FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2019年05月15日

小林よしのりの「権力と戦う人間の方が上質だ」という薄っぺらい佐藤浩市擁護を嗤う

← 応援クリック、ありがとうございます。

 佐藤浩市の「安倍総理揶揄インタビュー事案」についた火が一向に消えそうもない。映画「空母いぶき」の公開日に設定された舞台挨拶には、佐藤の名前がなかった。制作側が忖度したのか、佐藤自身が遠慮したのかはわからないが、漫画誌でインタビューを受けるほど映画の中心的存在を演じた佐藤の不在は、彼の「反体制ごっこ」の中途半端さを物語る。まぁ一応は、「えらいこと」になっているという自覚はあるのだろう。

 この事案、一般紙は全く取り上げず、報道の範囲はスポーツ紙、タブロイド紙に留まっている。論戦にいち早く参戦したラサール石井が、百田氏の「三流役者が、えらそうに!!」というツイートに噛みついたというので、石井のツイッターを見に行ったのだが、私のアカウントは彼にブロックされていた。はて、私はラサール石井に向けたツイートを発した記憶がないのだが、恐らく「ブロックすべきネトウヨ・リスト」的なものがパヨクに共有されていて、私もその中の一人だったのだろう。どうも“アチラ側”の人々は、多様性を重んじる割には寛容さに欠けるようだ。ウーマン村本に関しては、取り上げるだけ無駄だ。

空母いぶき ~ 佐藤浩市インタビュー


 俳優の黒沢年雄氏は、「今回の佐藤君の安倍総理に対すると思われる揶揄とも取られる発言は、まだ彼が若い部分があるという事で許してやって下さい」とブログに綴っている。ブログの最後には、「日本の為、国民の為に頑張って頂きありがとうございまーす」(ママ)という、佐藤が言う「体制側」に対する感謝のことばもある。だが、還暦を目の前にした立派な大人を「若い部分がある」と擁護することには、かなり無理があるようにも思える。

 青木理、テレ朝の玉川という、いつものお馴染みメンバーもこの問題で佐藤を擁護しているが、極めて内容に乏しいので今回は割愛。今回取り上げるのは、今や反安倍のイデオローグとなった感がある、小林よしのりだ。

佐藤浩市は男である

わしは佐藤浩市を「三流役者」とは思わない。 権力に対する批判精神を持っているのは立派なことだ。
権力に追従する人間と、権力と戦う人間なら、権力と戦う人間の方が上質だと思っている。
権力を揶揄する精神がバッシングされる国は、全体主義の国であり、独裁国家である。 ネトウヨは中国や北朝鮮が大好きなのだろう。
ナチス・ドイツが彼らの理想ではないか?(抜粋)


 あまりに薄っぺらい論説とも言えぬような書きっぷりだ。パヨクによくある、「とにかく“反安倍”という価値観のみで連帯する」というパターンとしか思えない。

 佐藤浩市の発言は、「権力と戦う」などという格好を付けた立ち位置すら意味しない。彼が批判さるのは、権力を揶揄したからではなく、ある特定の権力の側にいる人物の、「難病」という部分を揶揄したからである。権力に抗うなら、そのポイントを政治信条や政策面に絞るなら、その抗いは成り立つかもしれない。しかし、佐藤は、安倍総理の持病である、難病の潰瘍性大腸炎を取り上げ、総理を揶揄した。こんなもの、「権力と戦う」なんて大それたものではない。

 それを「上質」とする小林よしのりの判断力も、極めて品性に欠ける。パヨクやアベガー陣営は、もっとマシなイデオローグを探すべきだろう。

 ちなみに、この映画に出演した市原隼人氏が、舞台挨拶で、素晴らしいコメントを残した。

「日本人として日本で活躍する俳優として、この作品に巡り合えて心から誇りに思います。そして、大切なもののために命をかけることがいいことなのか、悪いことなのか、美しいことなのか、まだわかりません。ですが、自分の中に湧き出る大和魂や愛国心を掻き立てられました。とても貴重な作品となりました」


 前列に並ぶ佐藤浩市の、このコメントが語られる最中に見せる表情は、果たしてどう解釈すべきだろうか。ぜひ動画を参照していただきたい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/05/15 07:07 ] 社会問題 | TB(0) | CM(13)
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ