FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2019年07月25日

米国は日韓への不介入を表明 ~ 日本はWTOで徹底的に戦え

← 応援クリック、ありがとうございます。

 米国のボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が、南朝鮮を訪れている。昨日24日、ボルトン氏は青瓦台で、南鮮の国家安保室長である鄭義溶(チョンウィヨン)と会談したが、その後ろには「亀甲船」の模型が置かれていたそうだ。

亀甲船


 「亀甲船」とは、彼の国が、豊臣秀吉が主導した朝鮮半島侵攻を防いだ象徴とされる船で、朝鮮水軍の総司令官で、国民的英雄かつ抗日の象徴である李舜臣将軍が考案したものとされる。しかし、この「亀甲船」はフィクションだ。月刊Hanadaで対談した、百田尚樹氏と有本香氏が、この亀甲船と李舜臣に言及している。

百田 ちなみに、露梁海戦で明・朝鮮軍は亀甲船を使って日本軍を攪乱したと言われていますが、これもフィクションです。
当時の亀甲船の図面や書き残した資料などは一切ありません。完全な韓国側の作り話です。

有本 ところが、日本の一部の歴史教科書や学習参考書には亀甲船や、ご丁寧に李舜臣の銅像まで載せているものがあります。
もちろん、それらが史実に基づいているのであれば話は別ですが、いまの韓国側の願望に基づいたフィクションまで混じっている。
言い換えれば、日本の教科書が「朝鮮史観」で書かれ、子供たちに教えられているんです。
これは非常に問題だと思いますね。


 これもひとつの「ウリナラファンタジー」だ。秀吉は、朝鮮の宗主国であった明と朝鮮連合軍と戦ったが、その宗主国編纂による「明史」には、「豊臣秀吉による朝鮮出兵が開始されて以来7年、明は10万の将兵を喪失し、100万の兵糧を労費するも、明と朝鮮に勝算はなく、ただ秀吉が死去するに至り乱禍は終息した」と書かれているそうだ。歴史の捏造は彼らにとって苦を伴わない作業だが、抗日の象徴を捏造して創作しなければ国が持たないという、プライドだけは高いが弱小国家の悲哀ともいえる。捏造される側の我々はたまったものではないことは、言うまでもない。

 さて、そのボルトン氏。朝鮮への旅行の前に、日本に滞在していた。現在、日韓の間に横たわる諸問題についての興味深いコメントを、“外交関係者”がリークしている。

補佐官「米は日韓対立仲介せず」 河野外相に会談で伝達(共同)

 ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が河野太郎外相と22日に会談した際、元徴用工問題や半導体材料の輸出規制強化を巡り対立が深まる日韓関係について、米国として積極的に仲介する意思はないと伝えていたことが分かった。日本政府関係者が24日、明らかにした。外務省幹部は取材に「日本は仲介を求めない」と明言した。米国は日韓の橋渡しに動かない公算が大きい。
 関係者によると、河野氏は22日のボルトン氏との会談で、韓国との関係悪化について「元徴用工問題で国と国との約束を破り、仲裁手続きにも応じない韓国に責任がある」と説明。輸出規制強化は正当な措置だと訴えた。


 青瓦台が切望しているのが、この「米国の仲介」だ。日本に対して拳を振り上げたまではよかったが、彼らにはその拳をどうやって下ろしたらよいかがわからない。条約破りは外交上の禁じ手だ。国内法を理由に条約を無視したり破ったりはできない。火病を起こせばいつもは引く日本が、今回ばかりは一歩も引かない。かといって、拳を自ら下げれば、反日を国是として醸成した国内世論が黙ってはいない。だから、米国に仲介をしてもらい、着地点を見出したいのが彼らの本音だと、私は思う。

ボルトンと河野外相


 米国の日韓への不介入は、日本にとっての朗報だ。日本との間で問題が起きると、彼らはかならず第三者を巻き込もうとする。米国の不介入が動かなければ、舞台はWTOだ。本来はバイの関係で解決すべき問題だが、WTOに持ち込まれた以上、日本も徹底的に対抗すべきである。どうせ底が見えた日韓関係だ。どれだけ長引いでも困らない日本は、相手をねじ伏せるぐらいの気概を持って外交戦に臨んでもらいたい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/07/25 07:08 ] 外交 | TB(0) | CM(7)
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ