FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2019年04月06日

塚田国交副大臣の辞任における、野党の「南鮮型アプローチ」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 忖度発言の塚田国土交通副大臣が、発言の責任を取るかたちで辞任した。この事案は、「下関北九州道路」をめぐって「安倍総理と麻生副総理に忖度した」と塚田氏が発言したことに端を発したもので、事案そのものは極めて安っぽい。こういうウケ狙いの失言は、国会議員が地元や地方でやるケースが多いが、塚田氏も御多分に漏れず、「下関北九州道路」が自身の手柄のような見栄を張るプロセスで生まれたものだと推察する。このネタはあまり興味がなかったのでブログにしなかったが、この辞任に関する野党の反応がバカバカし過ぎるので、少しだけ書いておく。

 この失言は極めて程度が低い。従って、辞任は必然だろう。そもそも、忖度というキーワードが野党にとってはキラーコンテンツになるのだ。森友問題に関し、安倍総理の直接的な関与を証明できない野党は、忖度させる総理/忖度する現場という構図で、政権を批判している。森友は今では完全に賞味期限切れなのだが、塚田氏の「安倍総理と麻生副総理に忖度した」という発言は、まるで野党が政権を批判するために描いたシナリオのコピーだ。冗談でも慎むべきもので、この発言によって忖度というキーワードが再び日の目を見ることになる。

塚田国土交通副大臣


 案の定、野党は、蒔かれた餌に食いついている。

立民(支持率3%) 長妻代表代行
「辞任で済む話ではない。辞任で幕引きにするわけにはいかない。簡単に済まされる話ではない」

民民(支持率1%) タマキード代表
「辞任は当然だ。政権の長期化により、権力の私物化がまん延している可能性がある。後半国会でしっかり追及する」

共産(支持率3%) 小池書記局長
「辞任は当然だが、辞めて済む問題ではない。政治を私物化して恥じない安倍政権の体質がむき出しになった発言だ。かばっていた安倍総理大臣の責任も問われる。」


 まさに言いたい放題の状態だ。この野党の連中は、その直前まで塚田氏の辞任を要求していたのだが、いざ塚田氏が辞任する意向を決めると、「辞任で済まされる話ではない」という。これはいわゆる南鮮型アプローチだ。問題を追及する側は、その問題で攻める相手方の存在が必要なのだ。だから、相手方が辞めますと言っていなくなっては困る。彼らにとっては問題を長期化させることが条件であり、辞任という要求が満たされたとき、「辞任で済む話ではない」とゴールポストを動かす。

 数字には諸説あるが、国会は1日開くごとに3~4数億円かかると言われている。しかし野党らは、たかが数億円の案件である森友を追及するために、国会を年単位で闘争の場とした。不正が許されないのは当然だが、そのような問題は別の会でやればよく、国会が森友で埋め尽くされ、血税が浪費されるのは愚の骨頂だ。野党の支持率が上がらないのは、国民がこの「愚」の部分に気づいているからで、追及は結構だが、やるなら国会の一部で、ということにしてもらいたいものだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/04/06 07:20 ] 政治 | TB(0) | CM(5)
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ