思ったら、文句を言う人がいないとだめでしょう。みんなが賛成というのはだめな現象ですよ。

 それと今、憲法改正よりも米国の属国にならないことの方が重要ではないかと思います。日米地位協定の改正の方が、将来よほど必要ではないでしょうか。完全に米軍の指揮下になっています。


 日米地位協定を改正しなければならないのはその通りだが、だからといって憲法改正を二の次にしてよいということでも、柳井は二つのイシューを混同している。日米地位協定と、例えば憲法9条の問題は、全く別の議論だ。地位協定を改正したところで、外国の侵略は防げない。地位協定と憲法は、それぞれ目的が違うのだ。政治的なプライオリティの問題はあるものの、日本を守るために何が必要かという視点が肝要で、その視点を持てば憲法議論を先送りしてよいという結論にはならない。

 韓国にみんながけんか腰なのも異常ですよね。韓国の人が反日なのは分かりますよ。でも日本人は本来、冷静だったのが全部ヒステリー現象に変わっている。これではやっぱり日本人も劣化したと思います。


 この部分は中央日報あたりが嬉々として詳細に記事にしている。彼等にとって、日本や安倍政権を批判する人物は“おいしい”存在なのだ。

 日本人は全部ヒステリーだというが、ヒステリーなのはアチラの方だろう。ネットでは原理主義的、かつ感情的な言論も散見されるが、それは決して「日本人の全部」ではない。「けんか腰」というのも言い過ぎである。日本国民はただ、彼らに対して「約束を守れ」と言っているにすぎず、彼らの無法な要求に対して反対しているのである。加えて言えば、彼らが米国や支那に対する態度と、日本に対する態度を使い分けていることに対しても批判的なだけだ。その批判は喧嘩を意味しない。

 こじつけだらけの主張には、到底賛同することはできない。そもそも柳井は、先に触れた尖閣問題の際、「一私企業が政治的外交的問題に関していかなる立場もとるべきではない」と公言している。この言動不一致、柳井はどう説明するのだろうか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/10/18 07:07 ] 社会問題 | TB(0) | CM(1)
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ