FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2019年04月02日

脱支の元号「令和」と、元号にかこつけて安倍総理を批判するアベガーたち

← 応援クリック、ありがとうございます。

 4月1日に向け、メディアも国民の多くも参加してきた新元号協奏曲。勝手な予想が散々垂れ流されたが、その協奏曲に菅官房長官が終止符を打った。

新しい元号は、令和であります。


令和


 何でもいいから批判に結び付けたい陣営は、この新元号をディスることに殊更注力した。さしずめ、これらの人たちなど格好のサンプルである。


 これなら、共産党の志位の論理の方が、よっぽどすっきりする。特に小田嶋など、安倍総理を批判するという前提でしか、元号を観ていないのだ。朝日新聞の「結論報道」(あらかじめ決めた結論にあわせて記事を書く報道)と構造は同じである。

 もっと残念なのは、次の総理候補というイメージがしぼみつつある石破茂だ。

【新元号】自民・石破氏「違和感ある。『令』の意味説明の努力を」(産経)

 自民党の石破茂元幹事長は1日、新元号が「令和(れいわ)」に決定したことについて、「違和感がある。『令』の字の意味について国民が納得してもらえるよう説明する努力をしなければならない」と述べた。記者団代表による電話取材に語った。

 石破氏は「令」が「命令」を連想させることを懸念したとみられる。石破氏は「新しい時代は戦争がなく、人々が対話する時代になるようにと思う」とも語った。


 石破は、総理の会見を観たはずだが、総理は会見で元号の意味を丁寧に説明している。万葉集にある「初春の令月にして 気淑(よ)く風和(やわら)ぎ 梅は鏡前の粉(こ)を披(ひら)き 蘭(らん)は珮後(はいご)の香を薫(かおら)す」との文言から引用したものという、明確な説明だ。令月とは、「何事をするにもよい月。めでたい月」という意味だそうだが、石破は安っぽいコメントを発する前に、令月の意味を調べようとしてみたのだろうか。

 今までの元号は、これまですべてが支那の古典が出典だった。来る「令和」は、歴史上はじめて日本の和歌が出典となる。それも、天皇や皇族、貴族から、防人や農民まで、身分を問わない人々が詠んだ和歌を集めた万葉集だ。今までの伝統から、日本独自の文化に根差した伝統を作っていく元年となる。この改革を、日本国民として歓迎したい。

 山口二郎や小田嶋隆、石破茂は、「令和」をディスり続けるだろう。しかし、一ヵ月後に次の御代を寿ぐ段階になって、彼らはそれでもこの元号をディスり続けられるだろうか。もしそうだとしても、彼らは完全なマイノリティであり、国民の大多数は彼らアベガーのことを冷ややかな目で観ることになるだろう。

 新元号「令和」を歓迎する。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/04/02 07:07 ] 史観 | TB(0) | CM(7)
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ