FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2019年05月29日

褒めない朝日、妄想で批判する辻元 ~ 左派のガラパゴス化が止まらない

← 応援クリック、ありがとうございます。

 米トランプ大統領が、国賓としての訪日の日程をすべて終え、昨日帰国した。安倍総理と海上自衛隊の横須賀基地を訪れたトランプ氏は、空母化が決まっている護衛艦「かが」を視察。その後、同港の米軍強襲揚陸艦「ワスプ」にヘリで移動し、米兵の前で演説し「私たちには力による平和が必要だ」と演説した。

 日本の空想的平和論者、話し合い至上主義者が聞いたら、卒倒しそうなセリフである。もちろん、平和維持の方法としては、外交という「協議・話し合い」と、「武力」が両輪だ。米兵はその武力を担う主体であるため、その場では「力による平和」が演説の基調となるのは自然なことだが、日本の政治家がこのセリフを吐いたら、反日左派メディアの格好の餌食となる。彼らにとっては、武力とは使ってはならないものであり、中朝敵的な視野においては、武力を持つ組織は廃止すべき対象だ。話し合いですべてを解決できると勘違いしている彼らによって、武力は「持っているだけで攻撃対象となる」厄介者なのである。これがどれだけ世界基準とかけ離れた思想であるかは、改めて指摘するまでもないだろう。

安倍、トランプ


 これでもかとばかりに良好で親密な関係を見せつけられた反安倍陣営は、ありとあらゆる現象をネタに、難癖をつけるのに必死である。朝日新聞は28日の社説「もてなし外交の限界 対米追従より価値の基軸を」で、安倍総理のゴルフ、大相撲観戦、炉端焼きといったトランプ氏へのもてなしを「過剰な演出」「国賓を丁重に迎えるのは当然だが、度が過ぎると言わざるをえない」と批判し、「首脳同士の「社交」はあくまで外交のためにある。その内実が問われねばならない」とこき下ろした。

 朝日の社説の今後の日米関係における想定は、朝日自身の願望を多く含むものだ。国賓として招待し、可能な限りの接待をしたが、トランプ氏が「大きな数字を期待するのは7月の選挙の後だ」とツイートした通り、接待の甲斐なく、参院選後には米国側に大幅な情報を求められるだろうという予想だ。「トランプに抱きついたが、そのトランプに裏切られる」というシナリオである。社説には「追随」「擦り寄り」ということばが散見される。この社説には、あたかも安倍政権が米国に朝貢しているかのような印象操作が、ふんだんに盛り込まれているのだ。

 同じような主旨のことを、立民党の辻元も披歴している。

「国賓の選挙利用だ」立憲・辻元氏、日米貿易交渉を批判 (朝日新聞)

 国民不在の密約外交のような実態を、トランプ大統領自らがぽろぽろ表明なさるという事態に至っている。選挙が終わるまで、日米の(貿易)交渉は波風立たないように頼むで、と。(安倍晋三首相は)国民に何をしようとしているのか話した上で選挙に臨むべきだと思う。国賓の選挙利用だ。よっぽど譲歩せざるを得ない状況に追い込まれているのかしら。だから参院選まで「言わないで」とお願いして、後でものすごい請求書が回ってくるというようなことになりかねない。(28日、党会合で)


 野党というのは、本当に楽な商売である。政権批判だけしていれば仕事の半分以上は片付くとでも勘違いしているのか、それ以上のことはしない。事実関係を調べずに、思ったことを口に出して、言いっ放しで責任も取らないのが彼らだ。

 朝日の社説にも共通することだが、この辻元のご高説には根拠がなく、憶測以上でも以下でもない。選挙前に厳しい外交交渉が進展しないというのは、民主主義国家に限って言えば万国共通の現象だ。トランプ氏は手柄を焦り、安倍総理が慎重な姿勢を見せたというのは当たらずしも遠からずというところだろうが、それにしても総理がトランプに対して「参院選まで言わないでとお願いした」などというのは、妄想でしかない。

 朝日新聞の「もてなし外交の限界 対米追従より価値の基軸を」という社説は、全部で1860文字で構成される。今回のトランプ大統領の訪日において、朝日として批判できるネタ探しに奔走したのだろうが、社説にはこの外交を褒めることははたった一文字もなかった。日米同盟の強固な絆はもちろんのこと、この二人の外交が国際社会に与えたインパクトなど、俯瞰的に見れば褒めるべきネタはあったはずだ。朝日も辻元も、そんなことはなかったかのように、政権批判に終始する。

 朝日新聞を購読したり、辻元のような政治家の発言ばかり聞いていると、自ずと読み手、聞き手も偏っていく。左派のガラパゴス化が止まらないのが、いまの日本である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/05/29 07:07 ] 政治 | TB(0) | CM(9)
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ