FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  2019年02月09日

南鮮国会議長の対日宣戦布告 ~ 戦争犯罪の主犯(昭和帝)の息子である今上陛下に慰安婦への謝罪を要求

← 応援クリック、ありがとうございます。

 朝鮮半島の隣人が我が国にとって良い隣人であったためしはないが、最近の朝鮮半島の二つの国は、悪い隣人どころか敵国という表現が適当だと思わせる状態にまでなっている。北朝鮮は言わずもがなだが、間接的に同盟関係にあった南鮮は、特に文在寅が政権を取って以来、北との宥和のために「敵としての日本」を最大限に利用しているかに思える。

 文在寅だけが問題ではない。青瓦台は既に北朝鮮勢力に乗っ取られ、その頂点に立つ文在寅自身が、満面の笑みを浮かべつつ、金正恩の使いっ走りをする有様だ。文在寅が蒔いた反日共闘の種は、着実に発芽し、南では反日・親北の方向に全体主義化が進む。日本で良く叫ばれる「権力の監視」などという機能は既に機能せず、反日を唱えれば売れるメディアは、後先考えずに日本を悪者として描く。

 そういう背景があって、南鮮の政治家連中の反日も饒舌になる。昨日、ブルームバーグに看過できぬ記事が掲載された。南鮮国会の議長である文喜相のインタビュー記事だ。文は、7年前に李明博が発言し、日本国民を激怒させた「天皇謝罪要求」を、再び繰り出した。虫唾が走るこの記事を、全文引用する。

従軍慰安婦問題は天皇の謝罪の一言で解決される-韓国国会議長 (Bloomberg

韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長は、日韓間の長年の懸案である従軍慰安婦問題が日本の天皇による元慰安婦への謝罪の一言で解決するとの見解を示した。

  文在寅大統領に近い文議長(73)は7日のブルームバーグとのインタビューで、「一言でいいのだ。日本を代表する首相かあるいは、私としては間もなく退位される天皇が望ましいと思う。その方は戦争犯罪の主犯の息子ではないか。そのような方が一度おばあさんの手を握り、本当に申し訳なかったと一言いえば、すっかり解消されるだろう」と語った。

  日韓関係が悪化する中、天皇に関する発言は日本の国民感情に悪影響を与える可能性がある。慰安婦問題を巡っては、2012年に韓国の李明博大統領(当時)が同国訪問を天皇が望むなら、日本の植民地支配と戦って亡くなった人々に心から謝罪する必要があると語ったことがある。  

文喜相


  日本政府は慰安婦問題の最終的な解決のために2015年に韓国政府と交わした合意で、「当時の軍の関与の下に多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、かかる観点から日本政府は責任を痛感している」と表明している。

  文議長は「それは法的な謝罪だ。国家間で謝罪したりされたりすることはあるが、問題は被害者がいるということだ」と語った。

  日本の首相官邸にコメントを求めたが、現時点で回答は得られていない。慰安婦問題のほか、元徴用工訴訟での日本企業への賠償、韓国軍艦船による自衛隊哨戒機へのレーダー照射問題などが相次ぎ、日本政府は日韓関係が極めて厳しい状況にあるとの認識を示している。

原題:South Korea Lawmaker Seeks Imperial Apology for Japan Sex Slaves(抜粋)


 南鮮が日本のよき友人であったことはないが、今日の冷えた日韓関係のトリガーになったものを挙げるとすれば、李明博の「日王謝罪要求」発言がそのひとつだろう。2012年8月、李は「日王が痛惜の念などという単語ひとつを言いに来るのなら、訪韓の必要はない。日王は韓国に来たければ、韓国の独立運動家が全てこの世を去る前に、跪いて謝らなければならない」と発言した。それまでの韓流ブームがメディアから相手にされなくなり、新大久保の活況も消えた。文喜相がその事態を知らないわけはないだろう。歴史認識における天皇陛下の利用は、踏み越えてはいけない線なのだ。

 文喜相は今上陛下を「戦争犯罪の主犯の息子」と呼んだ。日本は穏健な文明国だが、それでも、個人的にはと前置きするが、このようは発言は宣戦布告に等しいと感じる。日韓合意の破棄などという不届きな行いすら、生易しい問題に思えて来る。これは、天皇を敬愛する日本国民の精神に対する侮辱なのだ。

 ちなみに再度指摘しておくが、天皇陛下が自称慰安婦らの手を握って謝罪されたところで、「すっかり解消される」などということはあり得ない。起こり得ないことだが、仮に起こったとしても、彼らはそれを利用するのみだ。いわゆる慰安婦問題は、南鮮民族にとってはメシのたねだ。彼らはこれで、永遠にメシを食い続けることしか考えない。

 文喜相は、今上陛下に対し、自称慰安婦の手を握りながら、「昭和天皇が犯した罪」なるものに対して謝罪せよと言っているのだ。この発言を許すことはできない。文喜相からの謝罪は当然、文の日本への入国禁止と、南鮮への強力な制裁を、日本政府に求めたい。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2019/02/09 07:15 ] 外交 | TB(0) | CM(7)
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ