FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2019年06月29日

大阪G20 ~ “8秒の顔合わせ”と、主要な枠組みから外される南朝鮮

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日28日、20カ国・地域首脳会議、いわゆるG20が大阪で開幕した。到着してから石でも投げられるかと思った文在寅だが、無事に会議場にたどり着いたようだ。ただ、既にネットで失笑ネタになっているのだが、文在寅を乗せた飛行機が着陸した後、設置されたタラップに屋根はなく、文在寅夫妻は傘をさしてタラップを降りた。青瓦台はいち早く、「開放型タラップを設置したのは写真取材の便宜などを考慮した韓国側の選択」と火消ししたが、果たして真実はどうだろうか。これが日本側の演出ならば、これ以上ない嫌味である。

 実際のところ、今回のG20では、議長国の日本は声明を取りまとめるのにかなり苦労するだろう。米国と支那の対立はいまだ続き、「このG20で休戦」という噂はあるものの、どうなるか不明だ。そもそも、米中というふたつの大国が、共に保護貿易をやっている中では、自由貿易という概念すら霞む。恐らく各国の事務方が事前に方向付けをしているのだろうが、タイミングだけを考えれば、ホスト国になるには好ましい状況ではない。

 さて、現地大阪からは、既に象徴的な場面が伝えられている。G20開幕に先立ち、安倍総理はトランプ米大統領、インドのモディ首相と日米印3か国首脳会談を開き、日米印が緊密に連携することにより、インド太平洋地域での海洋安全保障を強化し、同時に中共を牽制するためのものと言われる。3ヵ国の首脳は記念写真に収まったが、関係の緊密さは彼ら3人の笑顔が何よりの証明だ。日米も米印も、互いに通商問題を抱えている。だが、安全保障と「対中共」は別だということだろう。

日米印3か国首脳会談


 実はこの背後に麻生副総理、河野外相、世耕経産相、西村官房副長官らがいるのだが、全員笑顔。この枠組みに豪州が入っていれば完璧だったと思う。また、この会談には南朝鮮が入っていないのも象徴的だ。そして、大阪での首脳同士の会談では、もうひとつ興味深いエピソードがある。出所は、3ヵ月連続で開かれた日米首脳会談だ。

韓日米首脳会談は立ち消え、日米印の首脳同士が集結 (中央日報)

 日本政府は会見で「北朝鮮の非核化問題に関し、両首脳は「国連安保理決議の完全な履行」の重要性を含め、両国の立場が完全に一致していることを確認した」とし「日米が引き続き連携していくという方針を再確認した」と発表した。
 西村康稔官房副長官は、「最近あった中朝首脳会談を含む最新の北朝鮮情勢を踏まえ、両首脳はかなり時間をかけて綿密な方針の擦り合わせをした」と明らかに説明した。
 北朝鮮の核問題に関し、日米vs中露朝の構図が強まるなか、日米両首脳がかなりの時間を割いて北朝鮮問題を議論したという意味だ。
 日米協調と日本側の会見で頻繁に登場した「日米韓共助」という表現は今回は使われなかった。


 あらゆる場面で、南鮮が外されている。今まで、日韓関係が悪化する中でも、米国の要請によって日韓首脳は同じ席についてきた。しかし、今回は様相が全く異なる。良し悪しは別としても、日中は「永遠の隣国」を確認し、日米は、トランプの事前の不規則発言はあったものの、同盟の強化を確認した。日米韓の3ヵ国会談は、2017年9月以来、開かれていない。

 安倍総理と文在寅の対面は、僅か8秒で終わり、冷遇とされたトランプによる2分会談の記録を破った。そろそろ文在寅も、自分の立ち位置を体で理解する頃だろう。趣味は悪いが、トランプ大統領のG20後の南朝鮮訪問が、楽しみにさえなってきた。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/06/29 07:17 ] 外交 | TB(0) | CM(3)
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ