FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2019年05月20日

「記者は国民の代表?」に否定的な答えが約8割

← 応援クリック、ありがとうございます。

 望月衣塑子原作の「新聞記者」が映画化され、6月に公開されるそうだ。興味本位でトレーラーを見てみたのだが、冒頭に田原総一朗のお墨付きコメントが出てきて、「国家権力による隠蔽が云々」という、ありふれた筋書きが出て来る。望月による書籍だから、内容は恐らくナルシズムに満ちたものになるのだろうが、読んでもいないので評価はしない。参考までに、Amazonの原作のページには、こういう文章で書籍が紹介されている。

官房長官会見に彗星のごとく現れ、次々と質問を繰り出す著者。脚光を浴び、声援を受ける一方で、心ないバッシングや脅迫、圧力を一身に受けてきた。演劇に夢中だった幼少期、矜持ある先輩記者の教え、スクープの連発、そして母との突然の別れ…。歩みをひもときながら、劇的に変わった日々、そして記者としての思いを明かす。


 私のブログにも「出版してみませんか?」とのご案内をいただく時代だから、選ばれたものしか世に出なかった時代と違い、いまや書籍の出版は自由である。まぁ、望月の場合は角川というスポンサーがついていることから、出版社として書籍がある程度の社会性があると踏んだのだろう。

 さて、その望月の持論は「記者は国民の代表である」というものだ。菅官房長官が「記者が国民の代表とする根拠を示せ」と問うたら、東京新聞は「憲法21条に基づく国民の知る権利の負託を受けてる」と回答した。確かに、ジャーナリストが国民の代理人として取材を行い、それを記事にすることで「国民の知る権利の一部」を補完している事実はあるだろう。しかし、それは全権委任ではないと同時に、彼らが営利を目的とした民間企業の一員である以上、負託とは言えない。

 株式会社NEWSYが運営する「しらべぇ」というサイトが、このことについて調査を行い、その結果を記事で配信している。

■「記者は国民の代表」だと思う?
しらべぇ編集部では全国の10代~60代の男女1,755名に「新聞記者は国民の代表だと思うか」調査を実施。

記者は国民の代表か


結果「そう思う」と答えた人は4.0%。「理解はできる」は17.6%で、肯定的な考えを持つ人は21.7%と低い割合に。一方「違和感がある」は41.9%、「おかしいと思う」が36.5%で、否定的な人はじつに78.3%となった。やはり大多数の日本国民は、新聞記者が代表だとは思っていないのだ。


 NEWSYという会社は博報堂の社内ベンチャーということ以外、素性は良く分からない。調査と言ってもアンケートっぽいものとも取れ、これが国民の大多数の意見を代弁しているという前提は少々危険であるかもしれない。

 しかし、「記者は国民の代表だと思う?」という質問に対し、「違和感がある」「おかしいと思う」というネガティブな回答が、全体の8割近くを占めるという事実は看過できるものではないだろう。

 情報の流通が、記者から一般市民へという一方通行の時代では、答えは異なるものだっただろう。しかし、多くの国民は、既存メディア以外の情報ソースで、メディアが報じない情報を入手するすることが容易になった。彼らメディアが、知る権利の一部を満たす存在であるという認識は依然としてあるが、国民が知るべき情報を知らせないという逆の立場であることも、同時に露呈してきている。メディアによっては、ある一定の方向に読者を誘導する「プロパガンダ記事」が多いことも知れ渡りつつある。

 そういう状況下においてメディアや記者がすべきことは、「国民に選ばれるメディア」を目指すことであって、「国民の負託を受けた代表」を標榜する前に、為すべきことがあるのだ。そして、もしそれを為し、晴れて「選ばれるメディア」になったとしても、彼らは国民を代表する存在ではなく、単に読者の多い新聞社、そしてそこに所属する記者以上のものにはなり得ないのだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/05/20 07:10 ] メディア | TB(0) | CM(11)
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ