FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2019年02月13日

元韓日友好議盟会長にしてこの発言 ~ 日本政府は文喜相を制裁せよ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 先日、南鮮国会議長、文喜相の妄言を取り上げて以来、この文喜相という人物が誰かに似ている…と、ずっと頭の片隅にモヤモヤ感があった。今日、ようやくその解が出た。ノーベル製菓の「男梅」のキャラクターだ。

文喜相


男梅


 別に他人(ひと)のビジュアルをネタにウケを狙うわけではない。ただ、一度見たら忘れない、なかなか印象的な人物である。

 さて、ビジュアルはともかく、文喜相の妄言は明らかに度を越している。米国のメディアにアピールするつもりだったのだろうが、そのインタビューが日本にも配信されるという、僅かな想像力も働かなかったのか、それとも日本で報道されることを見越しての発言なのか。いずれにしても、天皇を敬愛する日本国民の心に、怒りの火を付けたことは間違いない。

 朝日新聞は早速、この日本侮辱発言の火消しに走った。インタビューに同席した国会報道官をつかまえ、「他の同席者にも確認したが、文氏は(天皇に関し)『戦争犯罪』という表現は使っておらず、『戦争当時の天皇の息子』と述べたと思う」という言質を引用し、問題の拡大を防ぐ手段を講じた。しかし、その嘘は、インタビューを行ったブルームバーグによって、即座にバラされた。ご丁寧に、音声という物証付きの報道だ。

文喜相


 私は朝鮮言語を理解しないのだが、報道は字幕つきで「the son (息子) of the main culprit (主犯) of war crimes(戦争犯罪)」と断定している。都合が悪くなったら、嘘で煙幕を張るのが南鮮族の習性であり、文喜相も国会報道官も、簡単に誤魔化せると思ったに違いない。だが、その軽率な釈明は、南鮮の信用を更に落とすこと以外に効果を発揮せず、文自身がつけた火に油を注ぐ。ブルームバーグの続報によって、喜相が今上陛下を「戦争犯罪の主犯の息子」と表現したことが確定した。残るは対処である。

 菅官房長官は12日の記者会見で、文喜相の発言について「甚だしく不適切な内容を含むものであり、極めて遺憾だ」とし、外交ルートで強く抗議し、謝罪と撤回を求めたことを明らかにした。抗議は3回に渡り、8日は外務省の局長級で、9日には長嶺駐韓大使が韓国外務省第1次官に、そしてさらに、12日も外務省の金杉憲治アジア大洋州局長が在日韓国大使館の金敬翰次席公使を同省に呼びつけ、抗議している。安倍総理自身も謝罪と撤回を求める旨の発言をしている。

 文喜相本人はというと、これを他人事のように扱っている。文は、「韓日ネットユーザー間でも舌戦に広がっているようだが望ましい現象ではない」と傍観者を装い、「韓日両国間で不必要な論争を望んでもおらず、起きてもいけない」と、まるで自分が第三者であるかのように発言している。その論争の発端を提供しておきながら「望ましくない」という当事者意識の無さは致命的だ。放火犯が自分が起こした火事を見物しながら、「火事は怖いねぇ、良くないねぇ」と言っているようなもので、責任の欠片すら感じていないと思われる。

 この文喜相という男、実は元韓日友好議員連盟の会長である。友好を標榜していた政治家が、実はその相手国に対してこの程度の認識、いや、こんな認識しか持っていないという事実が、日韓の外交関係を如実に物語っている。彼の国では、国会議員から庶民まで、「反日無罪」が沁みついているのである。

 文喜相が日本に謝罪することはないだろう。日本への謝罪は、南鮮政界における死を意味する。従って、謝罪がないことを前提に、文喜相に対しては日本への入国禁止措置を取るべきだ。今までの反日無罪には、日本の対抗措置がなかった。文在寅の様々な反日言動や政策も含め、そろそろ彼らに身を以て知らしめるべきだろう。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/02/13 07:07 ] 外交 | TB(0) | CM(4)
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ