FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2019年07月23日

国政選挙6連敗の朝日新聞、毎度お馴染み“劣化コピー”の恨み節

← 応援クリック、ありがとうございます。

 7月21日に投開票が行われた第25回参議院議員選挙は、安倍自民の圧勝で幕を閉じた。私の選挙区、埼玉では、自民党の古川候補がまったく危なげなく勝利し、全国比例で票を投じた衛藤晟一候補は、朝の4時41分になってようやく当確が出た。自民党は改選前から議席を減らしたが、単独で過半数を獲得したのだから、誰も文句は言えまい。安倍総理のもとでは、自民党は国政選挙6連勝だ。しかも、増税を引っ提げて選挙に勝つというのは極めて稀有である。安倍政権は暫く安泰だろう。二階幹事長など、早くも安倍四選に言及したほどである。

安倍総理


 安倍自民が国政選挙6連勝ということは、当然ながら、アベガー陣営は6連敗だ。私は、国政選挙の翌日の朝日新聞の社説を面白おかしく読んでいるのだが、朝日の恨み節は、表現は変えながら、言っていることは毎回同じだ。過去の社説を見てみよう。まずは、2014年12月の総選挙だ。自民党が議席数の約61%の291議席を獲得し、民主党(73議席)を凌駕した大勝の翌日の社説だ。

(社説)自公大勝で政権継続 分断を埋める「この道」に (朝日新聞 2014年12月15日)

 突然の解散で始まった師走の衆院選は、自民、公明の与党の大勝に終わった。
 自公両党が過半数を制する参院とあわせ、安倍政権は極めて強い権力基盤を再び手にしたことになる。
 ただし、それは決して「何でもできる」力を得たことにはならない。憲法に基づく民主主義は、選挙の勝利によって生まれた政権に全権を委任するものではない。


 朝日はこの「白紙委任ではない」というフレーズがお好きなようだ。だが、白紙委任ではないというは、単なる負け惜しみのことばに過ぎない。

 お次は、3年前の参院選である。自民党は、改選数50に対し、55を取って再び大勝。朝日の社説は相も変わらずだ。

(社説)自公が国政選4連勝 「後出し改憲」に信はない (朝日新聞 2016年7月11日)

 「アベノミクスは失敗していないが、道半ばだ」という首相の説明には首をかしげても、「しばらく様子を見よう」と有権者の多くは現状維持を選んだと見ることもできよう。


 安倍自民の大勝を、消極的支持が後押ししたと、矮小化する意図がミエミエの社説である。理由はどうあれ、自民党が勝利すること自体、朝日には許せないことなのだろう。翌年の総選挙でも全く変わらない。

(社説)政権継続という審判 多様な民意に目を向けよ (朝日新聞 2017年10月23日)

 だが首相は勘違いをしてはならない。そもそも民主主義における選挙は、勝者への白紙委任を意味しない。過去5年の政権運営がみな信認され、さらなるフリーハンドが与えられたと考えるなら過信にすぎない。


 また出た!「白紙委任ではない」という恨み節。まるで、前回の総選挙のときの社説の劣化コピーである。

 そして、一昨日の参院選の結果を受けた朝日の社説がこれだ。劣化コピーはまだ続く。

(社説)自公勝利という審判 「安定」の内実が問われる (朝日新聞 2019年7月22日)
 首相が訴えた「政治の安定」は、ひとまず有権者に支持された形だが、「1強」による長期政権のおごりと緩みは誰の目にも明らかになっている。
 有権者が一票に託す思いはさまざまであり、今回の選挙結果をもって改憲にゴーサインが出たと受け止めるのは乱暴に過ぎる。
 民主主義における選挙は、勝者への白紙委任ではない。野党や国民との対話や議論抜きに、国の針路を正しく定めることはできないはずだ。

 朝日は“「1強」による長期政権のおごりと緩みは誰の目にも明らか”と書いているが、朝日の「誰の目にも」に私の目を含まれるのは迷惑千万だ。そしてこれは、自民党に票を投じた大方の有権者への冒涜である。「白紙委任ではない」がまた出て来るが、総理総裁はそんなことをひと言も口にしてはいない。結局、「白紙委任ではない」という論調は、「安倍政権が暴走する」可能性を示唆した朝日のレッテル張りで、火のない所に煙を立てようとする企てなのだ。

 朝日新聞は、安倍自民の連戦連勝、しかも圧勝を居丈高に戒めるのではなく、自社の影響力の著しい低下と認識すべきだろう。朝日が笛を吹いても、もう誰も踊らない。世論を躍らせた過去を捨てきれないのはわかるが、もうそろそろ気づいても良いころではないか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/07/23 07:07 ] メディア | TB(0) | CM(10)
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ