FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2019年05月01日

女性宮家、女性・女系天皇容認論 ~ 立民党の狙いは皇統の破壊だ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日行われた上皇さまの「退位礼正殿の儀」では、上皇さまが「これまでの天皇としての務めを、国民への深い信頼と敬愛をもって行い得たことは、幸せなことでした。象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します」と国民に語り掛けられた。ご自身のお立場やご活動を、国民が支持することによってこそ、「象徴天皇」が成り立つという意味だと理解した。短いながら、難しい言葉をあえて使われず、広く国民に語り掛けようとする、上皇さまのご意思が表れていた。

退位礼正殿の儀


 皇太子徳仁親王殿下が本日午前0時に新天皇に即位され、元号が平成から令和に改まった。昭和から平成への改元とは全く異なる展開であり、世の中は寿ぎの雰囲気に満ちている。昨日書いたように、皇統の継続・継承という意味においては綱渡りの状況が続くが、今日に限って言えば、その話題は寿ぎの後で良いと思う。

 ところが、そんなタイミングで、政治的なプロパガンダを繰り出す政党があるから、困ったものだ。

安定した皇位継承 立民が各党に協議呼びかけへ (NHK)

安定的な皇位継承を確保するため、立憲民主党は、女性宮家の創設や、男系男子に限られている皇位継承資格を女性や女系の皇族に拡大することも含め、今後、具体的な論点を整理し、各党に協議を呼びかけることにしています。

一代かぎりの退位を可能にするための特例法が、おととし成立した際、審議に当たった衆参両院の委員会では、安定的な皇位継承を確保するための課題や、女性宮家の創設などについて、政府に対し、速やかに検討することを求める付帯決議を可決しています。

これを受けて、立憲民主党は、党内に設置した検討会で議論を行っており、女性宮家の創設や、現在の皇室典範で男系男子に限られている皇位継承資格を女性や女系の皇族に拡大することも含め、具体的な論点を整理することにしています。

立憲民主党は、天皇の退位を、今回のような特例法ではなく、恒久的な制度にすることも検討する方針で、今後、各党に協議を呼びかけることにしています。


 この報道を改元にぶつけてきたNHKの底意も深堀したくなるが、このタイミングを利用して、自分たちへの注目を集めようとする立憲民主党の悪知恵には呆れるというものだ。

 皇統とは何か。万世一系の皇統は、男系男子の皇位継承によってのみ、その正統性が保たれる。正統性とは、初代神武天皇の男系の血筋を純粋に継承していることであって、「皇統」=「男系」なのだ。その正統性が失われた時点で、皇室は皇室でなくなり、「皇室のようなもの」に変貌する。歴史上、女性天皇は存在するが、古代から日本人は、女系天皇を一切認めてこなかった。それを今の時代に変質させようとするのであれば、立憲民主党は皇室を破壊しようとしていると定義することも可能だ。

 男系男子は、現在のところ、今上陛下と秋篠宮殿下、悠仁親王殿下の3代までで、先細りは否めない。この状況では、優先順位としては如何に男系男子を確保していくかというテーマが先決であり、女性宮家、皇族のご活動を広げるということ以外、何の解決にもならない。旧宮家の皇籍離脱の際、時の政府はが「万が一にも皇位を継ぐべきときがくるかもしれないとのご自覚のもと、身をお慎みになっていただきたい」とお願いした経緯を考えれば、旧宮家の復帰が優先的に議論されるべきだ。

 立憲民主党の「安定的な皇位継承を確保」とは名ばかりで、真の狙いは皇統の破壊だ。この動きを絶対に看過してはならない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/05/01 07:10 ] 政治 | TB(0) | CM(13)
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ