FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2019年09月24日

言論、思想の自由もなく、学問も育たない南朝鮮という国

← 応援クリック、ありがとうございます。

 歴史に対して謙虚になるという姿勢についていえば、この地球上でそのことを最も不得手としているのが南朝鮮ではないかと思う。彼らにとって歴史は「都合の良い方向に修正しても構わないもの」であり、そういう見方からすれば事実の探求ではなく、物語の創造だ。日本と南鮮が歴史認識で折り合えないのは、彼らに反日教育という下地があることはもちろんのこと、この「事実に謙虚に向き合う」ことが、彼らに不可能だからだろう。

 その歴史認識で最も大きく重いものが、いわゆる慰安婦だ。朝日新聞が、自社が過去に書いた吉田証言に基づく「慰安婦強制連行説」等々について、捏造報道を自白し、記事を取り消したこともあり、日本ではこの「慰安婦問題」そのものがフェイクであるという常識がほぼ定着しつつあると思う。「そうじゃない。日本は歴史を受け止め、南鮮に耳を傾けよ」と主張する輩が少なくないのも事実だが、当然ながら、そういった人々が告発されることはあり得ず、思想や表現の自由の範囲内で発言している。

 ところが、南鮮では違う。「慰安婦は売春の一種」と講義で発言した大学教授が、いま南鮮では総バッシングに遭っているという。

名門・延世大学教授「慰安婦は売春」発言で物議 (朝鮮日報)

 名門・延世大学社会学科の柳錫春(リュ・ソクチュン)教授=写真=が大学の講義中、「慰安婦は売春の一種」と発言していたことが分かり、政界で物議を醸している。与野党は一斉に柳錫春教授を批判する論評を出し、延世大学総学生会も対応に乗り出した。柳錫春教授は洪準杓(ホン・ジュンピョ)代表時代に最大野党・自由韓国党の革新委員長を務めていた。

柳錫春(リュ・ソクチュン)教授
柳錫春(リュ・ソクチュン)教授


 一部メディアの報道によると、柳錫春教授はこのほど、社会学専攻の講義中に「売春は古い産業であり、多くの国が売春を容認しているが、日本だけ批判するのは望ましくない」として、上の発言をしたという。「慰安婦被害者は自発的に行ったわけではないのではないか」という学生の質問に、柳錫春教授は「今、売春をしている人たちは親に売られたのか」「生きることが困難で行ったものだ」と答えたとのことだ。挺身隊問題対策協議会(挺対協)についても、「挺対協がなかったら、あの方々(元慰安婦の女性たち)は散らばっていてそれぞれの人生を送っていた。過去の生活について事々しく話はしなかっただろう」と批判したことが分かった。(以上、抜粋)


 柳教授の言っていることは、ほぼまともな歴史認識だろう。同教授は、「(慰安婦被害女性は)解放以後ひっそりと暮らしていたのに、挺対協(正義記憶連帯)が介入して国家的被害者という考えを持たせた」(ハンギョレ報)と、極めて重要なポイントを指摘しているそうだが、こういう「事実」を暴露すると、いわゆる慰安婦問題における「謝罪と賠償おかわりシステム」が露呈してしまうため、彼の地では禁句なのだ。

 この問題が発覚し、延世大は「社会的な物議をかもしたことに遺憾の意を表す」として、「徹底した調査を通じ、厳重に対処していく」との方針を発表。柳教授の講義は中断してしまった。時を同じくして、市民団体庶民民生対策委員会なる団体が、同教授を「歴史を歪曲して虚偽事実を流布し、慰安婦被害者の名誉を傷つけたほか、質問した女子学生を相手にセクハラをした」とし、虚偽事実流布、名誉毀損、セクハラなどの容疑でソウル西部地検に告発したそうだ。

 南鮮は一応、自由民主主義陣営の一員とされているが、彼の国には言論の自由などあったものではない。思想の自由もないし、それが学問の上での研究課題であったとしても、御上と大衆が決めた「固定された歴史認識」とは異なること、また、その歴史認識を主張する陣営にとって都合の悪いことは、抹殺されるのだ。だから、彼の国では学問は発展しない。

 つくづく、南鮮に生まれなくてよかったと思う。よく、南鮮との国家間問題は「対話で解決を」などとまともそうなことを言う人がいるが、こういう国家や民族と協議が開かれても、所詮、あがる土俵が違うのだ。無駄な希望は捨て、現実論戦で対峙していくべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/09/24 07:07 ] 外交 | TB(0) | CM(3)
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ