FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2019年08月28日

青木理という日本人差別主義者(レイシスト)を糾弾する

← 応援クリック、ありがとうございます。

 米国による南鮮批判が止まらない。南鮮の対日本GSOMIA破棄を「失望」と表現したことを皮切りに、このことに関して南鮮が発表した「米国の理解」を嘘だと公に反論し、昨日書いた通り、トランプ大統領の「文在寅という人は信用できない」、「なんで、あんな人が大統領になったんだろうか」という発言も飛び出した。

 そして今度は、南鮮が実施した竹島周辺での軍事訓練について、国務省が公然とこき下ろすコメントを発表した。

【独自】竹島での韓国軍訓練を米が批判 国務省「生産的ではない」 (FNN)

韓国軍が、島根県の竹島周辺で、軍事訓練を実施したことをアメリカ国務省が、異例の強い表現で批判した。
韓国軍が25日と26日、竹島周辺で軍事訓練を行ったことについて、アメリカ国務省は、FNNの取材に対して、「日本と韓国の最近の対立を考えると、タイミング、メッセージ、そして規模の拡大は、問題を解決するのに生産的ではない」とコメントし、不快感をあらわにした。
国務省高官は、アメリカ政府が、韓国による竹島周辺での軍事訓練を批判するのは、これが初めてだとしていて、事態を深刻に受け止めていることがうかがえる。
この国務省の批判について、韓国外務省は取材に対し、「コメントできません」としている。
菅官房長官は、記者会見で、「竹島をめぐる日韓間のやりとりに関する米国の反応について、コメントは差し控えたい」に述べたうえで、今回の韓国軍による軍事訓練は、受け入れることはできないと、日本政府の立場をあらためて強調した。


 南鮮は常に被害者としての立場を装い、日本を加害者だと非難する。そして、加害者相手に対しては何をしてもいいという不文律のもと、彼らは日本を挑発する。この事態の収拾を望む米国にとってみれば、南鮮がこれ見よがしに行った竹島周辺での軍事訓練が、日韓の関係を悪化させる要素しか持ちえない「迷惑行為」であり、「お前ら、いい加減にしろ」という底意を以て発言したのだろう。

 日本に嫌われるようなことを進んでやるのが彼らの国民性だが、最も恥ずべきなのは、ソウルで起きた「日本人観光客暴行事件」である。日本人女性をしつこく追いかけ、ナンパして無視されたことに逆上し、女性に暴行した事件である。加害者である朝鮮男性は、「日本人女性6人が先に悪口を言ってきた。髪の毛をつかんだが暴行はしていない」などと、恥ずべき弁明をしているが、朝鮮語を話せない日本人女性が「先に悪口を言った」と捏造している時点で完全にアウトだ。日本人相手なら嘘を言っても赦されるのは「反日無罪」の一種だが、デジタルデータで証拠が拡散されている状況での釈明としては程度が低すぎる。

 この事件における加害者の悪行は、批判されるべきであって、擁護される要素は皆無だ。しかし、テレ朝のモーニングショーにコメンテーターとして出演した青木理は違うようだ。

「韓国が治安が悪いことは一切ない。一部のテレビでコメンテーターが韓国に喧嘩を売ろうとするようなことを言うと、またそれで燃え広がって悪循環に入っている。本来ならニュースにならないニュースが、こういう形で大きく注目されることが、今の日韓関係をさらに悪化させていく原因になる。

青木理というレイシスト


 バカも休み休みに言えというものだ。青木が本気で「本来ならニュースにならないようなニュース」と考えているなら、テレビ局はもうコメンテーターとして使うのは止めるべきだ。悪いのはすべて日本であって、南鮮のことを責めるべきではないという思想をもとにした発想がなければ、出て来るはずがない発言であり、極めて不快だ。青木の発言は明らかな日本人差別であり、断じて容認しがたいものだ。仮に南鮮人女性が日本で日本人男性に同じことをされたとしたら、青木はその男性を猛烈に批判するだろう。

 玉川もそうだが、青木理のような極端に偏った思想を持つ人物を、公器であるテレビ局は使うべきではない。青木とテレ朝は、非外人女性に対して謝罪すべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/08/28 07:10 ] メディア | TB(0) | CM(7)
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ